日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:政治 > 原発関係







    (出典 amd.c.yimg.jp)


    政界に飛び火ですか。しかし、収支報告にも献金先が掲示されているので、通常の政治献金ですね。裏はどうか知りませんが。

    1 樽悶 ★ :2019/10/03(木) 19:40:12.45

    稲田朋美元防衛相

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     関西電力の役員ら20人が3億2千万円もの金品を、原発がある福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(故人)から受け取っていた問題で、関電は2日、記者会見を再度開き、社内調査の結果を公表した。八木誠会長は金貨や金杯、スーツ仕立券など859万円相当を、岩根茂樹社長は金貨10枚(150万円)を受け取っていたことなどが判明。だが、進退については「再発防止、真相究明することで役割を果たしたい」とし、2人は辞任せず減給処分になると説明した。

     社内調査報告書では、高浜町の「影の町長」とも呼ばれた森山氏が「国会議員に広い人脈を有している」こともあって、関係を深めたと説明。森山氏が筆頭株主とされ、取締役を務めていた警備会社「オーイング」(本社・福井県高浜町)と、その関連会社の「アイビックス」(本社・福井市)が、自民党の稲田朋美元防衛相に献金していたこともわかった。アイビックスの吉田敏貢会長は稲田氏の後援会長を務めていた。

     稲田氏が代表を務める自民党福井県第一選挙区支部の政治資金収支報告書によると、アイビックスは2011、12年にそれぞれ36万円、吉田氏個人として11年に50万円を献金。オーイングも11、12年にそれぞれ12万円を献金していた。

     また、衆院議員の高木毅氏(福井2区)が代表を務める自民党福井県第二選挙区支部は、16年に警備費用としてオーイングに約19万4千円を支払っていた。

     本誌が12年春に森山氏を直撃取材していたことはすでに報じた。その時に関電への資金提供、国会議員との関係についても聞いていた。

    ――森山氏と関電は深い関係にあると聞いている。関電から便宜を受けることはあるのか?

    「原発立地町だから、いろいろ聞くことはある。当然のことだ」

    ――森山氏と関係のある会社が優先的に、関電の仕事を請け負っているとの話を聞いたが?

    「私も長く原発にかかわっている。関係ある会社はある。だが、関電に特別なことを頼むことはない」

    ――関電から便宜を受けたり、逆に接待したりするなどないのか? 金銭授受の噂(うわさ)もある?

    「そんなことはあるわけない」

    ――国会議員との強力な関係を指摘する人もいる?

    「地元なんだから当然、先生は知っているよ。それだけだ」

    ――「影の町長」という人もいる。それは国会議員や関電との特別な関係があるからなのでは?

    「影の町長だなんてないよ。嫉妬とかあっていろいろ言う人がいるようだが、何もないよ」

     森山氏は、関電や国会議員との「特別な関係」を否定していたが、金品の提供や国会議員との関係について、関電側は2日の会見や報告書で認めている。

     森山氏をよく知る高浜町の関係者はこう話す。

    「森山氏は普段はいいおじいさんですわ。けど、ひとたび自分の思い通りにならないと豹変(ひょうへん)する。怒らせると本当に怖いですね。影の町長、フィクサーと言われるのは関電や国会議員との強力な関係があるからです。私も関電の社長だという人と森山氏のツーショット写真を見せられました。高浜町の元助役程度で関電の社長と会えるわけがない」

     ある野党幹部が話す。

    「関電のスキャンダルが出てから、高木氏がなぜかアポもなく野党の控室にふらっと現れてびっくりした。普通、与党の大臣経験者がいくら議院運営委員長だからといって、野党の控室なんか来たりしませんよ。野党が何か探ってないか偵察にきたんじゃないか。関電スキャンダルと政治については今後、国会で追及したい」(今西憲之)

    10/3(木) 16:58配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191003-00000042-sasahi-pol

    ★1:2019/10/03(木) 18:21:06.11
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1570094466/


    【【原発マネー】関電3億2千万円“裏金” 元助役の関連会社が 稲田朋美 元防衛相ら自民党議員に献金 後援会長も】の続きを読む







    (出典 www.manabi.pref.aichi.jp)


    同和が入っているのなら関電社員の対応も納得。西日本地区では同和教育と言うのがあって差別をしては駄目だと教えられてきた。
    同和とは江戸時代の士農工商の身分制度の中にも組み込まれない身分だった。彼らは集団で生活していた、だから部落と言われている。
    今は部落はない。
    今同和と言って活動している人達は同和出身の人ではないそうだ。他国から来た人達らしい。

