日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:話題 > 騒音問題



    (出典 www.j-cast.com)


    NO.8061449 2019/12/30 18:04
    除夜の鐘、クレーム受け中止へ つるの剛士の痛烈な『皮肉』にゾッとする
    除夜の鐘、クレーム受け中止へ つるの剛士の痛烈な『皮肉』にゾッとする
    毎年、大晦日の深夜に聞こえてくる『除夜の鐘』の音。人間の煩悩を払うべく、108回鐘を突く除夜の鐘は、日本の風物詩の1つです。

    しかし、そんな日本の年越しに欠かせない除夜の鐘が消えつつあるといいます。

    産経ニュースでは、除夜の鐘をめぐるトラブルについて紹介。檀家の減少により除夜の鐘の行事が手伝う住民らの大きな負担になっていることや、地域住民からの苦情などがあるといいます。

    寺の檀家の減少や高齢化の影響もある。

     千葉県松戸市の広竜寺では、大みそか深夜から元日未明にまたがる除夜の鐘の行事が、手伝う住民らの大きな負担になっているなどの理由で、今年から中止するという。

     福岡市の東長寺は昨年から鐘を突く時間を夕方に変更したが、その決断の背景にはやはり、元日の未明まで手伝ってくれる住民らの疲労などもあるという。

     全日本仏教会によると、除夜の鐘にとどまらず、法要や祈祷(きとう)に対しても「騒音だ」という苦情が各地で寄せられているという。

     担当者は「各寺院は地元に根づいているので、苦情を寄せる人も『騒音』を承知の上で住み始めたのではないのか」と疑問を呈しつつも、音の感じ方は人によっ..



    【日時】2019年12月29日
    【ソース】grape


    【除夜の鐘クレームで中止 つるの剛士の痛烈な『皮肉』 次のクレーム対象は”せみ”】の続きを読む



    (出典 www.chisan.or.jp)


    1 ニライカナイφ ★ :2019/12/17(火) 17:08:04.46

    ◆ 「運動会の花火」「除夜の鐘」に苦情多数で禁止拡大の不寛容

    うるさいから止めろ、と言われても、音を出す側に相応の理はある。
    だとしても騒音と断じられてしまうのか。

    たとえば、運動会の始まりを告げる花火。
    主に宮城県など東北6県では、運動会のみならず、収穫の秋を祝う町内の祭りなどの行事を行う合図として、古くから用いられてきたという。

    それがここ数年、住民たちの苦情で、取り止めになる例が相次いでいるのだ。
    地方紙記者が解説する。

    「“夜勤明けで眠れない”などの住民からの抗議で、今年の運動会では仙台市内に186ある小中学校のうち、約半数の90校で打ち上げを見送りました。
    確かに早朝から花火の音が響き渡れば迷惑だと思われるかもしれませんが、この合図は明治以来続く地域の伝統的な慣習です」

    お隣の福島県でも、同様の事態が起きている。
    福島市では、昨年から住民の苦情が市役所に寄せられ、今年は二つの小学校で花火の打ち上げを見合わせた。

    市教委の担当者が言う。
    「苦情で取り止めたわけではなく、あくまで現場と協議して、メールなど別な方法でも運動会の開催を周知できるという判断から、午前6時台に行っていた花火を取り止めました。
    本番が始まる8時台の花火は例年どおり実施しました」

    運動会も秋祭りも年に1回限りの行事である。
    なにも毎朝、花火が打ち上がっているわけではないのだ。

    年1度と聞けば、まもなく迎える大晦日でも不寛容の声が鳴り響く。
    東京・小金井市にある曹洞宗の寺院・千手院は、除夜の鐘を5年前から止めたそうだ。

    「近隣の方から苦情が来て裁判所で調停が開かれたのですが、100万円かかる防音パネルを設置しなくてはならなくなりました。
    音が遠くまで聞こえなくなるし不自然なので、今年も鳴らすことはありません」(住職)

    同じく住民の抗議を受けながら、鐘を復活させたのは真宗大谷派の大澤寺(だいたくじ)(静岡・牧之原市)である。
    住職の今井一光氏(61)はこう話す。

    「百八十度発想を変え、正午から除夜の鐘を突く予定です。
    昨年も日が高いうちに鳴らしたところ好評で、近隣から苦情も来なくなりました。
    昼間の方が明るいし寒くないので、今まで足を運び辛かったお年寄りや子供たちも、気軽に鐘を突けるようになりました。
    お手伝いに来る婦人部の方も、夕方は家でおせちの準備ができると喜んでいますね」

    まさに「災い転じて福と為す」というワケだが、夜に鐘の音を聞きながら年越し蕎麦を啜る光景が、ここでは見られなくなってしまったのもまた事実。
    世間を覆う禁止拡大の波は、収まる気配が見えないのだ。

