日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:政治 > 少子化



    (出典 iwj.co.jp)




    NO.8125137 2020/01/22 20:28
    自民党「結婚しなくていい」やじ 夫婦別姓訴える野党質問に
    自民党「結婚しなくていい」やじ 夫婦別姓訴える野党質問に
    国民民主党の玉木雄一郎代表は22日、衆院代表質問で選択的夫婦別姓の導入を訴えた際、議員席から「だったら結婚しなくていい」とやじが飛んだと記者団に明らかにした。

    自民党の女性議員だったとして「非常にショックだった。こういう自民党だから少子化が止まらなかった。古い自民党には任せておけない」と批判した。

    玉木氏は質問で、若い男性が交際中の女性から「姓を変えないといけないから結婚できない」と言われたとのエピソードを紹介し「夫婦同姓が結婚の障害になっている」と指摘した。

    その際、やじが飛んだという。

    立憲民主党の枝野幸男代表も記者団に「あるまじき発言だ」と語った



    【日時】2020年01月22日 19:01
    【ソース】共同通信


    【【少子化対策中の政党の声?】自民党「結婚しなくていい」やじ 夫婦別姓訴える野党質問に】の続きを読む



    (出典 prtimes.jp)


    NO.8096633 2020/01/12 18:07
    性風俗で働かざるをえない日本のシングルマザー シンポジウムで問題提起
    性風俗で働かざるをえない日本のシングルマザー シンポジウムで問題提起
    1人で子育てをするために性風俗産業で働かざるをえない状況など、日本のシングルマザーを取り巻く性の問題について議論するシンポジウムが新潟市で開かれた。NHKが報じた。

    このシンポジウムは、新潟市を拠点にさまざまな性の問題について取り組んでいる一般社団法人が主催し、会場にはおよそ50人が集まった。
    この中で法人の坂爪真吾代表理事は、新潟県のシングルマザーが置かれている状況について、ひとり親で、子育てに必要な時間と収入を得られる職は地方都市では特に限られており、やむを得ず性風俗業に従事するケースが数多くあると説明した。

    また、離婚相手から養育費がもらえないケースや、性風俗業に従事して性病を患ったケースも紹介された。そのうえで、代表理事はひとり親でも十分な収入が得られるよう、キャリア形成の支援が必要と指摘した。

    シンポジウムでは、新潟市の風俗店で働く女性が登壇し、「業界では、女性の相談場所がまだ少なく、福祉制度を知らない人も多い」と述べ、シングルマザーに対する行政の支援が十分に浸透していないと訴えた。



    【日時】2020年01月12日 13:37
    【ソース】Sputnik 日本


    【性風俗で働かざるをえない地方のシングルマザー  地方行政の支援不十分】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    1 孤高の旅人 ★ :2020/01/03(金) 16:22:51.76

    【有本香の以読制毒 新春特別版】「令和生まれ」の日本人を増やそう! 深刻化する人口減少に「出産ボーナス制度の創設」プラン
    2020.1.2
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200102/dom2001020001-n2.html

     第2は、このプランの目玉である「出産ボーナス制度の創設」だ。ただし、日本国籍者に限る。第1子誕生で200万円、第2子誕生で300万円、第3子が誕生したら、500万円を世帯に支給する。つまり子供を3人産んだら、国から1000万円のボーナスが出るというわけだ。
     実は、日本の民間企業ですでに、同額での多産ボーナスを実施し、奏功しているところがある。
     現状、教育の無償化はかなりの部分で実現されている。これにさらに15歳までの医療費を無料にし、不妊治療を保険適用とする。ただし、これらの政策はすべて「日本国籍者を対象」とする。
     景気のいい話だが、財源はどうするのかと問われたら、「多産国債」を創設して充てよと申し上げたい。この多産化策に国債を、という優れたアイデアは、インターネット番組「虎ノ門ニュース」で筆者と共演している作家の竹田恒泰氏の発案だ。
     ここまで書いてくると、「なあんだ、厚生労働省の仕事じゃないか」と言う人がいるかもしれないが、さにあらず。
     子育て世帯の職住接近のライフスタイルを実現するための住宅、インフラ政策。子孫にお金を回すことで得をする税制、そして、日本と郷里を愛し、世界平和にも貢献できる優れた国民を育てる教育。さらに、外国出身であっても、良き日本国民となれる帰化制度…。
     とにかく、未来を担う良き日本人を増やすことに、全省庁挙げて取り組んでみてはどうか。
     有本の初夢か。そんな寝言は寝室で言え、と小バカにする輩がいたら、どうか、私以上の日本増強プランを示していただきたいものである。(ジャーナリスト・有本香)

