日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:話題 > 表現の自由






    (出典 previews.123rf.com)


    目くじら立てるほどでもないでしょう。秋葉原なら許されるのでは。確かノーパン喫茶が一時期流行った時、秋葉原にもあったと思うが・・。メイド喫茶もあるし、秋葉原なら問題ないのでは。

    1 rain ★ :2019/11/07(木) 23:52:37.76

    世界有数の電気街・秋葉原に登場した1枚の巨大な広告をめぐって、Twitter上で批判が上がっている。広告は胸などの肌を大きく露出させた10人の女性のキャラクターが描かれ、「超エッチな♥アプリ」の文字とともにゲームを宣伝している。広告が掲出された建物は、多くの買い物客が行き交う大通り沿いにあり、目にした子供への害を懸念する声が多数を占めるが、表現の自由を尊重すべきとの冷静な主張もあり、賛否が渦巻いている。

    広告はゲーム販売店の壁に描かれており、高さは隣接する建物の3~5階部分に相当する。セーラー服のような制服を着た10人の女性のキャラクターが描かれ、女性はいずれも大きく強調されたバスト部分を極小のマイクロビキニのみで覆い、下半身はタイツの下に下着が見えるなど、刺激的な内容だ。

    さらに、「*」「エロ」などの文言が含まれたアプリ名も記され、「*ハーレムをゲット!!」などの文句が躍る。「孕ませ!」といった言葉も盛り込まれ、一見して子どもには不健全なゲームを紹介する広告であることが分かる。広告に記載されていたメーカーとみられる屋号をネットで検索すると、公式ポータルサイトの存在を確認できた。閲覧するには「当サイトには18歳未満の方にとって不適切な表現が含まれております」と18歳以上であることの確認が求められる。

    メーカーは今月1日のツイートで、「【ついに】秋葉原はトレーダー3号店様外の巨大看板に登場しちゃいました!!」「ここに出せるのは最初で最後になるかもしれないので、どうぞ記念にお納めください。」などの文言とともに、商品の販売を宣伝していた。

    これを受け、Twitter上では、「これは公道においたらあかんやろ。ただのAVの宣伝やん。18禁の所でやれよ。」「これが本当の環境型セクハラなんだよなぁ」などと批判するツイートが殺到した。一方、「これを擁護できないなら表現の自由を守るとか言わないほうがいい」などと、自由な表現が制限されることを懸念する意見も見られる。

    秋葉原を行き交う人の意見は様々だ。
    近くのメイドカフェから出てきた男性(24)は、「エロゲームの広告であることは紛れもなく、興味がない人の目に触れる場所にあるのはどうだろうか」と疑問をこぼし、「秋葉原の文化は世界に認められつつあるのに、『秋葉原=エロの街』と思われてしまったら心外だ」。秋葉原を良く訪れ、中古のスマートフォンを購入したという40代の男性会社員は「秋葉原の雑然とした雰囲気は好きだし、派手な広告も秋葉原らしい。でも、子どもを連れていたら絶対に見せないようにする」と話した。

    全文と広告画像はソースでご確認下さい


    (出典 static.blogos.com)

    https://blogos.com/article/415911/

    ★1の立った日時 =2019/11/07(木) 19:41:45.77

    【東京】秋葉原に巨大なエロゲーム広告が登場「子どもに有害」と批判 一方、表現の自由を尊重すべきとの声も ★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1573130831/


    【【東京】秋葉原に巨大なエロゲーム広告が登場「子どもに有害」と批判 一方、表現の自由を尊重すべきとの声も】の続きを読む






    (出典 i.ytimg.com)




    「ルンルン楽しい日韓断交」嫌韓かるた巡りネットで“表現の自由論争”再燃 「ルンルン楽しい日韓断交」嫌韓かるた巡りネットで“表現の自由論争”再燃
    …は、ある政治団体が企画した「芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」。タイトルは愛知県で開催された国際芸術祭「あいちトリエンナーレ20…
    (出典:エンタメ総合(東スポWeb))




    愛知県は懲りないね。表現の自由と言えば何でもOKのような風潮だね。これで良いのかな?

