日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:経済 > GDP


    no title

    優秀な外国人と言う限定付きでないと、犯罪者だらけになる。その優秀な人は日本には来ない。逆に優秀な日本人がアメリカに出て行っている。

    1 どこさ ★ :2020/10/19(月) 03:25:02.50

    出口治明氏、「貧しい国」に転落した日本。外国人と混ぜた方が強くなる
    日本企業が外国人材を活*ための条件(3)
    日経ビジネス 2020年10月15日 
    https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00087/101200099/
    出口治明(でぐち・はるあき)

    (出典 cdn-business.nikkei.com)

    長文なので詳しくはリンク先へ

     混ぜると強くなる──。
    それはサッカーでもプロ野球でも大相撲でも同じでしょう。
    では、ビジネスの世界ではどうなのか。
    ビジネスの基本もダイバーシティであり、混ぜないといけない。
    スポーツ界ではこれだけ混ぜるのが当たり前になっており、
    海外に活躍の場を求める日本人選手も多いのに、
    なぜビジネス界では「混ぜる」がなかなか進まないのか、
    という問題を日本は抱えています。

     答えは簡単で、現状認識能力が乏しいからです。
    これはメディアにも責任があります。
    「日本はGDP(国内総生産)で中国には負けたが、
    今でも世界第3位だ」。
    こういう話が広くいきわたっています。

     本当にそうなのか。
    例えば、購買力平価ベースで見た
    1人当たりGDPランキング(2019年)を見てみましょう。
    アメリカが10位で約6万5000ドル、
    ドイツが19位で約5万6000ドル、
    日本が33位で約4万3000ドルです。
    スイスのビジネススクールIMDの
    国際競争力ランキング(2020)を見ても、
    日本は34位にすぎません。

     1人当たりGDPが33位というのは、
    米国、英国、フランス、ドイツ、
    カナダ、イタリア、日本で構成される
    G7の中で最下位です。
    労働生産性が1970年以降、
    半世紀連続して最下位というのとぴったり符合していて、
    データはうそをつかないと思います。

     日本の約4万3000ドルは34位の韓国とほぼ同じ。
    シンガポール(約10万1000ドル)やマカオ(約12万9000ドル)、
    香港(約6万2000ドル)よりもはるかに低いのです。
    アジアの中でもトップ5に入れないのです。

    前スレ ★1 10月18日23時42分
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603038714/


    【【日本が豊かになる方法】「貧しい国」に転落した日本。外国人と混ぜた方が強くなる。 出口治明氏】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    80年後はもう居ない。頑張ってくれ!

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/27(日) 15:46:33.95

    【ワシントン共同】米ワシントン大の研究者らは27日までに、日本の国内総生産(GDP)が80年後の2100年に米国や中国、インドに次いで世界で4番目の大きさになるとの推計結果を発表した。多くの国で少子高齢化が進み、労働力が縮小。日本も人口はほぼ半減するものの、経済規模では米中に次ぐ3番手の現在に近い上位を維持するとしている。

     世ワシントン大のボルセット教授は取材に対して「日本は労働者1人当たりの生産性が相対的に高いと予測したことで、人口が減っても経済規模を他国に比べて保つことができるとの結果になった」と説明した。

    https://this.kiji.is/682840797247423585?c=39550187727945729


    【【80年後の日本】人口半減も経済は世界4位維持 諸外国も少子高齢化】の続きを読む


    no title

    現代の記事はいい加減。ただ、このまま日本の成長がなかったら数年後には抜かれるだろう。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/12(土) 20:10:36.18

    統一まで5秒

    日本と韓国の「一人当たりGDP」

     国の経済の規模を単純に比較する場合にはGDPを見ればいいが、国民の生活の豊かさを測る場合には、GDPを人口で割った数値である「一人当たりGDP」の方が適当である。韓国の一人当たりGDPは1953年には66ドルに過ぎず、当時の韓国は最貧国の一角を占めていた。

    国連による一人当たりGDPのデータによれば、1970年の韓国は279ドルであり、187の国・地域のうち126位であった。ちなみに北朝鮮は386ドルで104位であり、この時期においても韓国は貧しい国のひとつであったと考えられる。

     しかし1980年には1708ドルで85位となり、上位半分にランクされるまでになり日本との差も縮まった。さらに1990年は6508ドルで56位、2000年は1万1852ドルで48位、2010年は2万3087ドルで37位と着実に順位も上がってきた。1994年に1万ドル、2006年に2万ドルを超え、2017年には3万ドルを超えた形である。

     IMFのデータによると、2020年の韓国の一人当たりGDPの推計値は3万1246ドルで、世界191カ国・地域のうち31位、東アジア諸国ではシンガポール、日本に次いで第3位となっている。

     日本と比較すると、日本は円高の影響もあり1985年から1990年頃にかけて韓国を引き離した時期もあったが、その後は日本経済が停滞する一方で韓国の一人当たりGDPは着実に増加し、現在は差が大きく縮小している。具体的に言えば、1990年における日本の一人当たりGDPが2万5380ドルであったのに対し韓国は6733ドルであり、日本を100とすれば韓国は27に過ぎなかった。

