(出典 amd.c.yimg.jp)

(出典 image.itmedia.co.jp)


1 みなみ ★ :2019/11/25(月) 22:46:39.50

11/25(月) 7:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191125-00000010-it_nlab-life

社会人2年目のOLが、淡々と虚無な日常を送るつらさを語る漫画に共感が集まっています。作者は橋本ゆのさんです。

【画像】漫画を読む

 社会人1年目の時は目先の仕事で精一杯だった。けれど、仕事に慣れてきた社会人2年目、今の生活がずっと続くつらさに徐々に気づき始めてしまいました。毎朝地獄のような満員電車に乗り、夜は残業でクタクタになりながら帰宅をする。帰ったら夕飯とお風呂をこなして即寝てしまう日々。こんな生活があと40年も続くなんて、「社会人気が狂ってない??」と愕然(がくぜん)としてしまいます。

 土曜日には平日の疲れを取るべくベッドからほぼ動かず、スマホをいじり、SNSと動画を観て1日が終わってしまいます。平日は忙*れて感情もなく、土曜日は1日中寝ているだけ。つまり自分が「生きている」のは日曜日だけ。

 家と会社を往復するだけの生活に恋人もできるわけなどなく、友達とも疎遠に。あまりにも虚無で、つらい……。

 仕事って何だろう、人生って何だろう。社会人になれば、誰もが一度は考えることかもしれません。みんな折り合いをつけて生きているけれど、心が壊れないうちに、本当にその人生でいいのか見つめ直していきたいと思わせてくれる漫画です。王道の言葉ではありますが「人生一度きり」なのですから。

以下ソースで
★1 2019/11/25(月) 20:53:36.64
前スレ★2 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574686142/-100



次の投稿された中にも書かれていましたが、この記事内で描かれている漫画は週休2日制ですね。今でもすべての会社が週休2日制ではないので、週1でしか休めない人からは贅沢な悩みと言われています。
社会人2年目でしょう。時代は変われども、社会人2年目はいつの時代も同じ。社会の辛さを感じる頃です。後数年したら、時間の使い方も上手になれますよ。

【【社会人のつらさに共感】「こんな生活があと40年も続くの?」 社会人2年目で悟った“社会人のつらさ”】の続きを読む