日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:話題 > 婚活



    (出典 point-house.jp)


    1 首都圏の虎 ★ :2019/12/16(月) 00:35:30.53

    12/15(日) 17:06配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191215-00010006-suitsw-life

    婚活をして男性にたくさん会うのに、結婚できないという地獄のような生活サイクルに陥ってしまう女性もおります。年齢が上がる焦りから会う予定を入れるけれども全く好きになれそうもない......。会う男性がつまらないと感じたら、それはあなたに原因があるかもしれません。

    「あり得ない!」という男は本当にあり得ないのか?

    こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

    日々、様々な婚活中の女性から悩みや相談が届きます。必死に婚活をして、自分磨きもして努力しているのに好きになれるような男性に出会えないという女性も多いです。

    ケイコさん(30代前半)は結婚相談所に入会して婚活中。そんな彼女が「あり得ないような男性に出会った」というのです。

    そのあり得ない男とは、ホテルのラウンジでお茶をした人で、開口一番にメニューを見て「高いですね」といったそう。コーヒー1杯が1000円ほどの値段です。もちろん、それはコーヒーの値段というよりも場所の値段なのですが。彼は年収も高く安定した仕事に就いている男性です。

    彼は、そのホテルに来るまで公共交通機関を使って2時間近くかかる場所に住んでいるといいます。その時も「〇〇線だと高くつくから、△△線を使ってこのルートで来たんです。遠かった」といったとか。その発言もケイコさんは気に入らなかったそうです。

    以下ソースで
    ★1 2019/12/15(日) 17:32:04.00
    前スレ★4 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576417836/



    婚活で中々決まらない人は相手の欠点探しをしていませんか?妥協しなさいとは言いませんが、相手の長所を見つけてご覧なさい。相手の方を見る目が変わると思います。

    【【相手の欠点探しばかりをしていませんか?】「婚活で出会う男はあり得ない人ばかり」と思うのは、あなたが「あり得ない」女だから】の続きを読む



    (出典 city.living.jp)


    1 首都圏の虎 ★ :2019/12/14(土) 19:14:30.40

    婚活を10年近くしていても上手くいかない理由は、単にご縁がなかったのか、理想が高すぎるのか。なかなか難しい問題です。ヤフー知恵袋に11月末、「婚活中の38歳です。ご意見聞かせてください」という女性からの相談がありました。

    30代前半から婚活を続けており、知人の紹介を受けたり、結婚相談所などを訪れたりと出会いを求めていますが、まったく上手くいかないという相談者。本人は「156cm52kgで若い頃から歌手のYUKIさんに似てる」と言われ、年齢より幼く見えるといいます。相手に望むこととしては


    「自分より前後5歳程度で、年収もその年齢の平均額、できれば見た目も良い人がいいですが贅沢は言っていられないので妥協します」

    とのこと。その程度なので理想が高いわけではないと思うのに、上手くいかないと思い悩んでいます。(文:篠原みつき)


    相談員「客観的に見て釣り合いが取れているんです。私たちはプロですから」



    先日は、結婚相談所で42歳の公務員を紹介されましたが、お断りしたそうです。収入や人柄は問題なかったものの、外見が「頭髪も寂しく体型もややぽっちゃりの中年そのもので、この人と道を歩けるかな?と考えたら無理でした」と正直に印象を綴っています。

    しかし、相談所にそれを伝えると、少し批判されたそう。担当者は「年齢的に見た目の衰えは仕方がない」「相談所としてはお互いの希望理想と、夫婦になったときを想像し釣り合いがとれるような方たちを紹介している」などと説いてきたそうです。

    カチンときた女性は相談員に、あの男性と自分は「釣り合いが取れるとは思えません」と伝えましたが、


    「客観的に見て釣り合いが取れているんです。私たちはプロですから」

    とダメ押しされてしまいました。

    悶々として、腹立ちまぎれにSNSに書き込みをすると、今度は「勘違いするなババア」などと非難されたそう。ますますイライラが募った女性は「望むことは悪いことなんでしょうか?」と訴え、知恵袋に意見を求めました。