     一方、2020年には日本が4万3043ドル、韓国は前述のとおり3万1246ドルであり、日本を100とすれば韓国は73にまで追い上げている。ただしこの数値は、日韓の一人当たりGDPは差が縮まったものの、韓国が日本を追い越すにはまだ時間がかかることも意味している。



    2024年まで差は広がる
     IMFは購買力平価でドルに換算した各国の一人当たりGDPを公表しているが、2020年では日本が4万6827ドル、韓国が4万6452ドルであり、日韓の間でほぼ差がない状況にある。そして、2021年以降は韓国が日本を抜き去り、数値が公表されている2024年まで韓国が差を広げていく。

     この数値については、日本は2017年時点、韓国は2018年時点での予測値である。よって新型コロナウィルス感染拡大の影響は反映されていない。しかし2020年に日韓両国とも経済成長率が大きく低下したことを勘案すれば、両国の2020年の一人当たりGDPは過大に推計されていると考えられる。日韓両国とも過大に推計されているので相対的な位置づけは変わらず、日韓の間でほぼ差がなく、2021年に韓国が日本を抜き去ることにも変わりがないと考えられる。

     為替レートでドル換算した一人当たりGDPでは、日本はまだ韓国より豊かであると錯覚しがちだが、購買力平価で換算することで実際の豊かさを比較すれば、現時点では日韓には差がない状況であり、今後は韓国の方が豊かになる。韓国は日本を追いかける国というイメージがあったが、振り返るとすぐ後ろに韓国が走っており、日本を抜き去ろうとしている。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4864dcc5c88abc3d8c420264b974a341697c9a11

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【バ韓国に抜かれる!】2021年、韓国はいよいよ〈生活の豊かさ〉で「日本を追い抜く」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    1 ばーど ★ :2020/08/18(火) 06:30:52.71

    今年4~6月期の国内総生産(GDP)成長率が戦後最悪の落ち込みとなったことが、17日発表され、ツイッターで「最悪の落ち込み」が一時トレンド入りした。新型コロナウイルス感染拡大による打撃の甚大さが改めて浮き彫りとなった形で、ネット上では「つらいな」「共存の道を探さないとコロナの前に経済で死ぬ」と深刻に受け止める人が相次いだ。一方、お盆休み明けの発表となったことから、「お盆が明けたので気分が過去最悪の落ち込みです」「私も最悪の落ち込みなう」と自分自身の状況と重ねてツイートする人もみられ、ネットユーザーのさまざま思いが交錯するトレンドワードとなった。

    内閣府が発表した4~6月期のGDP(季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比7.8%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は27.8%減。悪化は3四半期連続となった。減少幅がリーマン・ショック後の平成21年1~3月期(年率17.8%減)を上回ったことに衝撃を受けた人も多く、「これやばいよなあ」「リーマンショックも!消費税増税も!バブル崩壊も!飲み込みました」といったツイートが目立った。17日は浜松市中区で国内史上最高気温に並ぶ41.1度を観測したことから「<気温上がって、経済下がる>」と表現した人もいた。

    これに対し、「“最悪の落ち込み”がトレンド入りしてるからお盆明けの仕事するの嫌ぁ~ってツイートしてる人が多いのかと思ったらこっちね」「最悪の落ち込みってトレンド みんな出勤したくなさすぎかと思ったら経済のやつだった」と別の意味で受け取った人も。「お盆もフルでは休めずに夏休み終了。次のまとまった休みが年末年始までないと思うと気分は戦後最悪の落ち込み」と苦境を打ち明けるツイートもあり、トレンドワード「最悪の落ち込み」の解釈は人それぞれだったようだ。

    一方、足元で感染が再び増加傾向にある中、今回の数字を「今さら次郎でしょ」「わかりきってた結果で別に騒ぐほどでもないけど」「まぁ、当然の結果だわな。それでも他国に比べれば、ずいぶんマシだよな。それなりに経済対策の効果があったんじゃね?」と冷静に受け止める人もいた。「リーマンショック以上の落ち込みなら消費税減税しないとダメじゃないの???」と減税を訴える人もいたほか、「コレでも消費税下げないもんなぁ。怖いなぁ」「経済より命を優先したかったんでしょ?まっ、失業者続出で別な意味で命終わるかもだけど」と、経済状況の落ち込みなどによって生活困窮者が増えるのではないかと危惧する声もあった。

    国民に一律10万円を支給する特別定額給付金などの押し上げ効果も加わって6月には回復基調となったが、依然として先行きは不透明。こうした現状に、「緊急事態宣言をせずにうまくコロナとともに生きてくしかない。でなければ経済とともに日本が死んでしまう」と危機感を抱く人もいた。

    2020年8月17日 15時55分 iza(イザ!)
    https://news.livedoor.com/article/detail/18747294/

    関連スレ
    【速報】4-6月期GDP、年率-27.8% リーマンを超え 戦後最大の落ち込み ★10 [ばーど★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1597664761/

    ★1が立った時間 2020/08/17(月) 22:57:36.80
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1597691887/



    コロナとともに生きてくしかない。これが正解だ。

    【【戦後最悪の落ち込み】GDP 年率-27.8%…“最悪の落ち込み】の続きを読む

    このページのトップヘ