no title
「コンビニには毎日行ける」38歳ひきこもり息子が年金暮らし70代両親にパラサイトは許せるか(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース

「コンビニには毎日行ける」38歳ひきこもり息子が年金暮らし70代両親にパラサイトは許せるか(プレジデントオンライン)  Yahoo!ニュース
(出典:Yahoo!ニュース)

許せませんね。気持ちの問題でしょう。

NO.9021323 2020/11/14 17:40
「コンビニには毎日行ける」38歳ひきこもり息子が年金暮らし70代両親にパラサイトは許せるか

氷河期世代の38歳無職の男性は、年金暮らしの70代の両親と同居し、すねをかじっている。

大卒後に不動産会社に就職したが営業の厳しさについていけず、1年で退職。

その後に入った企業も「ブラック」ばかり。

ここ数年は一切働いていないが、コンビニなどには毎日行けるマイルドなひきこもり状態。

倹約を重ね、自分たちの死後に息子が生きていけるか心配する両親にファイナンシャル・プランナーがかけた言葉とは--。

■氷河期世代の就職難に加え、やっと入った会社はみな「ブラック」
相談者から家計の状況を伺い、将来のシミュレーションや改善策をアドバイスするのがファイナンシャル・プランナーの仕事です。

最近はコロナ禍で、オンラインでの相談が多くなってきました。

しかし、高齢の相談者の場合はそうはいかず、直接お会いすることになります。

特にひきこもりのお子さんを心配する親御さんは70代、80代の方が多く、3密を避けながらの面談となります。

今回、30代後半のお子さんの将来を心配される、70代の夫婦の相談も、感染対策に配慮しながら行いました。

【家族構成】
・父親:72歳(年金生活) 年収180万円
・母親:70歳(年金生活) 年収85万円
・長男:38歳(無職)
【資産】
・預貯金:1500万円
・自宅:戸建て持ち家

お話を伺うと、お子さんは息子さん1人ですが、今は無職で親の年金収入で暮らしています。

いわゆる氷河期世代で、大学卒業後になんとか不動産会社に就職できたものの、営業の厳しさについていけず、1年で退職してしまいました。

それだけでしたらまだやり直しがきくのですが、その後の就職先がブラック企業ばかりで、短期間のうちに転職を繰り返すことになってしまいました。

何度目かの転職先を退職した後には就職活動に慎重になり、無職の期間が長くなってしまいました。

ブラック企業が続けば、就職に慎重になる気持ちもわかります。

しかし無職の期間が長引くと就職はますます厳しくなり、面接に応じてくれるのはブラックの気配がする会社ばかりになってしまいました。

すっかり転職の悪循環にはまり込み、本人は就職活動に嫌気がさしてしまったようです。

■「コンビニには毎日のように行ける」マイルドなひきこもり38歳の肖像
けっして、部屋にひきこもっているわけではなく、普通に会話はできますし、近くのコンビニなど外出もよくするそ..


【日時】2020年11月14日 09:15
【ソース】プレジデントオンライン
【関連掲示板】


【【弱い人間】「コンビニには毎日行ける」38歳ひきこもり息子が年金暮らし70代両親にパラサイトは許せるか】の続きを読む