(出典 up.gc-img.net)


1 みなみ ★ :2019/12/28(土) 19:08:50.59

12/28(土) 16:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191228-00000012-pseven-life

結婚の「分岐点」をレポートするシリーズ。今回は、婚活中の多恵子(たえこ)、38歳の場合。婚活アプリで42歳の男性と出会ったが、「清潔感」の相違が破局への引き金となった。寒い冬は鍋の季節。共に鍋をつつけない相手との恋愛は可能か?

【写真】掃除が苦手な似た者同士だったが

◆メッセージをくれるのは50代以上ばかりの中で

 都内の企業に法務系の専門職として勤務する多恵子さん、38歳。自宅に暮らし、堅実な生活を送る一方で、趣味は旅とグルメ。休みが取りやすい職場のため、国内外、年に10回以上、旅行に行く。一人旅も好きだが、そろそろ一緒に行くパートナーをという気持ちが募り、婚活サイトに登録した。

「アラフォーは難しいですね。年上がイヤというわけではないのですが、やっぱり同年代のほうが話が合うかなと思うんです。でも、メッセージをくれるのは50代以上ばかり。そんなときに、彼からメッセージをもらい、あ、若い、新鮮だなと」

 それが、フリーランスでITエンジニアとして働く幸也(ゆきや)さん、42歳だった。組織は性に合わず、フリーランスという働き方を選んでいる点も、長年会社勤めをしてきた多恵子さんには新鮮に映ったという

以下ソース



38歳OLが独身でる理由が良くわかりますね。潔癖症ですか。一生独身のままでしょう。

【【婚活破断理由】婚活相手の鍋の直箸にキレた38歳OL潔癖症】の続きを読む