日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:事件 > 食中毒



    (出典 chiicomi.com)


    1 首都圏の虎 ★ :2020/05/26(火) 19:23:29.20

    東京・三鷹市にある「こども食堂」で配られた弁当から食中毒が発生し、子どもなど60人が下痢や腹痛などの症状を訴えた。

    保健所が調査したところ、5月17日に三鷹市内の飲食店が「こども食堂」に提供した弁当のおかずから、食中毒を引き起こす「ウエルシュ菌」が検出されたという。

    菌が検出されたおかずは、提供される2日前に調理されたあと、常温で長時間保存され、温度管理が不十分で菌が繁殖し、食中毒を引き起こしたとみられている。

    5/26(火) 19:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20200526-00146087-fnn-soci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)



    信じられない事件ですね。この季節に弁当を常温で2日間放置。食べる前に臭かったのでは?

    【【常温で2日間放置】東京・「こども食堂」の弁当 60人が食中毒】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    1 ばーど ★ :2019/11/26(火) 06:43:14.84

    今月、千葉県市川市の青果店で毒のある植物をニラと間違えて販売し、購入して食べた家族3人がおう吐などの症状を訴えていたことが分かりました。保健所は業者に回収を命じるとともに、買った人は絶対に食べないよう注意を呼びかけています。

    千葉県によりますと、今月21日、市川市の住民から「青果店で購入したニラを家族3人で食べたら全員がおう吐した」と、市川保健所に連絡が入ったということです。

    保健所が調査したところ、市川市東菅野の青果店「たじま屋」で今月11日から14日ごろにかけてニラとして販売されたものが有毒のスイセンだったことが分かったということです。

    これは青果店近くの雑木林で刈り取られたもので、市川保健所は25日、販売業者に回収を命じましたが、9束のうち5束が回収できていないということです。

    千葉県はこのスイセンを買った人は絶対に食べないこと、もし、おう吐などの症状が出ている場合には、すみやかに医療機関を受診するよう呼びかけています。

    2019年11月25日 23時35分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191125/k10012191051000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    関連スレ
    【千葉】ニラと間違える 八百屋の店主が近くの雑木林で採取してきたスイセンを販売 3人嘔吐 市川 
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574686763/




    犬や猫がポインセチアを食べると命の危機に Xmasシーズンの「要注意」植物は 犬や猫がポインセチアを食べると命の危機に Xmasシーズンの「要注意」植物は
    …り 人間の例として徳島県の小学校で調理実習室のときに、餃子の具としてニラとスイセンを間違えて用意した中毒事件もありました。 有毒部分:茎、球根 成分:リコリン…
    (出典:ライフ総合(石井万寿美))



    八百屋の店名まで発表されましたね。もう営業できないでしょう。誰もここで買う気がしないでしょうから。死に至るそうですね。後5束の行方がどうなっているのか、心配ですね。

    【【仕入れ先は雑木林】ニラと間違えスイセン販売…3人嘔吐 千葉の青果店5束が回収できず】の続きを読む

    このページのトップヘ