日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:話題 > 年収



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    1 ばーど ★ :2019/12/16(月) 13:07:42.82

    ※日経新聞の「安いニッポン」特集をテレ朝が特集
    「低所得者」分類される世帯年収はサンフランシスコ1415万円、ニューヨーク935万円、ロサンゼルス915万円、日本は300万円(厚労省)

    ■「一人負け」状態・日本の実質賃金・世界との格差

    OECD加盟国の実質賃金の推移によると日本以外の国は軒並み増加している。

    米国では下位90%の所得はほぼ横ばいだが、上位1%の所得は上がり格差が広がっている。

    経済評論家・加谷珪一は「米国は高所得者の収入が増えることで格差が拡大しているが、日本はバブル以降大多数の人の収入が徐々に減り続けることで格差が拡大しており、日本経済が成長していない」と指摘。

    石原良純、玉川徹は「日本人はみんな一緒に貧しくなるならいいやと思う人が多いのではないか。先進国ではないという事は世界が豊かになっている時に日本だけは豊かではない。通貨は国力に比例するので日本の地位が下がれば円が下がる。米国は食料、エネルギーは国内で完結しているが、日本はあらゆる資源を世界から輸入している。給料が変わらず円が下がったら物価が上がる。この時多くの日本人は大変な思いをする」、山口真由のスタジオコメント。

    2019/12/16 08:36 テレビ朝日 【羽鳥慎一モーニングショー】
    https://jcc.jp/news/15439784/

    https://twitter.com/kurofmarry/status/1206361207155740672

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    https://twitter.com/kurofmarry/status/1206377733363662848

    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)


    ■関連スレ
    【安いニッポン】「年収1400万円は低所得」 失われた30年、日本は給料が低い国に…人材流出、高まるリスク ★2
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576461940/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

    ★1が立った時間 2019/12/16(月) 12:18:30.81
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576466310/
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



    物価も安いがどうなのだろうか?最低賃金を上げたら韓国みたいに失業率が上がるだろうし、もっと分かりやすい指標はないのだろうか。

    【【日本人が東南アジアに出稼ぎに行く?!】日本の実質賃金「一人負け」状態 日本は確実に貧しくなっている テレ朝】の続きを読む



    (出典 fukupon.jp)


    1 ばーど ★ :2019/12/16(月) 11:05:40.37

    「日本って給料安いんじゃない?」。昨春からジャスダック上場のソフトウエア開発会社で働く香港出身の楊燕茹さん。日本行きを相談した時の両親の心配そうな顔が忘れられない。米国でシステムエンジニアとして働く弟の給料は楊さんの4倍だ。

    「物価が安いし、何よりウェブデザイナーとして学ぶことは多い」。楊さんは気に留めないが、米系人事コンサル大手、マーサー日本法人の白井正人執行役員は言い切る。「失われた30年を経て、日本は給料が低い国になってしまった」

    ■「憧れの出稼ぎ先」今は昔

    かつて新興国の人々が「出稼ぎ先」として憧れた日本。その地盤沈下はデータが物語る。

    マーサーが世界129カ国と中国19都市を対象に実施する「総報酬サーベイ」を基に、2007~17年の報酬を分析してみよう。システム開発マネジャーの場合、07年を100とすると17年の年収は日本は99と微減。一方、ベトナムは145、中国・上海は176、タイは…

    2019/12/12 2:00日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53122660Z01C19A2SHA000/

    ★1が立った時間 2019/12/16(月) 09:54:40.46
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576457680/



    日本がこんな状況になっているとは。そういえば、海外から働きに来ている人はベトナム人がやたら増えたのもそのせいか。

    【【優秀な日本人は海外で働く時代到来!?】「年収1400万円は低所得」 失われた30年、日本は給料が低い国に…人材流出、高まるリスク】の続きを読む





    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    1 ばーど ★ :2019/12/07(土) 15:42:02.14

     平均給与は上がったというけれど

    なぜ自分の給与はこんなに低いのだろうか。そう感じたことがない人はいないだろう。国税庁が発表した最新の民間給与実態統計調査によると、2018年は上昇基調にある。年間440万円ほどだ。

    しかし、上がったといっても440万円。それはリーマンショック前の2007年当時の水準に近づいたにすぎない。さらに、1997年当時の467万円よりもまだ低い。周辺国が経済成長し給与も上昇している状況において、日本人の給与は相対的にも低い状態に陥りつつある。
    しかも、働き盛りの30代中盤から40代後半の読者には、さらにショックなことをお伝えしなければならない。

    それは、10年前と比べて、自分たちの給料は先輩たちが同年代のときにもらっていた額よりもはるかに少ないのだ。

     40代の読者を襲う悲惨な状況

    10年前(2008年)にそれぞれの年代がもらっていた給与と、10年後(2018年)の私たちがもらった給与の増減を見てみよう。この間に、社員たちの給与改定が行われた若い世代には給与を上げて訴求性を高める一方で、働き盛りの給料は下げられた。

    「昔は職場でゆっくりと新聞を見ていた上司が多かった」という声をよく聞く。当時の課長は余裕があったということだ。さらに残念なことに、当時の課長と今の30~40代の給料を比べると、今の30~40代の給料が実は最も下がっている。かつて40歳だった人がもらっていた給料に比べ、今の40歳がもらっている給料は1割ほど減っている。

