日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:政治 > 総理候補



    (出典 www.mag2.com)


    1 1号 ★ :2019/12/28(土) 00:07:35.14

     自民党は総裁任期を「連続2期6年」と決めていた。しかし、安倍首相が3選に意欲を持つと、何の抵抗もないまま、2017年3月の党大会で「連続3期9年」となった。

     ロシアですら、連続3選は憲法で禁止されている。このため、プーチン大統領はいったん大統領職を外れた上で、あらためて返り咲いた。

     しかし、今の自民党にとって、約束は破るためにあるらしい。7月に二階幹事長は「(4選出馬の意向が)あった場合には、当然支持していく。国民の支持があるからだ」と言い、麻生財務相も月刊誌「文芸春秋」(1月号)の単独インタビューで、「安倍総理が本気で憲法改正をやるなら、もう1期、つまり総裁4選も辞さない覚悟が求められるでしょうね」と語ったという。

     安倍政権の中枢は安倍首相の4選を支持する方向の発言をしてきたが、ここにきて、4選に逆風が吹き始めたようだ。

     まず第1に国民の嫌気が表面化してきていること。第2に安倍首相を裏で支えてきた人々が自分自身を守るのに必死で、とても手練手管を使える状況になくなったことだ。

     安倍政権が高い支持率を維持してきたのは、安倍首相だけの力ではない。菅官房長官や、萩生田光一氏、下村博文氏、世耕弘成氏らの“取り巻き”がさまざまな手段で安倍首相を支えてきたからだ。

     ところが、偶然なのか、必然なのか、不思議なことに彼らが一斉に苦境に陥っている。自己を守るのに精いっぱいの状況だ。とても安倍首相を守るための工作をできる状況ではない。

     さらに二階幹事長が4選を支持する理由としてあげた「国民の支持があるからだ」という理由は消滅している。共同通信社の世論調査(15日付)では、安倍首相の自民党総裁4選に「反対」が61・5%に達し、「賛成」は28・7%。安倍首相を援護してきた産経新聞の世論調査でさえ、次の首相にふさわしい政治家では、自民党の石破茂元幹事長が安倍首相を僅差で上回った。ちなみに同じ調査で、「令和おじさん」として存在感を高めていた菅官房長官は9月調査の6・3%から3・0%に急落した。

    「凋落のにおい」が漂い始めれば、自民党議員、官僚、マスコミは安倍首相と距離を置くだろう。世論の声は「もういいよ。安倍首相!」なのだ。

    公開:19/12/27 06:00
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266846

    ★1が立った時間 2019/12/27(金) 14:33:52.83
    ※前スレ
    【安倍辞めろ】#安倍首相 の4選に逆風 国民の大多数は「もういいよ安倍首相」 ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577438851/



    もう良いでしょう。何でも長期政権はダメ。人間は欲の塊だから、どうしても公私混同を無意識のうちに行っている。今の安倍さんがそう。自民党で良いから首相は交代しましょう。

    【【もういいよ安倍さん】安倍首相 の4選に逆風  国民の大多数は4選反対】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    1 ばーど ★ :2019/12/07(土) 18:28:45.05

    [東京 6日 ロイター] - 12月ロイター企業調査によると、安倍晋三首相の在職について、任期満了まで続けることが望ましいとの回答が6割を占めた。ただ、任期を終える前の退陣を求める声も4分の1あった。次の首相に望ましい人物としては、7月調査で他を圧倒した安倍氏を挙げる声は半減、石破茂氏がわずかながら安倍氏を上回る結果となり、安定政権を支持してきた企業の意識に変化がみられた。前回人気の高かった小泉進次郎氏も大きく後退した。

    この調査は11月20日から12月2日までの期間に実施、250社程度から回答を得た。

    <安倍首相の4選支持少なく、任期満了前退陣も25%>  

    首相としての在職期間が歴代最長となった安倍首相だが、今後について企業はやや厳しい見方をしている。

    2021年9月までの任期を全うすることが望ましいとの回答は59%と、過半数を占めた。その理由として、企業が重視する「経済の安定」(化学)を評価する声もあるが、「支持率が低下傾向にあるが、任期中退任は混乱を招く」(建設)、「後任候補が思いつかない」(不動産)など、消極的理由で任期満了を支持するとの回答もあった。

