(出典 www.j-cast.com)


NO.8061449 2019/12/30 18:04
除夜の鐘、クレーム受け中止へ つるの剛士の痛烈な『皮肉』にゾッとする
除夜の鐘、クレーム受け中止へ つるの剛士の痛烈な『皮肉』にゾッとする
毎年、大晦日の深夜に聞こえてくる『除夜の鐘』の音。人間の煩悩を払うべく、108回鐘を突く除夜の鐘は、日本の風物詩の1つです。

しかし、そんな日本の年越しに欠かせない除夜の鐘が消えつつあるといいます。

産経ニュースでは、除夜の鐘をめぐるトラブルについて紹介。檀家の減少により除夜の鐘の行事が手伝う住民らの大きな負担になっていることや、地域住民からの苦情などがあるといいます。

寺の檀家の減少や高齢化の影響もある。

 千葉県松戸市の広竜寺では、大みそか深夜から元日未明にまたがる除夜の鐘の行事が、手伝う住民らの大きな負担になっているなどの理由で、今年から中止するという。

 福岡市の東長寺は昨年から鐘を突く時間を夕方に変更したが、その決断の背景にはやはり、元日の未明まで手伝ってくれる住民らの疲労などもあるという。

 全日本仏教会によると、除夜の鐘にとどまらず、法要や祈祷(きとう)に対しても「騒音だ」という苦情が各地で寄せられているという。

 担当者は「各寺院は地元に根づいているので、苦情を寄せる人も『騒音』を承知の上で住み始めたのではないのか」と疑問を呈しつつも、音の感じ方は人によっ..



【日時】2019年12月29日
【ソース】grape


【除夜の鐘クレームで中止 つるの剛士の痛烈な『皮肉』 次のクレーム対象は”せみ”】の続きを読む