日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:海外 > 香港






    (出典 amd.c.yimg.jp)



    中国本土が黙っていないでしょう。台湾は香港と同じ中国であるが、中国でない複雑な位置にある。

    1 プティフランスパン ★ :2019/11/14(木) 15:23:21.80

    11/14(木) 14:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00010005-huffpost-int

    (出典 img.huffingtonpost.com)


    緊張が続く香港デモをめぐり、台湾の蔡英文総統が11月14日に公式Twitterを更新し、「弾圧行為に立ち向かい、行動を起こそう」と国際社会に呼びかけた。

    香港では11月11日には警察官がデモ参加者に実弾を発砲し、男子学生が一時重体となった。これを機に反発が強まり、12日には香港中文大学を舞台に警察隊とデモ隊が衝突。大学側が調停を試みるも催涙ガスや火炎瓶が飛び交い、13日未明まで衝突が続いた。

    こうした事態に、台湾の蔡英文総統が香港政府と国際社会に対する声明をTwitterやfacebookで公表。

    「警察は人々を守るため、政府は人々に奉仕するために存在します。私は国際社会に呼びかけます。一連の弾圧行為に立ち向かい、香港と共に立ち上がり、行動しましょう」という投稿と共に、声明全文を英語と中国語、日本語で掲出している。

    声明では、「警察が人々を守らなくなり、政府が人々のためにという考えをやめた時、必ずや人々からの信頼を失うでしょう」と警告し、「北京当局の機嫌を取るために、香港の若者たちを犠牲にするべきではありません」と呼びかけた。


    (出典 img.huffingtonpost.com)

    声明の全文は以下の通り(日本語版)

    かつて台湾を襲った白色テロの時代には、学生が大学構内に踏み込んだ軍や警官に拘束され、 自由を奪われました。これはわれわれにとって悲痛な記憶であり、二度と繰り返してはなりません。


    昨夜の香港では、警官隊が大学構内に突入し、デモの学生たちを鎮圧しました。闇夜に包まれたキャンパスに炎が上がり、催涙弾が飛び交いました。台湾がようやく抜け出した暗闇に、香港は足を踏み入れてしまいました。


    警察は人々を守るため、政府は人々に奉仕するために存在します。警察が人々を守らなくなり、政府が人々のためにという考えをやめた時、必ずや人々からの信頼を失うでしょう。


    私は沈痛な気持ちで、ここで踏みとどまるよう香港政府に呼びかけます。人々の心の声に、暴力で応えるべきではありません。北京当局の機嫌を取るために、香港の若者たちを犠牲にするべきではありません。


    香港の自由と法治が、権威主義によってむしばまれています。権威主義の膨張に抵抗し、その最前線にいる台湾は、国際社会に呼び掛けます。自由と民主主義を信じる皆さん、共に立ち上がり、混乱する香港の情勢に関心を寄せまし ょう。

    蔡英文

    中村かさね /ハフポスト日本版


    【【香港デモ】台湾の蔡英文総統が国際社会に呼びかけ「共に立ち上がろう」 声明全文】の続きを読む






    (出典 img.epochtimes.jp)



    嘘臭い。警察とデモ集団の情報戦。古今東西、戦いには情報戦は非常に大切。

    1 ガーディス ★ :2019/11/11(月) 18:14:04.82

    11月初旬から、香港のソーシャルメディアでは、拘留中に警官に輪*され妊娠した16歳の少女がいるとの情報が流れた。これは、医療関係者の間では「公然の秘密」として知られているという。警察は事実関係を否定している。香港紙・自由時報が報じた

    香港のネット掲示板「連登討論区」で8日、あるネットユーザーは抗議デモ参加中に逮捕された少女が、拘留中に警官に集団*され、妊娠したと書き込んだ。少女は8日、エリザベス病院で中絶手術を受けたという。

    このアカウントによると、この少女の妊娠と中絶の事案は医療関係者の間で広く知られている。

    香港のネット掲示板「連登討論区」で8日、あるネットユーザーが16歳の少女が集団*され、妊娠し中絶手術を受けたと書き込んだ(スクリーンショット)
    また、病院の救命治療室の医師だと名乗る人物はフェイスブックで、少女の妊娠と中絶が隠し通せない事実だと書き込んだ。自身はネット掲示板で暴露したネットユーザーとは別人だと説明した。

