日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:政治 > 税金の無駄使い






    (出典 hochi.news)



    今回は安倍さんの立場弱すぎ。もしかしたら首相の天下の宝刀を出して、衆議院解散総選挙に打って出る可能性あり。
    加計学園・ベネッセは公私混同。友達優遇している。今回の「桜を見る会」も公私混同と言えますね。どこまで野党が追及できるか?
    安倍さんが危なくなったら解散総選挙だね。

    1 Toy Soldiers ★ :2019/11/13(水) 18:19:13.56

    夜は政治スレOK

     立憲民主、国民民主、共産各党などが12日、首相主催の「桜を見る会」の追及チームを始動させた。
    税金を投入した会が安倍晋三首相や自民党議員に私物化された疑惑があるとして後半国会最大の焦点と位置づけるが、会は旧民主党政権でも行われ同党議員の後援会幹部も招待されたとの証言がある。
    旧民主の流れをくむ現在の野党も「返り血」を浴びかねないが、政権打倒に向け「ブーメラン」覚悟で追及する構えだ。(中村智隆)

     「首相が公金で公的行事を私物化したのかについて事実を解明していく」

     立民の黒岩宇洋衆院議員が12日、追及チームの初会合でこう述べると、共産の田村智子参院議員も「私たちの税金で何をやってくれたんだという国民の怒りがある」と歩調を合わせた。

     会の問題は、田村氏が8日の参院予算委員会で大きく取り上げた。平成26~31年の会の予算額が毎年1766万円だったのに対し、支出額は26年の3005万円から31年は5518万円に急増したと指摘した。政府は来春の開催に向け約5700万円を要求。テロ対策の強化などを理由に挙げている。

     田村氏は、都内のホテルで地元・山口県の後援会員らが首相夫妻を囲む盛大な「前夜祭」が行われ、「後援会活動そのもの」とも指弾した。立民の安住淳国対委員長は12日、「山口県から今年だけで800人を超える後援会の会員が来ている」と明言した。

     立民の枝野幸男代表も素早く反応した。田村氏の質問についてツイッターに「党派を超えて、数年に一度の素晴らしい質疑だった」と投稿。12日の党会合では「説明責任から逃げ回ってきている首相が逃げようと思えば、遠からず『桜疑惑解散』に打って出る。備えを強化していかなければならない」と語った。

     会に出席していない共産はともかく、立民や国民の母体である旧民主政権の鳩山由紀夫首相は平成22年4月に開催していた。東日本大震災や北朝鮮のミサイル発射対応で中止になったが、旧民主政権下の23、24両年も開かれる予定だった。

     旧民主出身の現職議員は22年の会について「20人くらい後援会関係者を集めさせられた」と証言する。当時、ブログで後援会幹部が出席したと記した議員や、会に来た支援者とみられる人々の写真をホームページに掲載した議員もいた。

     ある立民関係者が「旧民主政権の時に後援会固めに使うよう党から指示があり、招待者リストを出した。その後、党経由で首相から招待状が届いた」と振り返るように、一定の支援者を招く構図は安倍政権と何ら変わらない。当時、会の開催自体への目立った異論もなかった。

     しかし、野党の執行部には、こうした過去を直視する気配がない。

     今回の疑惑に絡んで野党側は政府が招待者名簿を廃棄したことを問題視しているが、12日の記者会見で鳩山政権下の名簿の管理状況などを問われた立民の福山哲郎幹事長は「承知していない」と回答。
    「われわれは立憲民主党だ。普通は把握しない」と述べ、立民と旧民主は「別物」だとして改めて調べる必要はないとの認識も示した。

     野党は国会で閣僚の相次ぐ不祥事などの問題点を批判してきたが、国民の反応は今ひとつ。最新の報道機関の内閣支持率も堅調だった。こうした苦境を打破すべく、立民は返り討ちに遭う覚悟で共産と“統一戦線”を組む考えのようだ。立民幹部は開き直ったかのようにこう強調した。

     「ブーメランにかまわず突っ込むよ」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000627-san-pol

    関連スレ
    【速報】桜を見る会 民主党の鳩山元政権時代 「地元後援会の幹部を50人呼んだ」 
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573627286/