    1 ばーど ★ :2019/10/28(月) 15:14:54.48

    「反移民」などを掲げる政治団体が27日、愛知県施設の「ウィルあいち」(名古屋市東区)で開いた催しに、ヘイトスピーチ(差別扇動表現)に反対してきた市民団体などが激しく抗議し、施設に中止を申し入れた。だが、施設の管理者は「中止を判断できない」として催しを続行させた。

    催しは「日本人のための芸術祭 あいちトリカエナハーレ2019『表現の自由展』」として、各地で差別街宣を繰り返してきた「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の元会長が「党首」を務める政治団体が開いた。県は施設の使用を許可していた。

    催しを見た人によると、展示作品には「犯罪はいつも朝鮮人」と書かれたカルタの読み札など在日コリアンへの憎悪をあおる内容のものがあり、指摘を受けたウィルあいちも、カルタを含む展示内容を確認した。

    10/27(日) 22:56
    朝日新聞デジタル
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191027-00000034-asahi-soci

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    ■ウィルあいち 愛知県女性総合センター 男女共同参画社会をめざして 愛知県名古屋市
    https://www.will.pref.aichi.jp/

    ★1が立った時間 2019/10/28(月) 04:51:39.62
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572238585/


    【【表現の自由展】愛知県の施設で「日本人のための芸術祭」開催…「犯罪はいつも朝鮮人」と書かれたカルタ展示 市民団体が激しく抗議★8】の続きを読む


    こんな展示会をやっていること自体が不謹慎。大村知事は何を考えているのか?こんなの芸術でも何でない。気違いの集まりではないか。即刻中止せよ!






    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    1 Toy Soldiers ★ :2019/10/10(木) 12:02:22.11

     あいちトリエンナーレで再開された「表現の不自由展・その後」で、「被曝最高!」と若者らが叫ぶ映像作品が、疑問や批判も相次いでネット上で炎上状態になっている。

    一方で、映像の一部に過ぎないことから、「とっさのアドリブ」などと美術関係者らから擁護の声も出ている。一体どんな作品なのだろうか。

    最後は、「放射能最高じゃないよ」「ふざけんな!」

    慰安婦を象徴する少女像展示などで脅迫もあり、3日間で中止となった不自由展は、2019年10月8日に入場人数を絞るなどして再開された。
    一方で、同日17時時点で200件もの電話がトリエンナーレ事務局にかかり、周辺でプラカードを持った女性にケガを負わせた男が逮捕されたりもしている。

    そんな中で、再開初日から、再び公開された別の作品がツイッター上で批判され、ネット掲示板などに飛び火する騒ぎになっている。

    それは、東京都内で05年に6人で結成されたアーティスト集団「Chim↑Pom(*ム)」による映像作品「気合い100連発」だ。

    「じゃあ、気合い100連発行くよ!」。震災後のガレキの中で、男女の若者が円陣を組み、うち1人の女性がこう叫ぶ。
    すると、若者らは「復興頑張るぞ~」「おーい」などと掛け声を出し、「ニッポン最高」「放射能に負けないよ」と次々に言葉を連発していく。次第に、「車ほしい」「今年は彼女作るぞ」と自分のことになり、ヒートアップした。

    先の女性が「30マイクロシーベルト」と叫ぶと、今度は原発事故のネタになり、若者からは、こんな掛け声も飛び出した。

    「被曝最高!」「相馬市最悪!」「放射能最高!」「もうちょっと浴びたいよ」
    その後は、一転して「放射能最高じゃないよ」「ふざけんな!」との掛け声になり、最後に若者らがハイタッチするなどしている。

    国際交流基金は「被災者傷つける懸念」と出品拒絶

    *ムの公式サイトなどによると、この10分ほどの映像作品は、震災2か月後の2011年5月、福島県相馬市内の港で撮影された。
    メンバーのうち4人が、自ら復興作業に携わる被災者の若者6人とともに円陣を組んだという。公式サイトでは、「彼らによるリアルな叫びは、すべてアドリブ、一発撮りで収録された」と説明している。

    この作品は、不自由展のコンセプト通り、公的な展示会に出品できなかった過去がある。バングラデシュで14年にあった「アジアン・アート・ビエンナーレ」でのことで、不自由展のサイトでは、「主催者の国際交流基金よりNGか?出た」と紹介している。

    国際交流基金は10月9日、J-CASTニュースの取材に対し、「組織として、NGワードは決めていませんが、公的機関ですので、被災された方の気持ちを傷つけたり不快にさせたりする懸念からお断りすることもあります。当時、そういう判断があったのではないかと思います」(コミュニケーションセンター)と答えた。

    ツイッター上では、今回の作品について、中年の男性が東北の人たちをからかい、日本人を貶めるものだとまくしたてる動画が10月8日に投稿された。それが反響を呼び、「いいね」が1万件以上も付いている。

    こうした投稿をきっかけに、ネット掲示板などでも論議になり、「被曝まで揶揄しだしたか」「苦しんでる人もまだいるのに」「本当に芸術なんですか?」などと作品への疑問や批判が相次いでいる。

    一方、美術関係者らからは、作品への擁護の声が出ており、美術家の会田誠さんは、ツイッターで作品の経緯を紹介したうえで、「順番に叫ぶ言葉は自由、とっさのアドリブ。その中で地元の若者は自虐自嘲的なことも、アイロニカルなことも叫んだ」との見方を示した。

