日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:話題 > 教育



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    1 ブルーベリーフラペチーノうどん ★ :2020/07/13(月) 19:06:34.48

    今、教育の現場では、あらゆる学習において、社会に出てからの実用性を重視する実学志向が強まっている。だが、基礎知識や教養、物事を深く考える習慣を身につけさせないのであれば、先の読めない変化の激しい時代を柔軟に生きることは困難だ。『教育現場は困ってる――薄っぺらな大人をつくる実学志向』(平凡社新書)の著者・榎本博明氏は、学校教育の在り方に警鐘を鳴らす。

    英語の学力低下は、偏差値にして7.4
     いくら知識を詰め込んでも、現実生活に応用できなければ意味がないとのことから、知識偏重の教育からの脱却が唱えられ、さまざまな教育改革が行われてきた。2022年度からは、高校の国語の授業で生徒会の規約や自治体の広報、駐車場の契約書など実用文の読み方を学ばせるなど、実学志向は今後もっと強まりそうだ。

     実用性重視の教育にかじを切ったきっかけのひとつが、会話重視の英語の授業だった。1993年以降、英語教育を読解・文法中心から会話中心に転換してきたのだ。その結果、何が起こっているか。榎本氏は読解力や教養を身に付けられていないと指摘する。

     公立高校の入試問題について、20万人のデータをもとに、英語の学力の経年変化を検討した心理学者の斉田智里氏によれば、1995年から2008年の14年間、毎年一貫して英語の学力が低下していることが判明したという。学力の低下の程度は、偏差値にすると7.4という衝撃的な数字だ。たとえば、2008年の偏差値50は、1995年の偏差値42.6に相当することになる。

     こうした英語の学力低下のため、大学でも従来のような英語の文献を用いたゼミが成り立たないといった事態さえ生じている。日常会話はできても文章の読解ができないのだ。

    ●英会話教育の大きな勘違い (省略)
    ●こんな教育ではAI時代は生き残れない(省略)
    ●設問文の意味すらわからない(省略)
     たとえば、「内向的って何ですか?」「事なかれ主義ってどういう意味ですか?」「引っ込み思案って、どういう意味ですか?」「気分が不安定って、どういうことですか?」「むなしいって何ですか?」などといった質問が出る。

     少し前なら学生たちが普通に使っていた言葉が通じなくなっている。そうなると、本を読んでも内容を理解できないのはもちろんのこと、人の話も理解できないことが多くなるだろう。授業中に教師が話す言葉も十分に理解できないのではないだろうか。内容の理解以前に、言葉を理解できていないのである。読解力の乏しさが深刻化しているのは、授業をしていてひしひしと感じるという。

     大学入試を設計する立場にある人たちは、その影響力の大きさを自覚し、子どもたちの知的発達を促す方向に、小中高校の教育が向かうように配慮していただきたいものである。

    中間省略以下ソース
    2020.7.13 4:40
    https://diamond.jp/articles/amp/242870?display=b



    ゆとり学習のせい?日本教育は間違った方向に向いたんだ。


    求人広告
    オンラインサロンの企画・運営サポートメンバー募集
    世界初の権利収入型オンラインサ
    ロンです
    詳細は次のURLをクリックしてご覧ください。
    https://www.easytogo.work/


    【【ピンからキリまでいる大学生】言葉を理解できない大学生が増加】の続きを読む



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    1 蚤の市 ★ :2020/06/28(日) 12:52:05.69

     3歳から恐竜が大好きで「将来の夢はティラノサウルスになること」という宜野湾市立はごろも小学校1年生の池宮城純さん(6)は、このほど、Gakken(学研)の人気恐竜図鑑「恐竜最強王図鑑」に掲載されている「アルゼンチノサウルス」の分類の間違いを発見した。出版社の学研プラス(東京)は純さんの指摘を受け、今後増刷する際に修正する予定だ。

     同図鑑は2016年に第1刷が発行され、3年間で第10刷まで増刷。目黒哲也編集長は「誤りにはこれまで気付かなかった。一生懸命、本を読んでもらっていることに感心した」と指摘を真摯(しんし)に受け止めた。

