日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:政治 > 総理候補



    (出典 i.pinimg.com)


    1 かわる ★ :2020/07/08(水) 13:13:16.94

     東京・虎ノ門のホテルアンダーズの高級レストランで、安倍首相以下、麻生太郎副総理兼財務相、菅義偉官房長官、甘利明・自民党税調会長が2時間半、会食した。

     ところが、この「インナー夕食会」には、首相主治医、議員会館秘書など4人が別室で待機していたというのである。いわく歩行も危うい状態で、首相官邸詰め記者団の前に身をさらす場合には医師団がかなり神経を使っているというのだ。

     然るに、今秋の衆院解散・総選挙はとても断行できないとの話が付言されている。

     一方、自民党が6月第2週に極秘裏に行った情勢調査では、現時点で総選挙を実施すれば「66議席減」の結果が出たという。下村博文選対委員長が安倍首相に報告、「では、解散風を吹かせるか」と言われたというのだ。

     こうした話がささやかれる中、安倍首相は6月29日昼、永田町のザ・キャピトルホテル東急の日本料理店で、作家の伊集院静氏と会食した。

     1月下旬にくも膜下出血で緊急入院したが、回復した伊集院氏だけでなく、安倍首相もまた料理を完食、元気だったというのである。政治家と病気は、永田町住人の口の端に上る話題なのだ。

     とりわけ、今年は子年(ねずみどし)である。過去を遡(さかのぼ)れば、子年は政権交代があったことが分かる。

     (1)1960年6月23日に岸信介首相が辞意表明、7月19日の池田勇人首相誕生。

     (2)72年6月17日に佐藤栄作首相が辞意表明、7月7日の田中角栄首相誕生。

     (3)96年1月5日に村山富市首相が辞意表明、同11日の橋本龍太郎首相誕生。

     (4)2008年9月1日に福田康夫首相の辞意表明、同24日の麻生太郎首相誕生。

     安倍、麻生両氏はこの2週間に3回も2人きりで会談していることが気にかかる。麻生氏は年内のリリーフ登板に意欲がある-。(ジャーナリスト・歳川隆雄)

    https://www.zakzak.co.jp/smp/soc/news/200707/pol2007070001-s1.html



    麻生はやめとけ。もっと悪くなる。

    【【麻生は止めてくれ!】歩行も危うい!? 安倍首相の“体調悪化”情報 麻生副総理リリーフ意欲】の続きを読む



    (出典 prt.iza.ne.jp)


    1 ばーど ★ :2020/06/29(月) 23:14:59.46

    「最近、総理が『もう、疲れたよ』とつぶやくのを聞いた官邸関係者が多くなっています」

    そう語るのは、菅義偉官房長官の側近議員だ。無理もない。東京高検の黒川弘務前検事長をめぐる問題や、河井克行・案里夫妻の逮捕で、内閣支持率は急降下中だからだ。

    安倍晋三首相(65)は、「今井尚哉補佐官らがとりなしても、聞いているのかいないのか、うつろな目をしていることも多い」(同前)という。自民党最大派閥である細田派の中堅議員は、こう話す。

    「総裁4選が不可能なことは、総理もわかっている。いま総理は、退陣後の不安にさいなまれている。政権を岸田文雄党政調会長に禅譲するつもりだったが、新型コロナ対策の給付金をめぐるゴタゴタで、岸田氏は政局勘の鈍さを露呈した。それを見て、安倍総理の不安が増しているようだ」

    そこで急浮上しているのが、「第2次麻生政権」だという。伏線となるのが、6月10日、官邸で1時間にわたっておこなわれた、麻生太郎副総理兼財務相(79)と安倍首相との “サシ” 会談だ。

    「9月の解散総選挙を進言した麻生さんに、安倍総理から “ポスト安倍” について、なんらかの意思確認があったとみられています。

    この会談後、安倍総理が周辺に『次は麻生さんでいく』と、胸の内を明かしたといわれているのです。それは、もし内閣支持率がさらに低下して、政権を維持できない状況になったら、そのときは安倍総理が退き、悩ましい決定を下す際に、ずっと相談相手としてきた麻生さんに引き継ぎたいということ。

    総理にとって麻生さんは、政界でいちばん信頼できる政治家なんです」(自民党関係者)