    1 プラチナカムイ ★ :2019/10/02(水) 23:12:23.26

    「森山は地元同和の大物という話だが何か知っているか?」。「“ 人権(同和)絡み”だから森山はタブー視されてきた」。関西電力の役員が高浜町(福井県大飯郡)の元助役、森山栄治氏(故人)から多額の金品を受けていた問題で、大手メディアの記者やウォッチャーからこんな連絡を受けたのは先週末のこと。森山の住所と高浜町の同和地区を照合すると確かに“ビンゴ ”だから関心を寄せていたのだが…。単純な噂だとは思えない。億単位のカネが動き、関電のような巨大企業が恐れ、役員に金品を提供するという不可解な行為、こんな異常な現象だからこそ根拠と確信を得た。「同和が絡まぬわけがない」。こういう思いを抱いて高浜町に向かった。

    部落ネタで女性教師を廃人に追い込む

    高浜町と言えば福井県嶺南地方、通称、“原発銀座 ”に位置する自治体だ。と同時に福井県下で最も同和事業が盛んで、森山の自宅がある西三松にしみまつの隣保館「高浜町立三松センター」にはかつて部落解放同盟福井県連合会があった。関西地方に行けば市役所、町役場、公民館に人権標語が掲げられることは珍しくない。ただ北陸地方は同和のイメージが薄い。しかし高浜町は北陸にあってしっかり“同和推し ”をしている。こんな町だ。

    高浜町住民生活課の窓口に設置してある。この町のどこに部落差別があるのか不思議だった。

    議会には同和問題対策委員会もあった。
    それにしても今回の問題に違和感を覚えた人も多かったのでは? 再稼働や拡張工事など地元の理解を得るため電力会社側が有力者に金品を提供するというシナリオならばありえる話だ。しかし地元側から電力会社に金品提供とは前代未聞。なぜこんな事態が起こりえたのか? それは“ 同和のドン ” 森山が解放運動を背景に高浜市、そして関西電力を屈服させてきたからだ。あるいは森山が同和絡みというのは言及されなくても、こんな報道から見て取れる。

    10月1日、MBS(毎日放送)によれば関電は森山に原子力担当の幹部職員を対象にした人権教育研修の講師に招いていたと報じた。こうした場合の「人権」とは一般的な「人権」の概念とはかなり異なる。行政・企業にとって「人権」とは「同和」を示す一種の隠語といった存在だ。この点は過去にも指摘してきたが、一応補足しておこう。そして森山の足取りである。

    今回は「森山栄治」を含めて、彼を取り巻いた人物は故人が多い。笹沢左保の推理小説『死人狩り』ではないが、物故者の爪痕を探るのも骨が折れる。何しろ森山は享年90歳だからその関係者も当然、高齢者で助役現職時代を知る人は少ない。森山の経歴を見るといくつか興味深いことがある。時系列で紹介する。

    1969年12月11日に高浜町に入庁。
    1971年に総括課長兼建設課長。
    1975年10月11日から1977年3月31日まで収入役。
    1977年4月1日から1987年5月31日まで助役。

    入庁からわずか二年で課長になった上、「統括課長は森山のために作られた肩書き」(町関係者)。

    (中略)

    同和と在日案件 吉田開発社長は元韓国人

    おそらく森山もこのタイプに近いのではないか。ある時は解放同盟の存在をちらつかせながら原発行政を牛耳ったと考えれば納得できる。それから森山と解放同盟の関係でもう一つ証言を得たのは「吉田開発」(高浜町関屋)との関係だ。同社はご存知の通り、関電から20億円超の受注をしていた会社だ。同社・吉田彪社長は高浜町の住民ではなく、舞鶴市在住。そして現在は帰化しているが元韓国人だ。こういう証言を紹介しておこう。

    「吉田さんは舞鶴の解放同盟員に森山を紹介してもらい、1984年頃に高浜に来た。そこから短期間のうちに吉田開発とゴルフ練習場で大儲けした。それも森山の後ろ盾があってのことだ」

    吉田開発の前には吉田社長にインタビューをしようと報道陣が連日、押し寄せている。近隣住民は言う。

    「韓国人やったのはこの辺りの人は知っているよ。でも人柄も悪くないし吉田ださんに悪い印象はないなあ。。森山さんは嫌いだけどね。ここ数年はそうでもないんやけど、大雪が積もることがあったから、吉田さんの会社が重機を出して除雪してくれた。様子? うん、感じよかったよ」

    そんな吉田社長は会社にも不在、そして舞鶴市の自宅にも不在で、近隣住民によれば「車がないから遠出しているんじゃないか」ということだ。報道陣から雲隠れしているのだろう。