    ★1:2020/01/03(金) 13:27:13.65
    前スレ
    【zakzak】出産ボーナス制度の創設 子供を3人産んだら、国から1000万円のボーナスが出る ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578032393/



    これは有本香氏の案です。私は大賛成。財源は政治家の給与を削減した分、安倍首相が海外にばらまいているお金、そしてスレにもある独身税。

    【【少子化対策】出産ボーナス制度の創設  子供を3人産んだら1千万円のボーナス支給】の続きを読む



    (出典 www.projectdesign.jp)



    1
    1号 ★ :2019/12/27(金) 23:52:11.65

     東京都の小池知事は、2030年に向けた都の政策目標や取り組みをまとめた長期戦略を公表しました。

     12月27日に小池知事が公表した長期戦略ビジョンでは、2030年に向けた目標と、それを実現するためのおよそ120の政策が示されました。このうち、合計特殊出生率は現状の1.20を大きく上回る「2.07」という目標を掲げました。この数値の実現に向け、男性の育児休業の取得を促進しテレワークを進めるほか、若い世代に向けた出産・子育て情報の発信を強化していく方針です。

     長期ビジョンではこのほか、無電柱化の推進や、豪雨対策として調節池の倍増などを掲げています。

    2019年12月27日 18時30分
    https://s.mxtv.jp/mxnews/kiji.php?date=1iysl0l4bnn7tobtz

    ★1が立った時間 2019/12/27(金) 21:07:13.47
    ※前スレ
    【都政】東京都2030年ビジョン 「出生率2.07」目標へ始動
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577448433/



    出生率が全国最下位の東京都が2.7という大きな目標を掲げました。スレでは都内に広くて安い住宅があれば子供を育てやすいと言う声が多かったように思う。今のように小さな住宅では子供は作れません。

    【【目標出生率2.7】東京都2030年ビジョン 小池知事強気の発表】の続きを読む



    (出典 www.j-cast.com)



    1 ばーど ★ :2019/12/23(月) 14:12:35.87

    衛藤晟一少子化対策担当相は12月10日の記者会見で、2019年の出生数が87万人を下回る可能性があることを明らかにしました。

     ◇予測超える下落

     国立社会保障・人口問題研究所の17年の推計では、19年の出生数を92万1000人、20年は90万2000人と見込み、21年に88万6000人になると想定していました。予測を超える下落スピードです。

     出産や子育ては個人的な問題であり、選択の自由が前提です。政府も個人の選択に介入することは避ける立場です。ただ、現在問題になっているのは希望しても結婚や出産をできない人がいることです。

     ◇少子化対策は?

     年間出生数は1953年以降、しばらく200万人を切りますが、71~74年は再び200万人を超えました。人口が多かった団塊の世代(1947~49年生まれ、第1次ベビーブーム)の子どもたちによる「団塊ジュニア世代」(第2次ベビーブーム)です。

     親の人口が多いので子どもの人口が多いという当たり前の結果です。同じことが繰り返されたならば95~99年ごろに「第3次ベビーブーム」が来てもおかしくないのですが、実際には「ブーム」は起きませんでした。

     90年代後半から00年代前半は日本経済が深刻な不況に陥っていた時代です。団塊ジュニア世代は就職氷河期世代と重なります。安定した職を得られず、結婚や出産に踏み切れなかったことが影響した可能性があります。

     95年から05年にかけて、合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子どもの数に相当)は95年の1.42から05年の1.26まで、ほぼ一貫して下がり続けます。

     ◇不況の影響

     このように見ると「就職氷河期世代」という言葉を生んだ90年代後半から00年代前半の不況が日本の人口に与えた影響の大きさがよくわかります。この時期の経済状況が異なれば、少子化をめぐる環境もいくらかは変わっていた可能性もあります。(政治プレミア編集部)

    12/23(月) 10:30配信
    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191223-00000022-mai-pol

    ★1 2019/12/23(月) 10:52:48.21
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577072469/



    就職氷河期世代だけのせいでもないだろう。とにかくお金がないから、休めないからと結婚はしない、結婚しても子供は産まないと言う若い人たちが増えているわけだよな。ここのスレにも誰かが書いていたが、子供を産みたくなるような税制改革をやらない限り増えないよ。

    【【子供を産みたくなる税制改革しかない】年間出生数87万人以下? 「就職氷河期」の深いダメージ】の続きを読む

    このページのトップヘ