日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:話題 > お祭り



    (出典 sunshine4424.com)


    NO.8073600 2020/01/04 02:05
    紅白 歴代最低の視聴率 企画多くハイライト不在、メドレー連発の歌唱曲
    紅白 歴代最低の視聴率 企画多くハイライト不在、メドレー連発の歌唱曲
    昨年大みそかに放送された「第70回NHK紅白歌合戦」(NHK総合)の平均視聴率が歴代最低となる37・3%(第2部、関東地区)を記録したことが2日、分かった。

    40%の大台を切るのは、過去70回のうち6度目。

    ラグビーW杯日本大会準々決勝・日本−南アフリカ戦(10月20日、41・6%)にも及ばず、令和初の紅白は“完敗”に終わった。

    (数字は関東地区、ビデオリサーチ日報調べ)平成最後となった一昨年の第69回は、第2部で2年ぶりの大台となる41・5%をマーク。

    松任谷由実とサザンオールスターズの夢競演が実現し“神回”とも称されるなど、改めて「紅白」の底力を見せつけたはずだったが、その勢いを継ぐことができなかったのはなぜか。

    前回を引き合いに考えると、ハイライト不在の印象を受けた。

    様々な企画やサプライズを設けてはいたが、“クライマックス感”が薄く、盛り上がりのポイントがつかめないまま淡々と番組が終了してしまった感は否めない。

    アーティストたちの歌唱曲もどうか。

    メドレーが相次ぐなど、「本当に聴きたい歌」が二の次になっていなかったか。

    じっくり歌を聴かせるという意味で、視聴者..



    【日時】2020年01月03日 05:59
    【ソース】デイリー
    【関連掲示板】


    【【紅白 歴代最低の視聴率】 面白くないと超不評 バラエティ番組化?】の続きを読む






    (出典 yakky-k.com)



    ハロウィンも日本の風習にはない行事だし、単に仮想するだけだと空しくなるのでは。

    1 すらいむ ★ :2019/11/06(水) 11:40:46.03

    渋谷ハロウィーン、ピーク過ぎたか 学生が感じた空虚さ

     若者はなぜ渋谷だけで*騒ぎするのか――。
     一橋大の学生13人は、そんなテーマでこの1年、ハロウィーンの研究を続けてきた。
     無縁だったはずの渋谷ハロウィーンに2年続けて身をゆだねた「品行方正」な学生は、そこにある変化を感じ取っていた。

     10月31日深夜。
     記者は、指導した松井剛教授やゼミの学生と渋谷の街にいた。

     渋谷駅付近は仮装した若者たちで混み合い、ものものしい警備が続いていた。
     文化村通りや道玄坂は警備車両でふさがれてすべての車両が通行止めになり、スクランブル交差点では機動隊員が笛で横断者を誘導している。

     あまりの人の多さに圧倒されたが、ゼミ生の吉原なつめさん(22)は「今年は人が少ないですね」。
     昨年は満員電車並みに混雑しており、センター街に入れなかったという。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    朝日新聞DIGITAL 2019年11月6日11時30分
    https://www.asahi.com/articles/ASMC63CLMMC5UTIL023.html


    【渋谷ハロウィーン、ピーク過ぎたか 学生が感じた空虚さ 】の続きを読む






    (出典 hochi.news)



    こんな状況ではそうするしかないよね。この提案には大賛成。

    NO.7920798 2019/11/02 12:24
    渋谷ハロウィン、来年は商店街の入り口を封鎖も
    渋谷ハロウィン、来年は商店街の入り口を封鎖も
    ハロウィーンで仮装姿の若者らが集まった東京・渋谷は、トラブルが相次ぎ、警視庁渋谷署は1日、痴漢や窃盗、公務執行妨害などの疑いで、10月31日夜〜1日未明に計9人を逮捕した。

    騒ぎが続いたハロウィーンから一夜明け、渋谷センター商店街振興組合小野寿幸理事長が日刊スポーツの取材に応じた。

    昨年は軽トラックを横転させる事件や痴漢など逮捕者も続出。

    これを受け渋谷区は今年、騒動への対策、警備関係で約1億3000万円の予算を計上したが、小野氏は「1億円の意味はなかった。通常営業できないなら意味がない」と嘆いた。

    区は今年6月、期間中の路上飲酒などを禁じる条例を施行。

    小野氏は「条例のおかげで飲酒は少なくなった」と話したが、「お金は被災地に使え」など多くの反発も受け、「バカ騒ぎに1億円を使うことには怒りを感じる。被災地には申し訳ないとしか言えません」と言葉にし、来年に向け「条例だけにして、商店街の入り口を封鎖するしかないのでは」と警戒した。