    30~40代はお金が必要な時期だから問題は深刻だ。私が若い頃は、上司から飲み会でおごってもらうと「お前が上司になったら部下におごってやれ」といわれた。しかし、私たちは上司になったが、そんな余裕はなくなった。

    それにしても、2000年代初頭といえばITバブルの崩壊で、就職氷河期の状況だった。このとき社会に出た現在のアラフォー世代は就職氷河期で苦しんだだけでなく、その後の給料水準ダウンも強いられているというわけだ。


    (出典 tk.ismcdn.jp)


    (出典 tk.ismcdn.jp)


    続きはソースで
    2019/12/07 5:30
    https://toyokeizai.net/articles/-/317736

    ★1が立った時間 2019/12/07(土) 11:37:09.17
    ※前スレ
    【日本社会】日本人の給料がまるで上がらない決定的な要因 国際的に見ても、もはや競争力を失っている ★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575695983/



    給料が上がらない5つの要因を指摘している上記の記事を読んだが、まさにその通りだと思う。労働組合がストをしなくなった。弱体化している労働組合。それを良い事に経営者は内部留保を貯めこむだけで給料を上げない。日本に活気がなくなってきたように思う。

    【【経済大国からの転落!発展途上国へ】日本人の給料がまるで上がらない決定的な要因 国際的に見ても、もはや競争力を失っている】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    1 みなみ ★ :2019/12/01(日) 15:25:31.51

    11/30(土) 15:54配信
    https://article.yahoo.co.jp/detail/ad8f9b770eb86b5f5117b750561d07c6addceba2

    安すぎる給料で働き続けることは"自己責任"なのか?「後から入社する若い世代にも迷惑。やめちゃえばよかったんだよ」

    勤続12年で手取り14万円は自己責任なのだろうか。キャリコネニュースで掲載した「手取り14万円は自己責任か」という記事の反響を受け、読者から寄せられたさまざまな声を紹介した。

    実際の回答では、「自己責任だ」という意見が大半だ。「転職や新たな資格取得など努力をしていない」(40代女性/販売・サービス職)というように、14万円で働き続ける人の問題点を指摘する回答もあった。

    国税庁の調査によると、正規社員の平均年収は504万円。手取り14万円だと、ボーナスが計4か月分出たとしても年収200万円台になる。

    「転職せずに国のせいにするのはどうかと思う」

    この「手取り14万円問題」は、ガールズちゃんねるのトピックで「12年勤務して手取り14万円。日本終わってますよね?」という投稿がきっかけだった。キャリコネニュース読者からはこの「日本終わってますよね?」に疑問を呈する声が寄せられている。

    「さすがに手取り14万円だったら転職を考えると思うし、転職をせずに国のせいにするのはどうかと思う」(20代男性/技術職)

    トピ主の、仕事を辞めるなどの行動を起こさずに国のせいにする姿勢批を批判する人も少なくはない。中には、

    「不満であればもっと早くその状況を脱する行動をすべきだった」(30代男性/管理・事務職)

    以下ソースで
    ★1 2019/12/01(日) 08:50:01.11
    前スレ★4 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575174854/-100



    その手取りで満足しているのでしょう。それなら自己責任ですよ。不満なら転職して給料の良い所を探すのが普通でしょう。仕事を選ばなければ、仕事はたくさんあります。

    【【自己責任です!】勤続12年で手取り14万円は自己責任なのだろうか】の続きを読む






    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    大都市以外の地方だったら一人生活で贅沢しなければ税込年収280万あれば生活できるはず。現実に飲食業はこの水準。確かに年収400万は厳しいかも。

    1 かに玉 ★ :2019/11/02(土) 01:30:01.20

    2019年11月1日 7時0分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17317227/

    国税庁の「民間給与実態統計調査」(2018年)によると、給与所得者の平均給与は441万円。正規雇用も、非正規も合わせた数字にはなっているものの、やっぱりパッと見た限り、額面としては少ないと感じざるを得ない。

    前年の平均給与は432万円であり、増額こそしているが、依然として日本の労働者の懐事情は厳しい。10月からは消費税が10%になった。これによって、少なくとも増税による恩恵めいたものが見えるまでの期間は、市井の労働者の財布の紐は固くなるばかりだろう。(文:松本ミゾレ)

    スレ主「東京の話をしている奴は帰ってくれ」

    今年1月、2ちゃんねるに「真面目に年収400が難しい時代になってきたな」というスレッドが立った。スレ主は、山形県内在住の正社員。年収は280万円だと書き込んでいる。「日本終わりすぎ」とのことだ。

    正社員なのに、年収は200万円台。これではまともに働く気力が湧かないように感じてしまう。ただ、いわゆる地方の労働者の給与実態って、案外こういうことは珍しくないようにも思える。僕も出身は九州のド田舎だけど、やっぱりボーナスが雀の涙で、「家族を養うのがやっと」と話す知人を何人か知っているし。

    以下ソースで
    ★1 2019/11/01(金) 21:37:51.60
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572616299/


    【地方在住、年収280万円の正社員「年収400万が厳しい時代がやってきたな。日本終わりすぎ」】の続きを読む

    このページのトップヘ