日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:話題 > 結婚



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    NO.8113370 2020/01/18 14:57
    「結婚しなくても幸せを実感できる」 43歳独身”ジャニオタ”女子の結婚観
    「結婚しなくても幸せを実感できる」 43歳独身”ジャニオタ”女子の結婚観
    50歳までに一度も結婚したことがない人の割合を表す「生涯未婚率」。

    2015年の国勢調査の結果、男性は23.4%、女性は14.1%に達しました。

    この数字は増加の一途を辿っており、2035年には、男性が29%、女性で19.2%になると推計されています。

    このように結婚しない人が増える中、最近では「結婚しない」ことを選択する人たちが現れています。

    コンサルティング会社に勤める斎藤明子さん(仮名、43歳)もその一人。

    独身を貫く斎藤さんは、「結婚をしなくても幸せを実感できる」と強調します。

    そんな斎藤さんに話を聞きました。

    「結婚して幸せになった姿を思い描けなかった」「気づいたら今まで結婚していませんでしたね。私が大学に入学した時、父親が病気で倒れて、母親が介護していました。その頃から夫婦関係もギクシャクしだして、それを見ていたから結婚に抵抗があるのかもしれません。ほかの親族を見ていても、円満な結婚生活を送っている人がいなかったし……。私は結婚って、ひとつの契約だと思うんです。企業だとリスクを考慮して判断をするのに、リスクがそこそこ高い結婚に合意するという考えを私は持てませんでした。きっとそれだけ思える..



    【日時】2020年01月18日 00:00
    【ソース】Danro
    【関連掲示板】


    【【本当かな?】「結婚しなくても幸せを実感できる」 43歳独身”ジャニオタ”女子の結婚観】の続きを読む



    (出典 www.m-cendrillon.jp)


    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/05(日) 16:08:32.69

    婚活について調べていると、一度は「男性不足・女性余り」と見かけたことがないでしょうか?

    婚活ブームの真っ只中、男女比は「男:女=3:7」とまで、現在は言われています。

    実は男性が、婚活市場に少ないことには理由があるんです。

    そこで今回は、婚活市場の男女比の現状と、「男性不足・女性余り」と言われる本当の理由について徹底解説します!


    (出典 yume-con.net)


    男性のおよそ4人に1人
    女性のおよそ7人に1人
    が未婚という状況は、日本は「結婚離れ」が進んでいると言えます。

    国勢調査によれば、男性の方が未婚者が多いということがわかりました。

    それでは、結婚相談所や婚活サイトにおける男女比を見ていきましょう。


    (出典 yume-con.net)

    日本最大の結婚相談所ネットワークであるIBJ日本結婚相談所連盟のデータによると、会員登録者の男女比は女性の方が多く、男女比はおよそ「男:女=4:6」となるそうです。

    結婚相談所によって男女比に違いはあるものの、生涯未婚率の男女比と結婚相談所の男女比は一致しないようです。

    昔は男性過多、今は逆に女性過多

    結婚相談所で長らく仲人として未婚男女の婚活をサポートしてこられた方の話によれば、10年ほど前は男性会員の方が多く、男女比は「男:女=6:4」だったそうです。

    当時は婚活市場全体を見ても男性過多で、女性側は待っていればお見合いのお申し込みが集まる状況でした。

    しかし現在は、男女比が逆転して女性過多の状況です。

    比率で言うと、

    男:女=4:6
    男:女=3:7
    くらいまで差が広がっています。

    結婚相談所に限らず、婚活パーティーや街コンなどの婚活イベントでも、女性過多の現象が起きています。

    なぜこの10年ほどで結婚相談所や婚活パーティーの登録者の男女比が逆転したのでしょうか?

    次に、婚活市場で男性が少ない原因について解説していきます。

    婚活市場で男性が少ない原因

    ここ10年のうちに、婚活市場で男女比が逆転していることが分かりました。

    婚活市場で男性が少なくなった、原因はどこにあるのでしょうか?