    背景には、ポスト安倍をめぐる激しい駆け引きがある。

    「二階俊博幹事長は、とにかく自身の幹事長続投が最優先。それが危うくなれば、無派閥議員を率いる菅官房長官と組んで、石破茂元幹事長を担ぐといわれている。そうなれば、自民党は真っ二つに分裂する」(政治部デスク)

    そんななか、6月19日夜に安倍首相、麻生氏、菅氏、甘利明党税調会長が顔を合わせる4者会談が開かれた。

    「石破氏を担ぐ “二階・菅連合” を組ませないようにするため、総理と今井補佐官が呼びかけてセットされた。“本音” が出るような話し合いはなかったようだ」(政治部記者)

    首相経験者なのに、浮世離れした失言や放言で、国民からの批判はおろか、外交問題になりかけたこともしばしばある麻生氏。だが本人は、まんざらでもないようだ。

    「麻生さんは以前から、『安倍がやれるなら、俺もやれるだろ』と言っている。千賀子夫人から政界引退をすすめられても、麻生さんは、『何言ってんだ。あと1期』と返したそうだ。まだ退く気はない」(自民党幹部)

    政治ジャーナリストの角谷浩一氏は、こう憤る。

    「麻生氏は、“古い政治家” の最後の生き残り。約束を守り、周囲を守るから安心感を与える。

    ただ、コロナ対策で財政出動に最後まで反対し、森友問題の再調査を求める35万筆の署名を無視するなど、国民の声にまったく反応できていない。再登板など、国民無視もはなはだしい」

    政権を私物化する「麻生再登板」論は、国民にとって覚めない悪夢だ。

    (週刊FLASH 2020年7月7日号)

    2020.06.29 06:00
    https://smart-flash.jp/sociopolitics/106335

    (出典 data.smart-flash.jp)



    麻生の爺さん、やめとけよ。若い人がいるでしょう。安倍さんは直ぐに辞めるべき。

    【【日本破滅】安倍首相「もう疲れた…」9月解散説で浮上する「麻生再登板」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    1 蚤の市 ★ :2020/06/22(月) 05:34:33.98

     毎日新聞と社会調査研究センターが20日に行った全国世論調査では、携帯ショートメール調査の回答者に「次の首相にふさわしいと思う人」を1人挙げてもらった。携帯回答者777人のうち118人が挙げた自民党の石破茂元幹事長がトップ。安倍晋三首相が78人で続き、河野太郎防衛相と吉村洋文大阪府知事が55人で3位に並んだ。

     報道各社の世論調査でよく行われる質問だが、電話による世論調査では特定の政治家の名前を選択肢に並べて選んでもらう。携帯ショートメール調査は自由記述回答が可能なため、選択肢は用意しなかった。

     各社の調査でも石破氏が1位、安倍首相が2位に入ることが多く、その傾向に変わりはなかった。河野氏は「イージス・アショア」の配備計画停止など、吉村氏は新型コロナウイルス対策で発信を強めてきた影響がうかがえる。無回答が172人、「いない」とした回答が63人、「わからない」も20人いた。

     自民党支持層に限ると安倍首相57人、石破氏30人と逆転する。

     2桁の人が挙げた上位11人は以下の通り。カッコ内は携帯回答者に占める割合。

    1 石破茂自民党元幹事長   118人(15%)

    2 安倍晋三首相       78人(10%)

    3 河野太郎防衛相      55人( 7%)

     吉村洋文大阪府知事    55人( 7%)

    5 小泉進次郎環境相     37人( 5%)

    6 橋下徹元大阪府知事    21人( 3%)

    7 小池百合子東京都知事   17人( 2%)

    8 岸田文雄自民党政調会長  15人( 2%)

     枝野幸男立憲民主党代表  15人( 2%)

    10山本太郎れいわ新選組代表 14人( 2%)

    11菅義偉官房長官      11人( 1%)

    毎日新聞2020年6月20日 18時37分(最終更新 6月21日 01時02分)
    https://mainichi.jp/articles/20200620/k00/00m/010/133000c

    ★1 /06/21(日) 07:41:38.9
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1592707415/



    国会議員でない吉村知事が入ってるの?