     新型コロナウイルス感染拡大を受けた4月の休校中に、父の健さんの読み聞かせを聞いていた純さんは、竜脚形類(りゅうきゃくけいるい)に分類されるべきアルゼンチノサウルスが獣脚類(じゅうきゃくるい)と分類されていることに気付いた。健さんは「分からないことがあれば、すぐ調べる姿勢を身に付けてほしかったため、一緒に他の恐竜図鑑と照合して間違いを確認した」と話す。

     純さんは「間違いを発見してとてもうれしかった。将来はティラノサウルスになりたい」とほほ笑んだ。(呉俐君)

    琉球新報 2020年06月28日 05:30
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1145999.html



    沖縄の少年。確か魚図鑑間違いを指摘したのも沖縄の少年だったよね。凄いね。

    【【ほっこりニュース】6歳「恐竜図鑑の間違い見つけた」出版社が修正へ 将来の夢は「ティラノサウルスになりたい」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)

    NO.8440659 2020/05/05 13:10
    東須磨小教員いじめ問題 加害教諭4人が起訴猶予処分の理由
    東須磨小教員いじめ問題 加害教諭4人が起訴猶予処分の理由
    神戸市立東須磨小で教諭4人が同僚をいじめていた問題で、適応障害と診断され、昨年9月から欠勤中だった被害者の男性教諭(25)が4月1日、別の市立小に異動になり、復職した。

    本人が「東須磨での復帰は精神的負担が大きい」と申し入れていた。

    昨年10月、いじめ問題が明らかになると、ワイドショーは連日、被害男性が無理やり激辛カレーを食べさせられ、顔にカレーを塗られる動画を流した。

    同小や市教育委員会に抗議が殺到し、休職していた加害教諭4人が、有給休暇扱いになっていたことが伝えられると、市民から「おかしい」という批判が集中した。

    市は4人の給与を差し止めるため、条例を改正した。

    4人は3月11日、暴行や強要の疑いで兵庫県警に書類送検され、その際、全員が懲戒処分を受けて容疑を認めていることから、厳しい処分を求めない「寛大処分」の意見が付けられた。

    神戸地検は27日、懲戒免職処分となった蔀俊元教諭(34)と柴田祐介元教諭(34)のほか、停職3カ月の女性教諭(45)と減給3カ月の男性教諭(37)を起訴猶予処分とした。

    第三者調査委員会は120を超えるハラスメント行為を認定していた。

    「テレビで動画が流れた瞬間、兵庫県警には『何しとんのや』『捜査せえへんのか』といった抗議の電話が全国から殺到した。あまりにも社会的な影響が大きかったため、特殊な暴行、強要事件ではなかったが、所轄署ではなく、本部長指揮のもと、捜査1課が担当することになった。被害者本人は一貫して『もう一度学校に戻るのが一番の目的なので、あの人たちに厳罰を求めません』と言っていた。ただ病気にまでなったのにあまりにも学校側の対応が不誠実だったため、家族が不満を抱いた。世間が注目した事件のため、検察庁が方向性を決め、県警とすり合わせをしたようです」(マスコミ関係者)

    社会的制裁なども考慮されたそうだが、教員4人による残虐な行為は世間に大きな衝撃を与えたし、誰の目にも「暴行」にしか見えないだろう。


    【日時】2020年05月05日 09:26
    【ソース】日刊ゲンダイ
    【関連掲示板】


    【【不起訴?なぜ?】東須磨小教員いじめ問題 加害教諭4人が起訴猶予処分】の続きを読む



    no title
    no title
    (出典 grapee.jp)
    1 ばーど ★ :2020/02/01(土) 23:37:28.35

    「ママ、意味が分からない…」 小2の息子が持ってきた問題に7万人の大人が『?』

    子供が成長すると日常生活の中で不思議と思う出来事から、学校の宿題まで知らない知識や分からないものを親に尋ねてくることがあるでしょう。

    柑橘系生卵(@syina_namamono)さんも、ドリルの問題を解いていた小学2年生の息子さんから「ママ、意味が分からないから教えて!」と声をかけられたそうです。