    ここからは、婚活市場で男性が少ない原因について迫っていきます。

    仕事が忙しい

    多くの男性が結婚を意識し始める20代後半~30代は、

    職場の部下ができたり
    責任のある仕事を任されたり
    など、仕事が忙しくなる年代です。
    イトであれば活動できるからです。

    https://yume-con.net/archives/670/
    2019年12月27日

    前スレ                2020/01/05(日) 09:22
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578202741/



    理由1.男性の年収を400万円か500万円以上と制限がつけられている。
    理由2.女性は30も後半に入ると売れ残りの可能性があるため、お見合いの場には積極的参加しているが、男は年齢制限はない。
    他にも色々あるが、上記2つが一番大きな理由のようだ。

    【【婚活男性不足】結婚相談所・婚活パーティーで女性過多  その理由は?】の続きを読む



    (出典 media.vpoint.jp)


    1 みなみ ★ :2019/11/27(水) 23:47:56.80

    11/26(火) 23:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191126-00010001-gendaibiz-life

    若者が結婚しにくい理由

    2018年の人口動態統計(年間推計)によると、国内で生まれた日本人の赤ちゃんは91万8397人で、統計の残る1899年以降、過去最少を更新したという。

    【写真】13歳女優の官能シーンに批判殺到&上映中止に…女性監督が振り返る

    筆者はこれまで、「日本の少子化の要因は、結婚した夫婦が子どもを多く産まなくなっていることにあるのではなく、結婚しない人の割合が増加したことにある」と強調してきた。

    なぜ若い男女が、結婚という選択をしなくなっているのか。

    少子化対策を熱心に言挙げする人々は、しばしば仕事と子育ての両立難や、若年男性の経済的困窮をとりあげて、「若者は結婚したくても、できない」というリアリティを強調してきた。

    しかし、それは事態の半面でしかない。

    今回は別の角度から、若者が結婚しにくくなっている理由を考えたい。

    それは格差婚、すなわち女性が自分よりも学歴や収入など社会的地位の低い男性と結婚する傾向が少ないままだから、ではなかろうか。

    家族社会学では、上で見たような「格差婚」のことを女性下降婚(ハイポガミー、以降、下降婚)と呼ぶ。逆に、女性が自分より社会的地位の高い男性と結婚することを女性上昇婚(ハイパガミー、以降、上昇婚)、同等の男性と結婚することを同類婚(*ガミー)という。

    かつての日本社会では、上昇婚が一般的であった。農家出身や、女中として働いていた未婚女性が、やや格上の男性と結婚して一家の主婦となる、という姿を思い起こすとわかりやすいだろう。

    実は、学歴や収入などの社会的地位に男女の不平等が存在する社会では、上昇婚の規範や風習が存在すると、多くの人が結婚できる確率が高くなる(図1左側)。

    以下ソースで
    ★1 2019/11/27(水) 20:04:54.59
    ★4 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1574862391/-100



    女性の社会進出が大きな要因でしょう。女性が一人で食べていける社会になりましたから。わざわざ自分より稼ぎが少ない男と一緒になる必要もないし
    、子供が出来たら仕事を辞めないといけないし等々でしょう。この対策としては、子供が出来ても仕事ができる社会を作り上げることがまず先決でしょうね。

    【【結婚したくない男&女】なぜ若者は全然結婚しなくなったのか…超少子化・日本の「ヤバい現実」】の続きを読む






    (出典 www.tv-tokyo.co.jp)



    ビックリですね。60歳で昔のアイドルと結婚ですか。うらやましいですね。

    1 ばーど ★ :2019/11/05(火) 17:06:34.49

    ■菊池桃子さんと結婚の新原氏が会見 ノーカット

    (出典 Youtube)


