日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:話題 > 電話関係



    (出典 www.jiji.com)



    下がるだろうけど、どこかで値上げするはず。

    1 ばーど ★ :2020/09/19(土) 17:17:12.37

    菅義偉首相は18日、官邸で武田良太総務相と会談し、携帯料金値下げの「具体的な結論」を出すよう指示した。武田氏は会談後、「百パーセントやる。やるかやらないかの話だ」と強調した。値下げ幅は「1割程度では改革にならない。海外では健全な競争原理を導入し、7割ほど下げた国もある」と述べた。

    ある携帯大手の幹部は「政権の本気度を感じている。値下げに向けて何らかの対応をせざるを得ない」と話す。

    昼の武田総務相…

    2020/9/18 23:00 (2020/9/19 5:14更新)日本経済新聞 
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO64080780Y0A910C2EA2000/

    関連スレ
    【武田総務相】携帯引き下げ「100%やる」 ★5 [ばーど★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1600499937/


    【【菅首相本気】携帯料金下げ 大手幹部「本気度を感じている」】の続きを読む



    (出典 tk.ismcdn.jp)



    期待していますよ。

    1 記憶たどり。 ★ :2020/09/18(金) 13:47:26.06

    https://this.kiji.is/679514974798251105?c=39550187727945729

    菅義偉首相は18日、武田良太総務相と官邸で会い、
    携帯電話料金の引き下げなどについて結論を出すよう指示を出した。
    武田氏が会談後、記者団に明らかにした。

    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1600399674/
    1が建った時刻:2020/09/18(金) 11:32:12.54


    【【期待】菅首相が携帯電話料金引き下げへ指示】の続きを読む

    no title

    業者が払う電波利用料が引き上げられたら、携帯料金は上がるのでは?

    1 WATeR ★ :2020/09/13(日) 17:25:25.15

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200913/k10012615821000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)

    “電波利用料引き上げも必要” 菅官房長官 携帯電話事業で

    2020年9月13日 13時49分

    携帯電話の料金について、菅官房長官は13日民放の番組で、大手3社による寡占状況が続いているとして、各社の価格競争が十分に働かない場合は携帯電話の事業者などが国に支払う「電波利用料」の引き上げを含めた対応も必要だという考えを示しました。

    この中で菅官房長官は、携帯電話の事業は大手3社による寡占状況が続いていると指摘したうえで「総務大臣と相談しながら、法改正によって非常に透明で競争できる仕組みを作り、取り組みを行っているが、いまだに携帯料金は高い。電波利用料の見直しはやらざるをえない」と述べ、各社の価格競争が十分に働かない場合は、携帯電話の事業者などが国に支払う「電波利用料」の引き上げを含めた対応も必要だという考えを示しました。

    このあと、菅官房長官は記者団に対し「携帯電話の事業者は国民の大事な公共の電波の提供を受けてサービスを展開している。そういう中で、やはり国民にとって便利で使いやすい、そして安いということは極めて大事だ」と述べました。


    【【矛盾】携帯料金下がらないなら…電波利用料の引き上げも視野 菅官房長官】の続きを読む

      

    (出典 smartphone-expert.club)


    1 雷 ★ :2020/08/17(月) 18:50:05.13

    米商務省によるファーウェイおよび関連企業に対する事実上の禁輸措置が課されてから1年以上が経過しました。それによりファーウェイの新機種にGoogleサービスを搭載できなくなりましたが、一時的一般許可証(TGL)の有効期限が繰り返し延長されることで、同社のGoogleサービス搭載済みAndroid製品はアップデート可能であり続けていました。

    しかし13日(米現地時間、以下同)にTGLが期限切れとなり、今後は従来製品もアップデートできなくなる可能性があると報じられています。

    米商務省は2019年5月、ファーウェイおよび68の関連会社を、米企業が政府の許可なく取引を禁じられる「エンティティーリスト」へと正式に追加。その直後にTGLを発行したことで、ファーウェイによる既存の通信ネットワーク維持や、発売済みのスマートフォン向けにソフトウェア更新が引き続き可能となっていました。

    上記のように延長が重ねられたTGLですが、5月に米商務省は「Expected Final 90-Day Extension(おそらく最後の90日間の延長)」と付け添えて8月13日まで延長。そして8月14日に何の声明もなく、米The Washington Post紙には商務省からライセンスの有効期限が切れているとの声明が送られてきたとのことです。

    商務省は電子メールで、同ライセンスは「ファーウェイ製品のユーザーや通信プロバイダが代替サプライヤーへの移行を急ぐ一方で、一時的にそれらデバイスや既存のネットワークを運用し続ける機会」を提供していたと述べています。ファーウェイ製品の使用禁止という最終目標は揺るがず、そのための猶予期間は十分用意したと示唆しているもようです。

    かたやGoogleの広報担当者も、同社がこれまでアップデート配信を許可したのはTGLに基づいていたと回答。それ以上のコメントは拒否しています。


    続きはソース
    https://japanese.engadget.com/huawei-google-023052987.html

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1597653784/



    酷い話ですね。どこまで対立は続くのでしょうか?

    【【米中戦争】Huaweiスマホ 過去機種もAndroidアップデート不可へ】の続きを読む



    (出典 setsuzoku.nifty.com)


    1 すらいむ ★ :2020/01/22(水) 15:48:29.74

    20代に広がる「固定電話恐怖症」ベルが鳴っただけで体が震え心臓ドキドキ・・・退職する人も

     固定電話が怖い、苦手だという人が増えている。
     ある調査によると、会社の固定電話にかかってくる電話が「イヤ、ストレスだ」と感じる人が62.42%もいて、とくに東京の20歳から34歳の若い世代は71%だった。
     街で聞いたある20代の男性がこのように答えた。
     「(固定電話は)めちゃくちゃ苦手。文字を打つことに慣れすぎちゃって。話すというコミュケーションをあまり取りたくない。顔も見えない相手と電話するのは、めちゃ怖い」

     産業カウンセラーの大野萌子さんは、「電話に出る、もしくは出ようとすると、心身症状を伴う苦痛を感じることを電話恐怖症と言います。心臓がドキドキするとか、電話の音が鳴っただけでビクッとしてしまう。体が震えてしまうという症状が出ることも多いです」と話す。
     客や取引先からのクレームや暴言などで、電話で仕事が手につかず、退職に追い込まれる人もいるという。

    ■家の電話も経験なし!?親から「掛かってきても出るな」
     固定電話が苦手な人が増えた理由について、大野さんは「固定電話がない家が増えてきて、あっても、『知らない人からかかってきても出ちゃだめよ』という家庭が多くなり、電話に出ることを経験していない」と指摘する

     固定電話を廃止する会社も出ている。
     問い合わせはすべてメールにしたところ、無茶な要求はなくなり、作業効果がアップしたという。

     キャスターの立川志らく「固定電話のプラス面、何かありますか」

     高橋知典(弁護士)「(問い合わせなどで電話したとき)人が出てくると安心しますよね」

     司会の国山ハセン「災害時に役立ちます」

    J-CASTテレビウォッチ 2020年1月22日 12時4分
    https://news.livedoor.com/article/detail/17700263/

    ★1が立った日時 2020/01/22(水) 14:06:02.88
    前スレ http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579669562/



    慣れだと思いますよ。私も電話は嫌でした。入社した時、電話の取り方話し方の指導がありましたが、その内に慣れましたよ。

    【【固定電話恐怖症】ベルが鳴っただけで体が震え心臓ドキドキ 若者に広がる 】の続きを読む

    このページのトップヘ