    「週刊新潮」2019年12月12日号 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191215-00597535-shincho-soci

    ★1が立った日時:2019/12/15(日) 08:03:08.55
    【社会】「運動会の花火」「除夜の鐘」に苦情多数で禁止拡大の不寛容★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576371683/



    除夜の鐘くらい良いではないか。毎晩ならば分かるけど、年1回だよ。しかも、後から寺の近所に移転してきたんだろう。

    【【寂しいね!不寛容社会】住民「除夜の鐘うるさい」⇒裁判所「100万円の防音パネルつけなさい」⇒お寺「やめます」「日中に鳴らします」】の続きを読む






    (出典 image3.homes.jp)



    IRの駅前らしいが住宅街だそうだ。この環境ならば、反対されるだろう。隣に分譲マンションが建設されるような場所だから、諦めた方が良いね。

    1 ばーど ★ :2019/11/05(火) 00:45:14.34

     JR西金沢駅前で計画されているライブホールの建設をめぐり、開発業者が住民対象の説明会を開きました。しかし両者の溝は埋まりませんでした。

     JR西金沢駅前の空き地で建設が計画されているライブホール「Zepp」。新たな賑わいづくりへの期待の声が上がる一方、建設予定地の近くに住む住民は治安の悪化や騒音を理由に計画に反対しています。

     事業者の西松建設が4日開いた住民への説明会。周辺3つの町会や商店街などから120人が参加しました。

    <住民側(説明会で)>
    「治安が悪くなると思う。子どもを大事に育てたいので、何かあったらどう責任をとってもらえるのか?」

    <西松建設側(同)>
    「警察とは正直、ライブホールができるから治安が悪くなるという協議にはなっていない」

    西松建設の担当者:
    「出来上がった後の不安の声がほとんどだった。納得してもらえるような施設を目指していきたい」

    住民:
    「住民のことを考えていないんだなと感じる。溝は逆に深くなった」

     事業主は2021年の開業を目指していますが、住民との溝が埋まる道筋は見えていません。

    11/4(月) 20:10
    石川テレビ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00001662-ishikawa-l17

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ★1が立った時間 2019/11/04(月) 23:22:24.22
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572877344/


    【【金沢】ライブホールZepp建設で説明会 反対住民「治安悪くなる 子供に何かあったらどう責任をとってもらえるのか?」】の続きを読む






    (出典 www.aprc-it.com)



    一戸建てでない限り音の問題は解決することはありません。お互いに気を付けて生活するしかないでしょう。この隣人は異常ですね。大家や不動産屋に言うべきです。

    1 みなみ ★ :2019/10/26(土) 18:23:41.02

    2019年10月26日 17時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17290005/

    隣室からの生活音をめぐるご近所トラブルは多々ある。防音性の低いアパートの場合はなおさらだ。

    今回は、東京都に住むTさん(女性、年齢不明)が、一人暮らしで都内のアパートに引っ越した際に体験したエピソードを紹介しよう。

    引っ越し当日、夜に手伝ってくれた友人たちと部屋で食事を共にしていたTさん。すると、少々にぎやかだったのか隣室から苦情が入ってしまったそうだ。

    もちろん、謝罪の上すぐに解散したのだが、このことがきっかけになったのか、悪夢のような新生活を送ることになって...。

    「大家に言っても無駄だからな!」

    一人暮らしで都内の駅近の1K6畳のアパートに引っ越した時の話です。引っ越し当日、友人4、5人がお手伝いをしてくれたため、夜にみんなで引っ越し祝いがてら食事をしていました。

    すると、ピンポーンとインターホンが鳴り、出ると隣の住人からの苦情でした。たしかに友人たちと盛り上がっていたので、自分に非があります。謝ってその後すぐに友人たちと解散しました。しかし、その次の日から、家に帰ると毎日隣人が苦情を言いに来るようになったのです。

    職業柄(美容師)帰宅時間は遅く、それだけで生活音など迷惑かけてしまうことは自分でも理解していたので、自分なりに努力していました。ですが、そーっと家に入り、トイレに入り、小さな音でテレビを付けても、ピンポーンと苦情を言いに来ます。

    「テレビは、イヤホンで聴け!!」と言われたり、行動の一部始終について延々と苦情を言います。大家さんに相談したこともあったのですが、そのことを知った隣人は、

    以下ソースで


    【【生活音トラブル】「『テレビはイヤホンで聴け!』と大暴れ。些細な生活音で激怒するクレーマー隣人に絶望」(東京都・年齢不明女性)】の続きを読む

    このページのトップヘ