日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:政治 > ブーメラン



    (出典 www.nippon.com)


    1 ガーディス ★ :2019/12/10(火) 16:18:02.61

    2019年12月10日 12時48分(最終更新 12月10日 12時48分)
    政府は10日、「反社会的勢力」の定義について「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難だ」とする答弁書を閣議決定した。政府による「反社会的勢力」の過去の使用例と意味については「政府の国会答弁、説明資料などでの使用のすべての実例や意味について、網羅的な確認は困難」とした。

    「反社会的勢力」の言葉を巡っては、公金を使って開催されてきた「桜を見る会」に反社会的勢力が参加していた疑惑が浮上したことを受け、菅義偉官房長官が先月の記者会見で「定義が一義的に定まっているわけではない」と述べていた。

     ただ、政府は2007年に策定した「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」でこの言葉を用いている。初鹿氏はこの指針が反社会的勢力を「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団・個人」と定義していることに触れ、「異なる定義があるなら対応を変更する必要が生じかねない」と指摘。これに対し答弁書は「現在、企業は指針を踏まえて取り組みを着実に進めている」と、正面からは答えなかった。【青木純】

    https://mainichi.jp/articles/20191210/k00/00m/010/110000c.amp
    ★1)2019/12/10(火) 14:40:13.93
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575959481/
    特大ブーメランスレ
    【速報】安倍首相、第一次安倍内閣で「反社会的勢力」を定義していた事が判明
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575960561/
    芸能人の発言で野党叩きができる隔離会場
    【反社】ほんこん「反社言うてるけど民主党政権でも官邸に反社出入りしてた事なかった?あと野党の2人の女性議員が静かなのは何故?」 
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575960913/



    安倍さん終わった。がっかりですね。過去に自分で反社の定義をしていながら、それに該当する人達を「桜を見る会」に読んだために定義は無いと言い出した。バ韓国と同じではないか。

    【【こんな誤魔化し政権は支持できない!】安倍政権「反社会的勢力、定義するのは困難」と閣議決定】の続きを読む






    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    NO.7969520 2019/11/22 10:37
    また野党にブーメランか…立憲民主・安住氏、ニューオータニ
    また野党にブーメランか…立憲民主・安住氏、ニューオータニ
    安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の前日に開かれた「前夜祭(夕食会)」をめぐり、左派野党は「会費一人5000円は安すぎる」などと追及している。

    こうしたなか、立憲民主党の安住淳国対委員長の資金管理団体が、安倍首相の後援会と同じホテルニューオータニ(東京都千代田区)で開いた政治資金パーティーの会場使用料が、対価を支払った人、一人当たりで1739円だったと、産経新聞が21日報じた。

     安住氏の資金管理団体「淳風会」の政治資金収支報告書によると、2012年4月23日と11月19日に朝食セミナーを開き、それぞれ収入は1062万円と1176万円で、対価を支払ったのは531人と588人。

    淳風会は会場使用料としてホテルに92万3326円と121万円を支払った。

     通常、使用料には飲食物の値段も含まれる。

    使用料を人数で割ると、一人当たり1739円と2058円。

    出席者が対価を支払った人の半数だったとしても、一人当たり5000円を下回るという。

     安住氏は14日、安倍首相後援会の「前夜祭」の会費が5000円だったことについて、「やはり立食の会食は、どなたであっても最低1万円以上ですね」と..



    【日時】2019年11月21日
    【ソース】zakzak
    【関連掲示板】



    【【また野党にブーメラン】立憲民主・安住氏、ニューオータニ での朝食会1,739円】の続きを読む

    このページのトップヘ