    また、任期満了が望ましいとしつつも「2選までというルールをあえて変えて3選したのでここまで。絶対的な権力は腐敗する」(化学)、「すでに腐敗が顕在化している」(食品)との意見も数多く寄せられた。

    一方、任期満了前の退陣を求める企業も25%あり、長期政権の弊害として「ごまかしや隠ぺいが目に余る」(サービス)といった指摘が多数あった。

    政策面についても「アベノミクスは失敗。日銀のマイナス金利政策ではインフレ率2%を達成できなかった」(卸売)など、経済政策への期待が外れたとの回答もあった。

    任期満了後も続投を望む声は16%と少ないが、支持する理由としては「政治、外交の安定運営」(卸売)をあげる声が目立った。

    <「次期首相」は安倍・小泉氏が後退、石破・菅氏らと横並びに>

    今年7月調査では、次期首相に望ましい人物として安倍氏と回答した企業は37%を占め、他の候補をあげる声が1桁から10%程度にとどまった中で、抜きんでて支持が高かった。企業の事業にとって、安定した政治環境が最重視された結果だった。小泉氏も21%と期待を集めていた。

    しかし、今月の調査では安倍氏16%、小泉氏11%とそれぞれ大幅に後退。代わって増えたのは石破氏、岸田文雄氏、菅義偉氏、河野太郎氏で、前回10%だった石破氏への支持は17%となり、安倍氏を抜いた。岸田氏、菅氏、河野氏への支持も前回から増え、いずれも2桁でほぼ横並びとなった。

    企業からは支持する理由として、石破氏については「安倍政権とは違った色を出せる人がベター」(卸売)、岸田氏については「次期政権には日銀金融政策転換など大きな課題が控えており、まずは党内融和が図れる人」(小売)などの声が聞かれた。

    相次ぐ閣僚辞任や「桜を見る会」での不透明な税金の使い方などこの半年の間の不祥事もあり、企業の間でも安定政権のイメージに変化が出始めている。

    2019年12月6日 / 11:04  ロイター
    https://jp.reuters.com/article/japan-coprpsurvey-politics-idJPKBN1YA05X



    国民も安倍首相の4選には反対が多いだろう。それで次の首相候補だが、この投稿では石破氏は有り得ないとの声多し。では、それに代わる人は?

    【【これは企業の声 安倍首相の4選には否定的】次期首相候補・石破氏支持が躍進 安倍首相の4選支持少なく…「権力は腐敗する。すでに腐敗」の声 ロイター企業調査】の続きを読む



    (出典 dol.ismcdn.jp)


    1 ばーど ★ :2019/11/26(火) 09:10:04.27

    ※世論調査解禁

    テレビ東京と日本経済新聞の世論調査で、次の総理にふさわしい人は石破元幹事長がトップとなりました。安倍内閣の支持率は50%となり、先月の調査から7ポイント下落しました。

    「桜を見る会」に安倍総理大臣の支援者が多く招待されていた問題に関して、安倍総理の説明に「納得できない」という人は69%にのぼりました。

    また、次の総理にふさわしいのは誰かを聞いたところ、自民党の石破元幹事長が20%と前回の調査でトップだった小泉環境大臣を抜いて1位となりました。2位は小泉大臣で18%、3位は安倍総理で14%となりました。

    11月25日(月) テレビ東京
    https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/news/post_191048/

    (出典 www.tv-tokyo.co.jp)


    ★1が立った時間 2019/11/26(火) 08:13:02.90
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574723582/



    この時期に次の総理にふさわしい人のアンケートを取るとは、安倍おろしの臭いがプンプンします。総理は自民党総裁がなるのだから、自民党員にアンケートを取らなければ無意味ですね。石破さんは人気無し。

    【【日経の安倍おろし?】ポスト安倍「次の総理にふさわしい人」石破氏がトップ浮上 】の続きを読む

    このページのトップヘ