    【スクープ】民主党政権も「桜を見る会」に後援会や県連を招待 立憲の世田谷区議はじゃんけんで参加  れいわ新選組にも飛び火★4 
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573556039/

    【スクープ第2弾】民主党政権の「桜を見る会」、議員家族も参加 黒岩、菊田、森ゆうこ議員の家族も出席 
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573615615/


    【【連立共産党】立憲、「桜を見る会」で共産と共闘戦線 立憲幹部「ブーメランにかまわず突っ込むよ」 】の続きを読む






    (出典 i.ytimg.com)



    「桜を見る会」招待基準を明確化 「私物化」批判受け政府
    菅義偉官房長官は12日の記者会見で、公費で首相が主催する「桜を見る会」の招待客について、選定基準の明確化を検討する考えを示した。明確化の必要性を問わ…
    (出典:政治(共同通信))



    またブーメラン。桜を見る会は来年から中止。国会でもっと大事な審議があるんだろう。

    1 Toy Soldiers ★ :2019/11/12(火) 14:23:28.34

     8日の参議院予算員会で、日本共産党の田村智子議員が安倍政権の「桜を見る会」に功績・功労者とは言えない地元後援会などの人間を多数呼んでいるとして追及。
    立憲の枝野代表からは「数年に一度の素晴らしい質疑」として絶賛されている。
     しかし、当サイトで調査したところ質疑では触れられなかった民主党政権の桜を見る会にも後援会や民主党県連の関係者が多数参加していることが判明した。
    2017年の衆院選で立憲民主党から出馬した井戸まさえ元衆院議員は該当するブログ記事をここ最近削除しているが、
    赤旗の調査取材でも該当記事に行き着いたはずだが予算委員会では「安倍首相が」と連呼し、これには一切触れていない。
     以下が削除されたブログだが、当サイトでは他にも同様の事例を見つけたので後述する。

    またもや、「あり得ない」。 外は雪、だ。雨、だ。いや、ミゾレか? 今日は総理主催の「桜を見る会」が開催され、全国から招待された約1万人の方々が新宿御苑に集まる。
    晴天以外を考えていなかったのは、ワタクシだけではあるまい。 神戸から後援会長ご夫妻&相談役ご夫妻もいらしているというのに、これでは(涙)。
    ぐしょぐしょ(下は芝生)、びじょびしょになりながら、総理の挨拶を聞きに広場に集まる。
    「晴れた時に人は集まるが、雨の時に集まってくれる友こそ真の友。 皆さんは鳩山政権の『雨天の友』です」(by鳩山総理) 本当にそうだと、誰もが納得したと思う。
    あの状況で集い、笑顔でいてくれるのは、真の友、真の後援者以外あり得ない 全国の「えりこファン」からの写真撮影要望で、
    ずっと同じ桜の下で笑顔を作り、身体がすっかり冷え冷えになった福田えりこ議員からSOS?(笑) 井戸まさえ元議員のブログ

    (今は削除されたブログが再公開されてる)

    続きソース
    https://ksl-live.com/blog27166

    ★1:2019/11/12(火) 11:34:58.58
    ※前スレ
    【スクープ】民主党政権も「桜を見る会」に後援会や県連を招待 立憲の世田谷区議はじゃんけんで参加  れいわ新選組にも飛び火★2 
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573529957/


    【【ブーメランが好きな野党】民主党政権も「桜を見る会」に後援会や県連を招待 立憲の世田谷区議はじゃんけんで参加  れいわ新選組にも飛び火★3 】の続きを読む






    (出典 www.zakzak.co.jp)



    「桜を見る会」「園遊会」も止めること。税金を無駄使いしないで欲しい。こんな無駄な会を止め、大臣の給与を少し下げることで、消費税をあげる必要はなかったのでは?