    2019年10月2日
    https://jigensha.info/2019/10/02/kanden/

    ※前スレ
    関電が恐怖した 高浜町助役は 地元同和の ドンだった! ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1570021348/


    【関電が恐怖した 高浜町助役は 地元同和の ドンだった!】の続きを読む







    (出典 www.sankei.com)


    相手がなくなられて方なので真実がわかりませんね。どちらにしても関電が不利な事は事実。

    1 樽悶 ★ :2019/10/03(木) 01:36:22.89

    関西電力の八木誠会長(左)と岩根茂樹社長

    (出典 www.sankei.com)

    福井県高浜町の元助役森山栄治氏(同町提供)

    (出典 www.sankei.com)


     関西電力役員ら20人が福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(故人)から多額の金品を受領していた問題。関電関係者は「断ることも返却することもできなかった」と口をそろえる。証言を総合すると、元助役が激高したり、脅迫めいた言葉をかけたりと、極めて高圧的な態度をとっていた様子が浮かび上がる。土下座を強要された社員が複数いたと証言する幹部もいる。金品受領問題をめぐっては、関電は2日午後、岩根茂樹社長が大阪市で記者会見する。

     「どうして受け取らないんだ!」

     元助役に怒鳴られた関電社員は少なくないという。

     幹部の1人は「激高なんてものじゃない」と強調。元助役に「お前の家族がどうなるのか分かっているのか」と言われ、土下座を迫られた社員が複数いたと話す。精神的苦痛から会社を去る社員もいたという。

     関電の八木誠会長は、多額の金品を受け取った社員は「一生懸命返そうとしたが、返してもまた来る。その繰り返しで(金品が)どんどん増えた」と明かし、「担当者はかなり恐れていた」とも振り返る。

     八木氏自身、原子力事業本部長などを務めた平成18~22年に金品を受領。「やむなく受け取った。今考えると、過度に気にしすぎたのかもしれない」と語る。

     元助役は、関電社内で広く知られる存在になっていく。しかし、関電は有効な対策をとらず、不適切な関係を続けた。

     金品受領は昨年、金沢国税局の調査で指摘され、関電も調査を実施したが、結果は公表せず、取締役会にも報告していなかった。関電は9月27日にこの問題で会見を開いたが、詳細を明らかにせず、政府からも批判を受けていた。

    10/2(水) 10:23配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000533-san-soci


    【【関電】元助役「どうして受け取らないんだ!」と土下座強要 関電関係者「激高なんてものじゃない」「担当者はかなり恐れていた」】の続きを読む


    関電、幹部20人が7年間で3億2千万円相当の金品受領






    (出典 www.tokyo-np.co.jp)


    これが原発利権という事ですね。増収罪にはならないようですね。公務員に対して民間企業が金銭等々の贈り物をすると成立する罪だが、今回は逆なので、税務申告をしていたら問題ないらしい。馬鹿々々しい話ですね。原発反対の声が大きくなるでしょう。

    NO.7826836 2019/09/27 13:26
    関電、幹部20人が7年間で3億2千万円相当の金品受領
    関電、幹部20人が7年間で3億2千万円相当の金品受領
    関西電力の八木誠会長(69)や岩根茂樹社長(66)を含む役員ら6人が関電高浜原発が立地する福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(今年3月に90歳で死亡)から金品を受け取っていた問題で、関電は27日、記者会見を開いた。関電は社内の調査委員会の調べで、平成23年から30年までの間に20人が、3億2千万円相当を受け取っていたことを明らかにした。

    岩根社長は「当社としてはコンプライアンス疑義をもたれかねないものと考え、厳粛にうけとめている」と謝罪した。関電から森山氏への便宜供与については否定した。

    関電は昨年7〜9月、社内外の委員による調査委員会での調査の結果、金品の返却を決定。それまで返却していなかったことについて岩根社長は「地域の有力者で、返却を強く拒まれたため。関係悪化を恐れて返却できなかった」と釈明した。

    また、岩根氏は社長就任時に、森山氏に面会。儀礼の範囲を超える物品を受け取った。返却するために管理していたことを認めたが、「役員の個人口座に現金が振り込まれたことはない」と否定した。ほかにも、八木会長が取材に対して受領したと認めている。これまでに八木会長や岩根社長ら6人は計約1億8千..



    【日時】2019年09月27日 13:08
    【ソース】産経新聞
    【関連掲示板】


    【関電、幹部20人が7年間で3億2千万円相当の金品受領】の続きを読む

    このページのトップヘ