    その時のエピソードをTwitterに投稿すると、ネット上ではたくさんの大人が頭を悩ませる事態となりました。

    大喜利を始める大人たち

    投稿者さんの息子さんが「教えてほしい」と持ってきたのは、算数の文章題。

    問題の文章を読んでみると…。


    (出典 grapee.jp)


    ガムは75円です。

    ガムは、クッキーより40円安いそうです。

    チョコレートは何円ですか。

    あれ…クッキーではなくてチョコレートの値段…。

    もしかしたら、この問題の前後にチョコレートの値段につながる問題が書いてあったり、写真には入っていないところにヒントがあったりしたのかもしれません。

    全体が見える写真を見ると…。


    (出典 grapee.jp)


    息子(小2)のドリル、「ママ!意味がわからんのやけど!教えて!!」
    しぃな「………いや意味わからん」 pic.twitter.com/Msmf3Ffksi
    ? 柑橘系生卵 (@syina_namamono) 2020年1月29日
    前の問題は、チョコレートとはまったく関係のない色紙の問題。

    …ということは、この文章題だけでチョコレートの値段を求めなければいけません!

    明らかに、問題の文章だけでは導くことのできないチョコレートの値段。

    きっと問題を作成した人が誤って、『クッキー』と書いてあるべき部分を『チョコレート』としてしまったのでしょう。

    小学2年生の質問に多くの大人が頭を悩ませ、投稿には大喜利のようなコメントがたくさん寄せられていました。

    ・お菓子だけに「おかしな」問題ですね。

    ・きっとチョコレートはおまけだったんだよ!

    ・これは無理!息子さんの「意味が分からない」が正解でいいのでは。

    翌日、先生からドリルのミスが報告される

    息子さんに、「きっと書き間違いだろうけど、先生に確認してみて」と伝えた投稿者さん。

    翌日、算数の先生から「宿題のドリルに間違いがあったようです」と問題文のミスが報告されたようです。

    投稿者さんは、ドリルのミスに関して「問題を作ってる人も人間だから間違えることもある」と息子さんに教えたといいます。すると、息子さんはある勘違いをしていました。

    「コンピューターで作ってるんじゃないの!?すごっ!字めっちゃきれいやん!」

    息子さんは、ドリルの問題を手書きと勘違い。投稿者さんは「そうじゃない」とつっこんだようです。

    ドリルの難題だけでなく、息子さんの勘違いまで楽しむ人が続出した投稿。

    息子さんは、ドリルのミスによってチョコレートの値段は分かりませんでしたが、ドリルが人間によって作られていることは知ることができたでしょう。

    [文・構成/grape編集部]

    出典 @syina_namamono

    1月31日(金)16時12分 grape
    https://news.biglobe.ne.jp/trend/0131/grp_200131_6445809979.html
    https://twitter.com/syina_namamono/status/1222774782057336834
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



    コロナウイルス報道の合間の息抜きにどうぞ。みなさんこのスレに付き合ってくれています。

    【【小2の算数問題】ガムは75円です。 ガムはクッキーより40円安いそうです。 チョコレートは何円ですか・・答えは「?」】の続きを読む



    (出典 feely.jp)


    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/04(土) 18:48:47.47

    最近、エジプト人とイギリス人の男性同僚2人と東京に出張した。

    1週間、ほぼ毎日地下鉄や電車を使い、混んだ車両に乗ることもあったが、2人とも席が空けばまずは私に座らせようとしてくれ、座っている自分の前に女性(年齢はさまざま)やお年寄り(男女問わず)、荷物を持った人などが立ったら、もれなく「Would you like to sit?」と言って、積極的に席を譲っていた。

    そのたびに譲られた側の日本人は最初驚き、まずは遠慮する。それでも同僚たちが構わず立ち上がると、最後は嬉しそうに感謝する。「外人さんは偉いねえ」などと言って彼らをほれぼれと見つめ、降り際に深々と頭を下げるおばあちゃんもいたし、ベビーカーを押して肩身狭そうに乗ってきた若い女性も笑顔で喜んでくれていた。
    .