    特段私はルックスがいいわけでもないので、それで驚きなんでしょうけど
    妻は私と一緒に暮らしたいと言ってくれた

    ■「ハッピーです」菊池桃子と結婚の新原氏、赤いバラの花束を手に「結婚してください」

    4日に女優の菊池桃子(51)が結婚を発表したことを受けて5日、お相手の経済産業省で経済産業政策局長を務める新原浩朗氏(60)が報道陣の取材に応じ「報道されている通り、女優の菊池桃子さんと入籍させていただいた。妻には子どもが二人いるが、仕事をしながらしっかりと子育てをしていることを心から尊敬しており、そこに惹かれた」と話した。

    さらに新原氏は、小さな赤いバラの花束を手に行ったというプロポーズについても言及し「結婚してくださいとシンプルに申し上げました」と明*と、「彼女が私と一緒に暮らしたいと言ってくれている。私自身はとてもハッピーです」と続けた。

    二人の出会いは菊池が民間議員に選ばれていた「一億総活躍国民会議」とされており、今年から結婚を前提に交際していたという。新原氏は働き方改革や幼児教育無償化などに取り組んでおり、近い将来の事務次官候補ともいわれている。一方の菊池は1995年5月にプロゴルファーの西川哲と結婚したが、2012年1月に離婚。その後、法政大学大学院で修士号を取得。大学の客員教授を務めるなど幅広く活躍している。

    なお、二人の子どもは今回の入籍を機に養子縁組となり、新原氏の籍に入ることになる。(AbemaTV/AbemaNEWS)

    2019.11.05 13:32
    https://times.abema.tv/posts/7026907

    (出典 static.blogos.com)


    関連スレ
    【芸能】菊池桃子さん(51)再婚 お相手は60歳初婚の安倍首相が信頼する経産省次官候補 出合いは「1億総活躍国民会議」
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572916575/
    【西村経済再生相】菊池桃子(51)さんと新原局長(60)結婚「小泉氏以上に驚き。正直申し上げて言葉がしばらく出ませんでした」
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572923237/

    ★1が立った時間 2019/11/05(火) 14:13:51.34
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572930831/


    【【経産省】菊池桃子さんの夫、政策局長・新原浩朗氏(60)が省内で会見「私はとてもハッピーです」 5分ノーカット版】の続きを読む






    (出典 ddnavi.com)



    女性から真剣交際を断られたのですね。一緒に居ても面白くなかったのでしょうね。将来の夢ありますか?この夢を語るだけでも相手を引き込めるはずですが。

    1 みなみ ★ :2019/10/31(木) 22:37:15.09

    10/31(木) 5:42配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191031-00310735-toyo-soci

    結婚相談所は、そもそも結婚をしたい人たちが登録する場所。そこで婚活をすれば、すぐに結婚できるに違いない。そう思って、相談所の門戸をたたく人たちは多い。ところがなかなか結婚できずに、お見合いを繰り返している人たちがいる。なぜうまくいかないのか? 
    仲人として婚活現場に関わる筆者が、毎回1人の婚活者に焦点を当てて、苦悩や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、「婚活6年、それでも結婚が決まらない45歳男性」のストーリー。そして、彼は……。

    ■真剣交際に入っていた女性から、突然交際終了

     「昨夜は早々と寝てしまったので、送っていただいたLINEを今読みました。朝から吐きそうです」

     竹内昌平(仮名、45歳)から、朝の8時にLINEが入ってきた。真剣交際に入っていた吉田真知子(仮名、42歳)の相談室から、“交際終了”の連絡が来ていたので、昨夜添付して知らせた。それを出勤前に読んだようだ。

     真知子の仲人からのメールには、こう書かれていた。

     「真剣交際に入り、結婚を視野に入れてのお付き合いをさせていただいておりましたが、『どうしても一緒に生活するイメージが持てない。気持ちがついていかない』とのことでした。面談をして説得しましたが、『交際を終了したい』という気持ちは変わることがありませんでした」

    以下ソースで
    前スレ★2 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572523259/-100


    【婚活6年、それでも結婚が決まらない45歳男性】の続きを読む

    このページのトップヘ