    「一緒に道を歩けない」レベルの相手と結婚して幸せになれるのか


    この相談は注目を集め、閲覧数は2万8000回以上、回答も多数寄せられました。多かったのが「年収と見た目まで問うあなたは高望みしている」「婚活市場の現実を知りましょう」といった厳しい意見です。


    「残念ながら、38歳という実年齢が貴方の婚活市場での価値を下げているのです」
    「貴女が望むイイ男は30歳までに婚活市場から姿を消します」
    「YUKIさんに似ていると言われていたのは若い頃です。今YUKIさんに似ているではないのですよ」

    といったツッコミが大半でした。「その42歳公務員の人はむしろあなたから見て『優良物件』なのです」という指摘も。確かに給与や休日が安定している公務員は、結婚相手として人気の職業です。「公務員男子」のみを対象にした婚活パーティーもあるぐらいです。

    とはいえ、「一緒に道を歩けない」ほどの相手を無理に薦めることは誰にもできません。付き合っていくうちに慣れて受け入れてしまう可能性も十分ありますが、生理的に受け入れられないレベルの相手であれば結婚してから苦しいかと思います。

    この相談のベストアンサーは「自分がイイと思った人と交際して、結婚するのが一番です」というものでした。結婚相談所はなんとか一緒になってもらうのが仕事なので、気にしないようにと助言しています。

    相談者は補足として、「私の年収は420万プラス残業代と年2回の賞与です。貯金は700万ほどです」と付け加えており、それだけの収入があれば「まぁ一人でも楽に暮らせるし良いんじゃないですか?」といった意見もありました。もし、相手の見た目で「同じ道を歩けない」と思うことが続くなら、一人で歩いて行くのも一つの道かもしれません。

    2019年12月14日 8時0分
    キャリコネニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/17524733/

    ★1が立った時間 2019/12/14(土) 17:41:38.18
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576315742/



    無理して嫌な人と結婚することは無いでしょう。ただ、一度会ってみるのも有りだったと思います。話をすれば、自分が抱いていたイメージと全く違って見た目なんかどうでも良くなることもありますからね。
    【【嫌なら断りなさい。その内、素敵な人に出会うかも】38歳婚活女性、42歳公務員を紹介されるも 「見た目が中年そのものでお断りしました」 ネットで意見を求めるも賛否両論】の続きを読む




    (出典 pbs.twimg.com)


    NO.8009504 2019/12/08 11:50
    婚活アプリで年収900万円エリートと出会った32歳女性の悲劇
    婚活アプリで年収900万円エリートと出会った32歳女性の悲劇
    マッチングアプリで出会った男性に「結婚しよう」と甘い言葉をささやかれ、妊娠までした揚げ句、中絶同意書を送りつけられ、奈落の底に突き落とされた32歳女性のケース。

    男性は女性に毎月15万円を振り込む約束をしますが、支払われたのは最初の3カ月だけで…どのような結末となるのでしょうか。

    「忙しい」LINEを最後に連絡途絶え…「(妊娠)8週を過ぎていたので10日間、入院して手術を受けました」仁美さんは当時の心境を振り返ってくれましたが、術後の経過が悪かった模様。

    子宮に血がたまったので、麻酔なしで血をかき出す処置を2回行わざるを得なかったのですが、それでも子宮が正常に機能せず、2カ月以上も出血が続き、卵巣は腫れ上がった状態が続いたのです。

    出血がいつまで続くのか分からない不安にさいなまれ、身体的だけでなく、精神的ダメージも大きかったといいます。

    彼は最初の3カ月だけ、毎月15万円を仁美さんの口座に振り込んできましたが、4カ月目には「仕事が忙しいんだ。何度も過労で倒れそうになるくらい。いい加減にしてくれよ。もう終わったことだろ?!」というLINEを最後に振り込みは途絶えてしまったのです。

    「胎児を失った罪..



