(出典 www.city.okazaki.lg.jp)


1 みつを ★ :2019/12/31(火) 04:46:36.21

https://biz-journal.jp/2019/12/post_133360.html


「ようわからんけど死刑に入れた」…裁判員裁判が破綻、最高裁が判決を覆す例相次ぐ
文=粟野仁雄/ジャーナリスト 2019.12.29


 2012年6月、大阪市・ミナミの心斎橋の路上で居合わせた男女2人を刺*た無差別殺人で、殺人罪などに問われていた磯飛京三被告(44)について、最高裁第一小法廷(小池裕裁判長)は12月2日、同被告を無期懲役とした大阪高裁判決を支持した。これにより、一審の大阪地裁での裁判員裁判で出された死刑判決が破棄された高裁判決が確定し、凶悪犯は死刑を免れる。

 磯飛被告は12年6月10日の午後1時ごろ、大阪市中央区東心斎橋の路上で、まったく面識のなかった音楽プロデューサー、南野信吾さん(当時42)を包丁で刺殺、さらに、スナック経営の佐々木トシさん(同66)も刺*た。

 報道によればこの日、法廷で中学2年生の長女(14)ら娘さん3人と共に判決を見守った、南野さんの妻有紀さん(49)は都内で会見し「こんな判決を聞くために7年半待っていたわけではありません」などと悲痛な思いを訴えた。同席した長女も「がんばって決めてくれた裁判員の人たちの気持ちが無駄になってしまった」と話した。

 南野さんの代理人で「犯罪被害者支援弁護士フォーラム」事務局長の高橋正人弁護士は、「一般市民の感覚に沿うのが裁判員裁判の趣旨だったはず。裁判官のつくった基準に従うなら裁判員制度の意味がない」と指摘した。

 高橋弁護士は筆者の取材に対し、次のように憤る。

「最高裁の裁判官は『過去の判例との公平性から』と言った。裁判員制度は過度期だが、今後5年、10年と積み上げていけば裁判員のつくった死刑の基準が自ずとできるのではないか。それが否定されるのなら裁判員裁判を導入した意味はなく、やめてしまえばいい。覚せい剤で幻聴があったから死刑にしない、というのも覚せい剤に対する世間の処罰感情とまったく逆行している」

裁判員制度は形骸化

 今年は裁判員裁判が始まって10年目だ。裁判員裁判は一審だけで、控訴審からはプロの裁判官だけで審理する。死刑判決については、この間、裁判員裁判の死刑判決の以下5件が控訴審で無期懲役に減刑され、いずれも確定している。
(リンク先に続きあり)

★1の立った時間
2019/12/30(月) 21:24:13.35

前スレ
【ようわからんけど死刑に入れた】裁判員裁判が破綻、最高裁が判決を覆す例相次ぐ ★2
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577717268/



過去の判例から判断するのなら裁判員裁判は不要でしょう。このレスにもありましたがAIで判断させたら良いわけで、それではダメだから人間の判断が加味されているのです。しかし、裁判員裁判の判断が無視され続けるのであれば廃止した方が良い。

【【裁判員裁判が破綻】最高裁は 過去の判例から判断 裁判員の判断は無視】の続きを読む