    椅子取りゲームのように我先に席に座る人たち

    今回の2人に限らず、これまで出張で日本に連れて行った多くの(この10年以上で通算150人以上。主に欧米人だがそれ以外も)男性同僚たちの大多数が同じような状況で反射的に立ち上がり、自分より体力のなさそうな人たちに席を譲るのを見てきた。彼らを見ていると、こういう行為が本能的に身についていて反射的に自然にできているんだなと感じる。おそらくこれは、幼い頃からのしつけと、長年の習慣の賜物だろう。

    一方で日本に帰るたびに気になるのが、電車が到着するや我先にと椅子取りゲームのように小走りに席を取り、座った途端に目をつむる(またはスマホの画面に釘付けになり、周りで何が起きているかを全く見ていない)人がとても多いと感じる。優先席に若者が平気で座っていたりもする。

    そういう光景を見ると、何かとても殺伐とした気持ちになる。日本は通勤が長く残業も多いから、睡眠不足で肉体的に疲れている人が多いのかもしれない。でも本当にそれだけが理由なのだろうか。第一、もしそんなに四六時中誰もが疲れているとしたら、そのこと自体が問題なのではないか。

    最近しばしばソーシャル・メディアなどでも話題になるが、混んだ電車にベビーカーを押した女性が乗ろうとすると、助けるどころか舌打ちしたり、あからさまに迷惑そうな顔をしたり、「ベビーカー畳めよ」という反応をする人が珍しくない。見ていると、体の不自由な人、妊婦、老人など、肉体的に弱い人々に対しても冷淡な場合が多いと思う。冷たいというか、存在自体を静かに無視しているように見える。


    意外にも日常的に席を譲られるニューヨーク

    私はニューヨークに住んで20年以上になる。基本この街でも人々は忙しいので、みんな自分のことで精一杯だし、他人のことにあまり関心はない。

    ニューヨークでは東京よりもはるかにインフラがくたびれており、エスカレーターもエレベーターもない地下鉄の駅がいまだに多い。そういう駅で、ベビーカーを押した女性や体の不自由な人がいると、見ず知らずの人同士が「ヘイ、手伝おうか?」「ほら、あんたもちょっと手貸して」という感じで自然発生的にチームになって、助けてあげている光景にしばしば遭遇する(手伝ったあとは何事もなかったかのようにアッサリ別れていく)。

    このような、アメリカに住む人たちの、ボランティア精神旺盛で、半ば強引で、もしかしたら日本では「おせっかい」と言われそうな行動や、同僚たちの日本の電車における積極的な親切さを見るにつけ、この違いは一体どこからくるのかと常々疑問に思っていた。

    こうした想いを1月にこうツイートした。

    「今日ニューヨークの混んだ地下鉄で席を譲ってくれようとした若者がいて、その時思った。東京に2週間ちょっといた間、毎日電車に乗ったけど、一度も席を譲ってくれようとする男性(私にであれ、近くに立ってる人であれ)に会わなかったな。」

    実際ニューヨークで席を譲られることは比較的よくあることで、このツイートの2日後にも地下鉄で、2人の乗客に対して「Do you wanna sit?」と席を譲ろうとしている女の子がいた。
    .

    「倒れたけど、誰も助けてくれなかった」

    だが驚いたのはこのツイートに対する反響だった。2日で1000以上のLikeと多くの個別メッセージが届いた。多くの女性が「わかる!」という(いくつか「妊婦時代は譲ってもらっていました」というポジティブなコメントもあった)一方で、「女だからって譲られるのを当然と思うのは変だ」


    全文はソース元で
    1/4(土) 12:10配信
    ビジネスインサイダージャパン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200104-00000002-binsiderl-soci

    ★1 2020/01/04(土) 16:13:43.14
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578125891/



    レディーファーストは日本の社会では根付かないでしょう。昔の女性は男の前にしゃしゃり出てはいけないと教育されていた。更に現在は女性が強くななり、むしろ女性が男性を支える社会になりつつある。欧米の騎士道は女性を大事にする。日本の武士道は黙って男に従えと言う精神。

    【【これでは”おもてなし”不可能】席を譲らない日本人 レディーファーストを知らない日本人】の続きを読む

    このページのトップヘ