no title
1
ばーど ★ :2020/05/31(日) 12:07:12.32

恋愛リアリティー番組『テラスハウス』の出演者だった女子プロレスラー木村花さんが5月23日に死去したことを受け、ネットの誹謗中傷などに対して、法的措置も辞さないことを示唆する有名人が増えている。

こうした中、自身の書き込みに不安を覚えた「中傷経験者」からの弁護士への相談件数も急増しているようだ。

弁護士ドットコムにも23日以降、「この内容は名誉毀損になるか」「書き込みから時間がたっているが、特定される可能性はあるか」といった投稿が10件以上寄せられている。

●「軽い気持ちで投稿してしまった」

ある男性は、地域密着型の掲示板に知人を誹謗中傷する書き込みをしてしまったという。

●感想・意見を投稿「訴えられるかも」と不安に

一方、言論が制限されることも危惧しているという。

たとえば、弁護士ドットコムに寄せられた投稿にこんなものがあった。

ある女性は、『テラスハウス』で木村さんのアンチが増えるきっかけとして指摘されている「コスチューム事件」について、以下のような投稿をしたそうだ(実際の投稿では、A・Bに実名が入っていたとみられる)。

「Aさんも悪いところがあるけど、Aさんが逆の立場だったら怒らないと思います。私はAさんの優しいところに魅力を感じます!

でもBさんが大切な物だったので気持ちも分かりますが。。」

女性の書き込みが、本当にこの通りだったのなら、意見や感想にすぎず、なんの問題もないはずだ。

しかし、女性は「訴えられないか不安になってきました」「意見なのか、これも中傷になるのか悩みました」と記している。

報道やSNS世論によって、萎縮効果が起きていることを感じさせる。

●誹謗中傷の範囲が広がれば、言論萎縮の恐れも

このほか、言われた側はたまったものではないだろうが、

「スポーツ選手に下手くそと書き込んだ」

「食事をしたおそば屋さんの味が悪く、店員の態度も不快だったので、口コミサイトで星1つの評価をした」

といった投稿もあった。

「あまりにも誹謗中傷の範囲を広げてしまうと、自由な意見交換の場としてのネットがなくなってしまう。

批判・批評の範囲におさまるものもあるだろうし、ネガティブな意見がないと口コミサイトとしての価値はない。そこが萎縮してしまうとネットの機能が失われてしまう」(藤吉弁護士)

●「正当な批判なら良いのか」問題

他方で、正当な批評・批判だったとしても、量が圧倒的に多かったり、本人に直接向けられたものだったりすれば、当事者にとって大きなストレスやプレッシャーになることが容易に想像できる。

こうした複雑さを考えると、法律やシステムでの対応にも限界がありそうだ。当たり前の話だが、ユーザーの意識が重要になってくる。

「少なくとも、厳しい意見をいう以上は名前を出しても言えるのか、というのは書く上での判断材料にしてほしい」と藤吉弁護士は語る。

2020年5月31日 9時26分 弁護士ドットコム
https://news.livedoor.com/article/detail/18342620/

(出典 image.news.livedoor.com)



自分が中傷誹謗を受けたらどう思うかを考えないで相手を非難する。こんな人が増えたんだね。匿名なのがダメだと思う。実名でも人に名前を使うやつも現れるだろうし、難しいね。

【【自業自得】】「中傷加害者」から弁護士への相談急増】の続きを読む