(出典 livedoor.blogimg.jp)


1 みなみ ★ :2019/11/28(木) 19:14:21.54

統一まで100分
11/28(木) 17:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191128-00010008-newsweek-int

<ジムではKポップダンスで汗を流し、女子高生はBTSのコンサートに向かう......開かれた隣国関係に「全否定」はないはず>

最近、日本では嫌韓ムードがこれまでになく高まっている......らしい。10月に発行された本誌でも嫌韓を深く探る特集が掲載された。私の東京におけるホームタウンである練馬区では今年5月に嫌韓デモがあり、東京都初のヘイトスピーチ認定案件になったそうだ。「らしい」とか「そうだ」と書いたのは、自分でそうした場面を目撃したわけではなく、それほど実感が湧かないからだ。

【写真特集】規模、熱量、パフォーマンス......韓国の抗議デモがなんだかスゴイ

確かに書店に行けば韓国の否定的な部分だけを取り上げ、批判する雑誌や書籍が並んでいるのが目に入る。だが2015年から3年間ソウルで暮らし2018年春に東京に戻ってきた私が驚いたのは、むしろ日本社会における韓国ポップカルチャーの受容がさらに広がっていたことのほうだった。

15年前から通う近所のジムでは、ダンスのクラスでBTS(防弾少年団)などKポップアーティストの曲をしょっちゅう取り上げるようになっていた。

以下ソースで



韓国人の態度を知れば知るほど嫌いになるから。関わりたくない民族という意味。
投稿の中に良いのがありました。
相手の力を認めている場合は、反発。同等かそれ以下だと嫌悪。
【【嘘つきは嫌いだから嫌韓】「反韓」ではなく「嫌韓」なのはなぜ?】の続きを読む