    【日時】2019年11月01日 17:19
    【ソース】日刊スポーツ
    【関連掲示板】


    【渋谷ハロウィン、来年は商店街の入り口を封鎖も】の続きを読む






    (出典 tk.ismcdn.jp)



    去年ほどの騒ぎにはならなかったが相変わらず馬鹿な人間もいますね。渋谷がマスコミで取り上げるので余計に人が集まるのでしょうね。

    1 みつを ★ :2019/11/01(金) 06:08:42.39

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191101/k10012159851000.html


    ハロウィーン 渋谷は激しい混雑に トラブルも相次ぎ8人逮捕
    2019年11月1日 4時20分

    ハロウィーンの31日夜から1日未明にかけて、東京・渋谷は、仮装した大勢の人たちで混雑してトラブルも相次ぎ、公務執行妨害などの疑いで合わせて8人が逮捕されました。

    ハロウィーン当日、東京・渋谷は、スクランブル交差点を中心に、アニメや映画のキャラクターに仮装した人たちで激しい混雑となりました。

    警視庁は数百人規模の機動隊で警戒し、一部の道路で車両の通行止めを行うとともに、交差点では「DJポリス」が、横断歩道上に立ち止まらず、速やかに渡るよう誘導しました。

    渋谷区では、ことしは駅周辺の路上や公園などでの飲酒を条例で禁止しましたが、終電が過ぎたあとも多くの若者が残る様子もみられました。

    仮装姿の20歳の女子大学生は「ハロウィーンの渋谷は初めてでしたが、仮装した人がたくさんいて異次元という感じで楽しかったです」と話していました。

    一方で、トラブルも相次ぎました。

    警視庁によりますと、スカートの中に手を入れ女性の体を触ったとして18歳の少年が痴漢の疑いで逮捕されたほか、22歳の大学生がけんかの仲裁に入った機動隊員の顔を殴ったとして公務執行妨害の疑いで逮捕されました。

    このほか店員に平手打ちをした男やズボンのポケットから財布を抜き取った男などが逮捕され、警視庁によりますと、1日午前3時現在、合わせて8人が逮捕されたということです。

    渋谷では明け方になっても多くの人が残っていて、警視庁が引き続き警戒にあたっています。


    【【ハロウィーン】渋谷は激しい混雑に トラブルも相次ぎ8人逮捕】の続きを読む






    (出典 video-images.vice.com)





    集まって騒ぐ奴の考えがわからん。田舎者の集まり?今年も騒いだらハロイン禁止令を出すべき。


    NO.7899026 2019/10/24 12:36
    渋谷区がハロウィンに向けて厳戒態勢 センター街のバーガーキングは一時閉店
    渋谷区がハロウィンに向けて厳戒態勢 センター街のバーガーキングは一時閉店
    ■飲酒禁止の条例を制定
    昨年の渋谷ハロウィンでは、酒に酔った男性4人が暴動に出た。

    軽トラックを横転させ、暴力行為等処罰法違反(共同器物損壊)の疑いで逮捕されるなど、20人以上の逮捕者が続出。

    渋谷区では、昨年から対策を本格化させ、今年6月にはハロウィン期間の前後などに、渋谷センター街などの路上で飲酒することを禁止する条例(渋谷駅周辺地域の安全で安心な環境の確保に関する条例)が施行された。

    条例では、渋谷駅周辺の事業者に対して、酒の販売の自粛に協力することが義務付けられている。

    また、街を訪れる人に対しては、渋谷駅周辺での飲酒や、音響機器で音を異常に大きく出す行為、放尿、街路灯、標識、屋根にのぼる行為や、他人に迷惑・危害を及ぼす行為をしてはならないと定めている。

    ただし、罰則はなく、指導にとどまっている。

    ■独自に警備員を配置
    渋谷区は、しらベぇ編集部の取材に対して、

    「26日と31日は、夕方から明け方まで、区独自で100人以上の警備員を配置する。センター街を中心に人が多く集まる場所は、警察と協力して警備にあたる。これまでは、痴漢、盗撮、スリなどの犯罪行為が多発した。また放尿や標識..



    【日時】2019年10月21日 20:00
    【ソース】しらべぇ
    【関連掲示板】


    【渋谷区がハロウィンに向けて厳戒態勢 センター街のバーガーキングは一時閉店】の続きを読む

    このページのトップヘ