日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:芸能 > 離婚



    (出典 sn-jp.com)



    村田蓮舫から齊藤蓮舫へ。齊藤と名乗る根拠が説明されていない。二重国籍の問題は解決していないでしょう。

    1 だるまたん ★ :2020/08/25(火) 02:06:11.44

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c78e735dffe506e092e9f7a139955870cb36c27b
    立憲民主党参議院幹事長を務める蓮舫参院議員(52)が、離婚していたことが「週刊文春」の取材で分かった。蓮舫氏が、「週刊文春」の取材に認めた。

    【画像】蓮舫氏、昨年の誕生日に夫の村田信之氏と

     蓮舫氏を巡っては、8月20日、参院事務局に「村田蓮舫」から「齊藤蓮舫」に本名が変わったことを報告し、その後、参院ホームページの議員情報欄が更新された。

     蓮舫氏は情報番組のキャスターを務めていた頃、フリーライターの村田信之氏と知り合い、1993年8月に入籍。97年には男女の双子を出産した。息子の村田琳(23)は現在アイドルグループの一員として活躍している。

    「週刊文春」が、離婚について事実確認を求めたところ、8月24日、蓮舫氏は取材に応じ、次のように説明した。

    「8月7日に離婚届を提出して受理されました。弁護士も入れず、円満な協議離婚です。

    (理由は)シンプルに人生観の違いですね。彼は早稲田大学で講義を持ち、学生と地域を結ぶ教育をしています。いずれ地方に生活の拠点を移そうと考えていた。一方、私は東京が選挙区で、東京から日本を変えたいという考え」

     離婚を切り出したのは蓮舫氏からだったという。


    【【村田から齊藤へ】蓮舫議員 離婚】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)

    NO.8547491 2020/06/06 11:18
    偽装離婚だった!? 藤本敏史、木下優樹菜と同じタワマンでの生活ぶり発覚
    偽装離婚だった!? 藤本敏史、木下優樹菜と同じタワマンでの生活ぶり発覚
    6月5日発売の「FRIDAY」(講談社)が、“フジモン”こと藤本敏史が、前妻・木下優樹菜と同じタワマンで生活していると報道。

    「偽装離婚」疑惑が浮上している。

    「木下はタピオカ店の店主を恫喝した騒動で、芸能活動を休止することに。夫の藤本もイメージが急速に悪化し、仕事が激減することとなった。
    その流れで2人は昨年の大みそかに離婚を発表したのですが、当時から夫婦共倒れを防ぐための偽装離婚説が囁かれていました。今回、藤本は『FRIDAY』の取材に対し、『子どもの学校や送り迎えがあるので』と説明するも、食材を大量に買っていたので、一家で食事を共にしようとしていたことが伺えます。
    藤本は先日の番組で独り寂しい食卓風景を披露していましたが、あれは演出だったようですね。
    離婚をふびんに思って呼んでくれている番組スタッフもいるはずで、仮に偽装であれば、そうした人たちへの裏切りにも受け取れてしまいます」(芸能記者)

    ネット上では「やはりタピオカ恫喝のほとぼりが冷めるまでの偽装離婚だったか」「本当に険悪な夫婦なら子育てがあるからという理由があったとしても離婚してからも同じマンションに住む選択なんてありえない」「姑息すぎてますます嫌いになった」「この夫婦はもう見たくない」などと辛らつな声が飛び交っている。

    「離婚後の藤本を見て、不自然に感じていたのは、『タピオカ』は共演者からの“イジリ”をOKにしているのに、『たかし』については完全タブー扱いとなっていたこと。
    木下はタピオカ騒動後に、サッカー選手の乾貴士との不倫疑惑が浮上し、ネット上では“99%クロ”と受け取れるような状況証拠が続々と指摘されていました。
    藤本が木下に愛想を尽かすとすれば、タピオカ騒動よりも不倫のほうが理由となりそうですが、藤本は『たかし』騒動についてはなかったことにしたいフシがある。
    やはり、最初から“いずれは復縁”を考えていたのではないでしょうか」(週刊誌記者)

    藤本が「たかし」をのみ込んだとすれば、それはやはり木下への愛ゆえのことだろう。

    【日時】2020年06月05日 21:21
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    【【偽装離婚だった!? 】藤本敏史、木下優樹菜と同じタワマンでの生活ぶり発覚】の続きを読む

    このページのトップヘ