    1 1号 ★ :2019/11/11(月) 23:51:07.00

     毎年4月に開催される「桜を見る会」の支出額が年々増加しており、安倍晋三首相や閣僚の後援会関係者が多数招待されている――8日の参議院予算委員会で、共産党の田村智子議員が指摘した。

    「桜を見る会」は、各界で功績を上げた人や著名人を招待するもので、飲食費を含めた開催費用は公金、つまり血税から支出されている。
    .
    ■税金で賄われる開催費、今年は5520万円

     田村議員は、まず会の参加者数と支出額が年々増えていると指摘した。

    「2014年見ると参加者1万3700人、支出額3005万円、予算の1.7倍です。ここから伸び続けて今年は参加者1万8200人、支出額5520万円。予算の3倍を超えました。驚くのは来年度の要求額ですね。先の国会で予算とかけ離れていると批判されたからなのか、今年度の支出額を超えて5730万円を要求しているわけなんです」

     公費からの支出も参加者の数もわずか6年で倍近くになっている。一体、どのような人々を招待しているのか。

     桜を見る会の開催要領によると、招待範囲は、皇族や各国大公使、最高裁判所長官都道府県の知事および議会の議長等の一部となっている。内閣府によると、これらの人数は、一貫しておよそ2000人だという。人数が増えているのは「その他各界の代表者等」に該当する参加者が増えたからだ。
    .
    ■閣僚経験者らが後援会関係者を招待

     この「その他各界の代表者等」には、本来は各界で功績を上げた人物や著名人が含まれることになっている。しかし議員の後援会関係者らも多数含まれるのだ。例えば、稲田朋美衆院議員は、「日々の活動報告」(2014年4月12日)の中で「地元福井の後援会の皆様も多数お越し下さり、たいへん思い出深い会となりました」と書いている。

     松本純衆院議員にいたっては、「国会奮戦記」で「役職ごとに案内状が割り当てられます。今回は限られた少数の案内しか入手できず、残念ながら後援会の皆様にご案内することができず、やむなく我が陣営は不参加」(2013年4月20日)、「選挙のうぐいす嬢の皆様をはじめ、後援会の皆様と参加いたしました」(2015年4月18日)としている。この記述が事実なら、公費で開催されているにもかかわらず、自民党の議員は、案内状を割り当てられていることになる。2015年にはウグイス嬢の分まで案内状を入手できたのは、松本議員が党内でより高い役職についたからかもしれない。

     また、長尾たかし議員はツイッターで堂々と「地元大阪支援者の皆さまをご招待、お招きしました」と発言。

     これではまるで「自民党の行事」である。なぜここに税金が5000万円以上使われているのか? おかしいにも程がある。

     田村議員の指摘に対し、安倍首相は「桜を見る会は、各界において功績・功労のあった方々をですね、各省庁からの意見を踏まえ、幅広く招待をしております」と釈明していたが、自民党議員の地元支援者や後援会の関係者に「各界の代表者」に匹敵するだけの功績があるのか。あるのであれば、それを証明すべきであろう。

    ■招待された山口県議会議員「安倍首相には長く政権を続けてもらいたい」

     安倍首相が、自身の後援会関係者を招待していたこともわかっている。山口県の友田有(たもつ)県議会議員は、2014年5月1日付けのブログで、「4月12日に安倍首相が主催する『桜を見る会』に行って参りました」と報告している。

    「次の日、まさに春爛漫の快晴の中、新宿御苑において『桜を見る会』が開催されました。早朝7時30分にホテルを出発し貸切りバスで新宿御苑に向かい、到着するとすぐに安倍首相夫妻との写真撮影会が満開の八重桜の下で行われました。(中略)

     安倍首相には長く政権を続けてもらい、今後もずっと『桜を見る会』に下関の皆さんを招いていただきたいと思い新宿御苑をあとにしました」

     山口県周南市の藤井律子市長も「日々の想い」(2018年5月8日)で「桜を見る会」に出席したことを報告していた。
    .
    ■「選挙法違反になるようなことを税金を利用してやっている」

    以下ソース先で

    11/10(日) 8:31
    HARBOR BUSINESS Online
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191110-00205986-hbolz-soci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    関連スレ
    【国民】#玉木代表 安倍首相主催の「桜を見る会」追及へ…「税金を使った買収に見える」
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573371735/

    ★1が立った時間 2019/11/10(日) 18:56:28.19
    前スレ
    【血税】#安倍首相 主催「桜を見る会」で後援会関係者をおもてなし 5520万円の支出 許されない公金の私物化★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573422455/


    【【許されない公金の私物化】安倍首相 主催「桜を見る会」で後援会関係者をおもてなし 5520万円の支出】の続きを読む

    このページのトップヘ