    アカウントによると、11月初旬から認知していたが今や「紙包不住火」とした。また「自分は黙らされたとしても、この真相を知る数千人がいる」とも主張した。この人物は、香港の人々に犠牲者への支援を行うよう呼びかけた。「病院は非戦争の場所であり、誰もが平和的に意見を表明できることを願っている」

    全文
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17363946/

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【本当?ウソ?】香港警察、デモに参加した少女を集団レイプか 少女は妊娠し中絶】の続きを読む






    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    ようやくライダイハンが動き出した。ただ、今回は韓国籍を求めてやってきているので、補償の問題では無かった。
    ベトナムは韓国に補償は求めないのか?
    世界中にライダイハンの存在を明確にして、韓国軍が行った愚行を発信するべき。

    1 チンしたモヤシ ★ :2019/10/22(火) 18:23:05.23

    統一の分水嶺はGSOMIA期限11月22日

    「私たちは誰の子孫なのか」…ライダイハン、国籍取得の集団行動に出た
    2019.10.21|4:09
    http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?sid1=all&arcid=0924103644&code=11131100


    ●「30年間尋ねたが、何の返答もなかった」


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    韓国国籍取得のための法的手続きを進めるために訪韓したライダイハンの一行が17日、宿舎の前でポーズを取っている。
    左から時計回りにカン・ギョンス、チョン・ウグン、キム・サンイル、アン・ドナム、キム・ヨンヒ、キム・サンイル氏の母、 チョンティウンアイ、チョンティウンオクチイェプ、ウンウェンティトゥウイェンの夫。

    「我々は誰の子孫なのか答えてほしいのです。私たちは犬や牛の子供なのですか?」

    ソウル江西区のホテルで20日、国民日報の記者と会ったライダイハンのキム・サンイル(50・ベトナム名ダイナットラン)氏はひどく興奮していた。
    「全斗煥大統領の時から韓国の大統領が変わる度に30年間、青瓦台に尋ねてきましたが、誰も返答してくれませんでした。
    国会にもメディアにも手紙を送りましたが、返事はありませんでした。私たちは誰に聞くべきなのですか」

    キム氏と彼の母を含めたライダイハンの一行8人は、今月17日、訪韓最初の日程でソウル麻浦区の朴正熙記念館を訪れた。
    誰にも聞けなかった答えをベトナム派兵決定者である朴元大統領の魂に問うという意味だった。

    キム氏は、「この場所は問題の始まりなので、朴正熙記念館を訪れた」とし、「韓国から責任ある答えを聞くまで、ここを訪ね続ける」と話した。

    このうち7人は来韓できなかったライダイハン5人と共に韓国国籍を得るために、法的手続きを進める計画だ。
    事件を受け持ったパク・ジョンドン弁護士は、「集団でライダイハンたちが国籍取得のために法的行動を取るのは今回が初めて」と語った。

    ライダイハンはベトナム戦争派兵韓国軍兵士と現地のベトナム人女性との間に生まれた2世を呼ぶ言葉だ。
    米国、オーストラリアなど参戦した他の国の男性の2世らは、ほとんど父親の国の国籍を得たが、ライダイハンは、ベトナムに残り、社会的な侮蔑に耐えなければならなかった。
    韓国軍出身で彼らを支援してきたユン・フィナム牧師は「当時の韓国の経済状況上、個人が子孫を探すこと自体が容易ではなかった」と語った。

    現地には韓国軍兵士の他にも、戦争当時ベトナムにいた事業家や技術者など多様な職種の男性の子孫が父親を見つけられないまま残っている。
    このうち少数は1992年の国交正常化の後、父親と再会したが、すぐに連絡が途絶えた。
    一行の中には、両親がいずれも韓国人だが、ベトナムで生まれ、捨てられたまま成人したケースもある。

    キム氏は、韓国人の父親を持つ姉が2人いる。いずれも母親が強制的に結んだ関係で生んだ子供だ。
    キム氏は約15年前からサイゴン現地で直接自分のようなライダイハンを探し回って500人余りを集めた。
    一緒に韓国語を学び、国籍取得のための勉強もした。お金を集めてライダイハンの子孫に奨学金を支給したりもした。

    彼らにとって韓国国籍取得は何よりも「アイデンティティ」の問題だ。
    キム氏と訪韓したライダイハンのキム・ヨンヒ(48・ベトナム名ウンウェンウィンチタンキム)氏は、「幼い頃、韓国サッカー代表チームが試合をしたら私も知らずに応援した。
    友人がなぜ君を捨てた人の国を応援するのかと叱ったが、どうしようもなかった」と涙声で話した。