    あいちトリエンナーレ芸術監督のジャーナリスト津田大介さんは9日、動画の中年男性は会場に入った人ではないとツイッターで指摘したうえで、「『原発事故の被害者が、自身の不安を断ち切るための叫び』という作品の文脈を、悪意ある解釈と事実誤認に基づき拡散している」と書いている。

    https://www.j-cast.com/2019/10/09369694.html?p=all

    動画
    "KI-AI 100" by Chim ↑ Pom

    (出典 Youtube)


    ★1:2019/10/10(木) 09:36:08.53
    ※前スレ
    【反日アート展】Chim↑Pom(*ム)の作品が炎上 「被曝最高!」「放射能最高!×3」などと東北の人達を侮辱★2 
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1570672130/


    【【反日アート展】Chim↑Pom(チンポム)の作品が炎上 「被曝最高!」「放射能最高!×3」などと東北の人達を侮辱 】の続きを読む







    (出典 twi55.com)


    大村知事は何のためにこんな展示会をやる?韓国出身と書いてあったけど、韓国の為にこの展示会をやるわけ?即中止せよ!

    1 しじみ ★ :2019/10/08(火) 19:48:51.65

    愛知県で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、一旦中止となった企画展「表現の不自由展・その後」が2019年10月8日に再開されたことに対し、名古屋市の河村たかし市長は同日、会場の愛知芸術文化センター前や県庁前で再開に抗議する座り込みを行った。

    河村市長の座り込みに、愛知県の大村秀章知事は同日17時6分、ツイッターを更新して言及。「県立美術館の敷地を占拠して、誹謗中傷のプラカードを並べて、美術館の敷地の中で叫ぶ。芸術祭のお客様の迷惑も顧みず。常軌を逸してます」と非難した。

    ■一部内容を変更し、再ツイート

    大村知事は、この更新前の15時48分にもツイートしており、河村市長の行動に触れている。その際は、「県立美術館の中のフロアを占拠して、誹謗中傷のプラカードを並べて、美術館の中で叫ぶ。芸術祭のお客様の迷惑も顧みず。常軌を逸してます」とツイートしていた。

    ただ、各メディアの報道によると、河村市長は愛知芸術文化センター前や愛知県庁前で座り込みをした。大村知事のこの「15時48分」ツイートはその後、見られない状態になり、17時6分にあらためて、

    「まさか、こんなことをするなんて。衝撃です。制止を振り切って、県立美術館の敷地を占拠して、誹謗中傷のプラカードを並べて、美術館の敷地の中で叫ぶ。芸術祭のお客様の迷惑も顧みず。常軌を逸してます。厳重に抗議します」
    と投稿した。大村知事の2ツイートを比べると、「15時48分」版で「フロアを占拠」としていた箇所が、「17時6分」版では「敷地を占拠」に変わるなどしている。


    (出典 www.j-cast.com)


    https://www.j-cast.com/2019/10/08369584.html


    【【表現の不自由展】河村市長の座り込みに大村知事「美術館の敷地を占拠し誹謗中傷のプラカードを並べて叫ぶ」「常軌を逸してます」】の続きを読む







    (出典 blog-imgs-130.fc2.com)


    表現の自由を阻害するなと言う展示会なのに、SNS拡散は禁止。どこに表現の自由があるのか?

    1 Toy Soldiers ★ :2019/10/08(火) 06:59:48.58

     愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、
    芸術祭の実行委員会会長を務める愛知県の大村秀章知事は7日、企画展を8日午後から再開することを表明した。公開時間については8日午前に発表する。芸術祭は14日まで開かれる。

     安全維持のため、(1)電話による抗議や警備への対策強化(2)入場は抽選方式、1回当たり30人で事前の教育プログラム、ガイドツアー付き(3)
    手荷物の預かりと金属探知機の検査(4)動画撮影の禁止、会員制交流サイト(SNS)拡散の防止-の4点を実施する。これらの対策を毎日点検し、翌日の対応を決める方針。

     芸術祭は8月1日に開幕したが、昭和天皇の肖像画を燃やすような動画や元慰安婦を象徴する「平和の少女像」が並ぶ不自由展の展示内容に批判が殺到。
    脅迫と受け取れる電話やメールもあったため、安全面の理由から、開幕から3日で中止となった。

     大村知事は9月末、開会時の展示内容と同じにすることなどを条件に挙げ、不自由展の実行委と再開で合意。6~8日にも再開する方針で協議を続けていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00000570-san-cul


    【【あいち反日アート展再開】表現の不自由展、8日午後再開 もちろん、天皇の写真燃やす作品や慰安婦像あり 】の続きを読む

    このページのトップヘ