    【日時】2019年12月08日 09:10
    【ソース】オトナンサー
    【関連掲示板】


    【【悲惨】婚活アプリで年収900万円エリートと出会った32歳女性の悲劇】の続きを読む



    (出典 hellohiromi.com)


    1 ちくわ ★ :2019/12/01(日) 19:20:14.42

    ますます広がる日本社会の格差。その日暮らしを強いられる年収100万円程度の人たちは、過酷な環境下でどのように過ごしているのか。今回は年齢とともに過酷さが増す女性に注目。

     50歳時点での生涯未婚率が、男性23.4%、女性14.1%と過去最高記録を更新(’15年国勢調査より)するなか、婚活難民となり漂流する40代女性を取材した。

    タイムリミットに怯える!44歳・婚活漂流
     都内OLの佐伯悦子さん(仮名・44歳)も婚活に挑んでいるが、「年々相手にされないのがわかる」と苦しんでいる一人だ。


    「20代の頃は彼氏もいましたが、お互い非正規雇用の低賃金で、家庭を持つことを考えられなくて、破局してしまいました。仕事に生きてきましたが、35歳を過ぎたあたりから親も『いい加減に結婚したら?』と口うるさく言い始めて……」

     重い腰を上げて一般的な婚活パーティに参加すれば、「年齢」がネックで相手にされなかったという。35歳を過ぎた女性は、あからさまに“対象外”の扱いをされると嘆く。

     40代以降限定のパーティでは、今度は「売れ残りの変な男しかいない」というジレンマに苛まれる。

    「自分も“売れ残り”なのは重々承知です。『理想が高いんでしょ?』なんて言われるけど、私自身は、年収400万~500万円程度で“普通”の男性がいい。でも、それすら高望みなのかな……」

     借金をしてまで100万円のエステに通い、高額な美顔器も購入した。結婚するために、必*覚悟で美容グッズを買い漁っているが結果にはつながらない。

    「綺麗になってもダメなら、何をすればいいのでしょうか」

     気づけば、婚活に1000万円以上をつぎ込んだという佐伯さん。婚活漂流者となった彼女は、この日の取材後もパーティに向かったのだった。

     残念ながら、年収400~500万円の独身男性は全く「普通」ではない。男性は年収の高さと、既婚率がきれいに相関する(つまり年収が高いほど結婚できる)という残酷な現実がある。
     35-39歳男性で、年収別に配偶者がいる比率を見ると、年収400~499万円で71.4%、500~599万円で79.3%と、かなりの男性が“売れてしまっている”状況だ(労働政策研究・研修機構「若者の就業状況・キャリア・職業能力開発の現状」2014年)。

     となると、40代女性の婚活戦略は「綺麗になる」ことよりも、「自分が稼いで、年収が低い男を選択肢に入れる」のが現実的だ。だが、いまだに女性には「自分より収入の高い男」を求める上昇婚志向がある。
     低収入の女性からすれば無理もないことだが…現実はあまりにも厳しい。

    婚活パーティに参加しても「年齢で振り落とされるのは悲しい」と佐伯悦子さん(仮名・44歳)

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191201-01614242-sspa-soci
    12/1(日) 8:54

    ★1の立った時間 2019/12/01(日) 18:21
    前スレ
    婚活難民の40代女性。借金して100万円のエステに通うも“年収400万の普通の男性”でも高望みという現実
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575192104/



    この記事は日本社会の格差が広がっているということを言いたい記事だった。結婚したくても結婚できない女性。若い時、事情があって結婚できなかった。気が付いたら40歳になっていたというパターンですね。考え方を変えたら?バツイチの子持ちの男性を探すとか。

    【【もう諦めるしかないのか?婚活難民の40代女性】借金して100万円のエステに通うも“年収400万の普通の男性”でも高望みという現実】の続きを読む

    このページのトップヘ