    文在寅大統領が昨年3月、ベトナム戦争参戦と関連し、ベトナム政府に包括的な謝罪をしたが、ライダイハンには空虚な話だ。
    現地関係者は「ベトナム地域の被害民間人にとっては、ベトナム政府も加害者に近い。
    韓国政府がベトナム政府に謝罪しても特に意味がない」とし、「外交的なジェスチャーだけでなく、被害者の把握のために実質的な措置を取らなければならない」と述べた。

    彼らが韓国で法的手続きを踏んでも、国籍を取得する可能性は高くない。
    パク弁護士は「父親が誰なのか特定されなければ、訴訟自体を提起するのが難しい」とし、
    「時間が経って父親が死亡した場合も、韓国の親族がライダイハンを認めないケースがほとんどなので、厳しい過程を経なければならない」と語った。

    文・写真=ジョヒョソク記者promene@kmib.co.kr


    【【ベトナム戦争】「私たちは誰の子孫なのか」…ライダイハン、国籍取得の集団行動に出た 韓国軍が現地で民間人大虐殺と大強姦】の続きを読む







    (出典 static.blogos.com)


    警察官が自分の身を守るための発砲なら仕方がないが、デモ隊にはそんなことは関係ない。発砲したことが許されない。これ以上騒動が拡大したら、イギリス軍が介入するらしい。イギリス軍を守るためにアメリカも加わる。それを阻止するために中国軍が動き出す。止めてくれ!

    1 シャチ ★ :2019/10/05(土) 02:48:24.10

    【香港=田中靖人】香港の林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官は4日、諮問機関、行政会議の臨時会合を開き、「緊急状況規則条例」(緊急法)を発動し、デモ参加者のマスク着用を禁止する「覆面禁止法」を緊急立法で制定した。これに対し、市民は4日夜、香港各地で抗議デモを行い、一部が過激化。香港メディアによると、新界地区で警官が実弾を発砲し、14歳の少年が太ももを撃たれた。

     香港では1日、九竜半島・セン湾で警察が実弾を発砲。高校2年の男子生徒が左胸に被弾している。

     少年は病院に搬送され、意識はあるという。

     星島日報(電子版)によると、非番の警察官1人が路上で複数のデモ参加者に囲まれて殴打されて拳銃の実弾を発射し、少年に命中した。同紙サイトの映像によると、警察官は私服姿で、転倒して殴打された際に発砲したもよう。直後に火炎瓶を投げ込まれて瞬間的に手に火が付き、逃げ惑う姿も映されている。別のメディアは私服警官だとしている。

     5日午前0時に施行される覆面禁止法は、違反者には禁錮1年以下か罰金刑を科す。緊急法の発動は英国統治下の1967年に中国共産党支持派の大規模な暴動が起きて以来、半世紀ぶりで、97年の香港返還後は初。デモが続く香港情勢は新局面を迎えた。

     緊急法は、行政長官と行政会議が「緊急事態または公共の安全に危害が及ぶ事態」と判断した場合、立法会(議会)の手続きを経ずに集会や移動などの自由を制限できると定めている。民主派は「事実上の戒厳令だ」と反対してきた。

     一方、検討中とされた夜間外出禁止令は、親中派の有力議員が反対し、採用されなかった。

    産経新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191005-00000505-san-cn
    2019/10/05(土) 00:20:28.72
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1570202428/


    【【香港】デモ隊の14歳少年が実弾で撃たれて負傷】の続きを読む







    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    何でも法律で制定できるそうな。すごい法ですね。デモでのマスク禁止をこの法律で制定させました。

    1 ガーディス ★ :2019/10/04(金) 18:34:33.70

     複数の香港メディアは4日、香港政府が同日にも、政府が市民のあらゆる権利を制限できる「緊急状況規則条例」(緊急法)を発動すると報じた。同法に基づき、まずはデモ隊が顔を隠すことを禁じる「覆面禁止条例」を即日施行する見通し。

     緊急法の発動は、1997年の中国返還後、今回が初めて。香港の「1国2制度」はかつてない危機に直面し、民主派は「独裁だ」と強く反発している。【香港・福岡静哉】

    https://mainichi.jp/articles/20191004/k00/00m/030/124000c


    【【速報】香港政府、市民のあらゆる権限を制限できる「緊急法」発動 中国返還後では初】の続きを読む

    このページのトップヘ