日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:海外 > 米国関係



    (出典 gendai.ismedia.jp)


    NO.8022294 2019/12/13 14:24
    第2次朝鮮戦争の可能性高い 米仏識者が警告
    第2次朝鮮戦争の可能性高い 米仏識者が警告
    政治学者でクリントン政権の国防次官補を務めたグレアム・アリソン米ハーバード大教授は12日、日本アカデメイア第1回「東京会議」で、米国との対立が深まる北朝鮮の核ミサイル問題をめぐり「第2次朝鮮戦争が起きる可能性が高まっている」と警告した。

     アリソン氏は情勢を「非常に危険な展開」と指摘。

    年末を期限に米側に制裁解除など譲歩を迫る金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が今後数週間以内に何らかの方針を発するとの見通しを示した。

     北朝鮮が米本土の脅威となる大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射や核実験を続けた2017年11月までの状態に復帰した場合、トランプ米大統領がミサイル発射台破壊など軍事攻撃を命じる用意があると指摘。

    「第2次朝鮮戦争」に進む確率は「50%以上ではないが、かなり大きな可能性がある」と語った。



    【日時】2019年12月12日 18:13
    【ソース】産経新聞
    【関連掲示板】


    トランプなら北朝鮮のミサイル基地を爆破しそう。そうなると韓国軍も参加することになって第二次朝鮮戦争になる可能性はある。しかし、核が北から発射される可能性もある。戦争は回避して欲しい。


    【【まじ?】第2次朝鮮戦争の可能性高い 米仏識者が警告】の続きを読む






    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    こんな話があるのか?これで本当にこの女性が勝訴したら、同じ様なことを考える人が現れると思うが・・。

    1 豆次郎 ★ :2019/11/12(火) 03:14:18.87

    2019年11月11日 23時00分

    by Rawpixel

    アメリカの裁判所が28歳の億万長者の男性に対し、40歳の元ホテル勤務の清掃員である女性に「子どもの養育費」として200万ドル(約2億1810万円)の支払いを命じました。男性との間にもうけた子どもの母親として裁判の公聴会に出席した女性は、男性と*しことがないと公言すると共に、男性の子どもを出産した経緯を赤裸々に語ったとのことです。

    Hotel cleaner who stole millionaire’s sperm from a used condom won child support battle – LiveTimes9ja
    https://www.livetimesng.com/hotel-cleaner-who-stole-millionaires-sperm-from-a-used-condom-won-child-support-battle/

    4歳の男の子の母親であるジェーンさんは、子どもが生まれる前はラスベガスのホテルで清掃員として働いていました。ジェーンさんはホテルの一室で当時24歳の男性が残した銀行取引の明細書を発見し、宿泊客の男性が億万長者だということに気づきました。そして、明細書と一緒にごみ箱から発見されたのが、精液が詰まった使用済みコンドームです。


    公聴会に出席したジェーンさんは、「明細書とコンドームを目にした時、大金持ちとの間に優秀な子どもができればどんなにいいかと思いました」と語ると共に、清掃作業中に使用済みコンドームに入った精液を自分の膣に流し込んだことを明らかにしました。

    その後男の子を出産したジェーンさんは、子どもに宿泊客の男性にちなんだ名前を付けたとのこと。そして子どもを産んでから3年後に、男性を相手に父親としての責任を追及する裁判を起こしました。裁判では男の子の父子鑑定が行われましたが、その結果は「男の子の生物学的な父親は、確かに宿泊客の男性である」というもの。

    父子鑑定の結果を受けて、裁判所は男性に対し「子どもを養育しなかった期間の養育費として、子どもの母親に200万ドルを支払うように」と命じました。ここで命じられた養育費はあくまで「子どもが生まれてからの3年間分」であるため、今後男性は子どもが成人を迎えるまでのさらなる養育費の支払いを命じられる可能性もあります。


    こうして首尾良く「億万長者との間に生まれた子どもの保護者」としての地位をゲットしたジェーンさんは、ホテルの清掃員の仕事を辞めて複数のベンチャービジネスを立ち上げたとのこと。一方、男性の弁護士は「子どもの母親がクライアントの体液と個人情報を不正に入手したことに対して、法的措置を講じる予定です」と話し、対抗する姿勢を見せています。

    https://gigazine.net/news/20191111-used-condom-sperm-millionaire-child/

    (出典 i.gzn.jp)


    【会ったこともない億万長者の子どもを産んだ女性が養育費2億円をゲット なんと使用済みコンドームに入った精液を自分の膣に流し込む手法】の続きを読む






    (出典 assets.media-platform.com)



    軍用犬が人間を守っているのですね。犬の老後も誰かに飼ってもらえるそうです。


    NO.7921485 2019/11/02 18:05
    IS指導者を追い詰めた軍用犬コナン、脚光浴びる米軍の軍用犬とは
    IS指導者を追い詰めた軍用犬コナン、脚光浴びる米軍の軍用犬とは
    冷戦の時代から、米軍の兵士たちは高度な訓練を受けた犬とともに働いてきた。

    そして、多くの犬が爆発物や敵の陣地を探り当て、パートナーである兵士「ハンドラー」の安全を守ってきた。

    10月28日、軍用犬のコナンが、過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者アブバクル・バグダディ容疑者を追い詰めたヒーローとしてたたえられた。

    コナンの犬種はベルジアン・シェパード・ドッグ・マリノア。

    容疑者を洞窟の奥に追い込み、急襲作戦の成功に大きく貢献したという。

    コナンのような軍用犬が命を救う兵士の数は、1匹当たり推定150〜200人とされる。

    かつて軍用犬は道具のように扱われ、役目を終えると、多くの犬が安楽死させられていた。

    しかし近年、軍用犬として繁殖された犬でも、それまでの働きをねぎらう方向へと変化している。



    【日時】2019年11月02日 12:11
    【ソース】ナショナルジオグラフィック
    【関連掲示板】


    【IS指導者を追い詰めた軍用犬コナン、脚光浴びる米軍の軍用犬とは】の続きを読む

    このページのトップヘ