    【【信憑性ある?】毎日新聞世論調査 】「次の首相」石破氏がトップ  河野氏、吉村大阪府知事が3位】の続きを読む



    (出典 static.chunichi.co.jp)
    NO.8539219 2020/06/03 13:31
    「次の総理」世論調査…安倍首相が急落 4選論しぼみ後継レースへの求心力に影響も “神奈川トリオ”は存在感ジワリ
    「次の総理」世論調査…安倍首相が急落 4選論しぼみ後継レースへの求心力に影響も “神奈川トリオ”は存在感ジワリ
    ■「次の総理」世論調査は石破氏がトップを維持
    FNNは5月30・31日の両日、全国の有権者を対象に電話世論調査(固定電話+携帯電話・RDD方式)を実施し1069人から回答を得た。

    安倍内閣の支持率は、前月の調査より7.7ポイント下落し36.4%となり、支持しない人は52.5%と約2年ぶりに半数を超えた。

    辞職した東京高検の黒川前検事長への処分や退職金に納得できない人が8割を超えていて、政府の新型コロナウイルス対応への評価がやや持ち直したにも関わらず支持率が急落したことの大きな要因になったことがうかがえる。

    そしてこの調査では、「次の総理大臣にもっともふさわしいと思う政治家は誰か」について11人の政治家の名前をあげて聞いたが、結果は次の通りだ。

    石破茂   18.2%
    安倍晋三  12.2%
    小泉進次郎  8.8%
    河野太郎   5.0%
    枝野幸男   3.5%
    菅義偉    3.0%
    岸田文雄   1.9%
    西村康稔   0.9%
    野田聖子   0.9%
    加藤勝信   0.5%
    茂木敏充   0.4%
    この中にはいない 32.4%



    【日時】2020年06月03日 07:00
    【ソース】FNN


    【【次の総理は?】世論調査 次の首相は?安倍首相が急落  後継レースへ】の続きを読む



    (出典 www.jiji.com)


    1 ramune ★ :2020/05/24(日) 14:11:59.44

    「安倍1強」政権を取り巻く与党内の空気が変わってきた。新型コロナウイルス対策や、検察幹部の定年を延長する検察庁法改正案などの迷走に対し、自民党からも公然と異論を唱える声が相次いでいる。
    これまでは批判や不満を抑え込んできたが、安倍晋三首相の党総裁としての任期が1年以上残る中、「政権末期感が強まってきた」との見方も出始めた。

     「最近の首相官邸はちょっとおかしい」。自民国対幹部は22日、
    首相が衆院厚生労働委員会で検察庁法改正案を含む国家公務員法改正案の廃案に言及した後、突き放すように語った。
     幹部は今国会成立を目指す官邸の強い意向を受け、野党との調整に奔走してきた。

    根回しもなく政府内で廃案論が強まる現状に、不満は募る。定年延長した黒川弘務前東京高検検事長の辞任もあり、
    公明党幹部も「もう首相が何言っても信用されなくなった」と冷ややかな視線を向ける。

     与党内にはそもそも、改正案への不満があった。与党が衆院内閣委で強行採決を辞さない姿勢を示していた13日、
    委員だった泉田裕彦衆院議員(自民)はツイッターに「国民のコンセンサスは形成されていない。強行採決は自殺行為だ」と採決で退席する意向を投稿。
    その日のうちに委員から外されたが、投稿は約3万7千件転載されるなど大きな反響を呼んだ。

     翌14日には船田元・元経済企画庁長官も自身のホームページで「強行的に議事を進めることは国民世論をないがしろにする」と指摘。
    中谷元・元防衛相は18日のインターネット番組で「到底国民の理解を得られない」と述べた。

     安倍政権は選挙での公認権や人事などを背景に、強権的な手法で自民党内の異論を封じ、
    安全保障関連法など世論の賛否が割れる重要法案を成立させてきた。
    時折、石破茂元幹事長や村上誠一郎元行政改革担当相らが批判の声を上げていたものの、党内にはもの言えぬ空気があった。

     第2次政権発足から約7年半。直近の内閣支持率は下落し、官邸をけん引してきた首相と菅義偉官房長官との溝もささやかれるなど、
    1強政権はかつての安定感を失いつつある。自民の閣僚経験者は「政権はもう死に体に近づいている」と指摘した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/65fe42bd873b48db1f1083a5b4402d3d520328b9


    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590289142/



    おかしいなら次の首相候補を決めてくれ。コロナの第2派が来ない内に。

    【【次の首相を決めて!】】「安倍1強」政権に末期感 与党内、自民から公然と異論 国家公務員法改正案の廃案言及に「最近の官邸はおかしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