日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:政治 > リニア関係



    (出典 money-academy.jp)



    静岡だけがクローズアップされているが、他の所でも問題続出のようだ。

    1 どこさ ★ :2020/10/16(金) 05:00:51.90

    https://mainichi.jp/articles/20201014/k00/00m/020/102000c

    未着工のリニア中央新幹線南アルプストンネル静岡工区を巡り、静岡県は工事による環境影響に対する考え方をまとめた文書を公表した。
    JR東海に対して、掘削でトンネル内に湧き出る水を県内に全て戻すように求める「全量戻し」の要求は継続する。
    県は「どのくらいの量の湧水(ゆうすい)が発生するのかを明確にすべきだ。
    対策を考える前提として全量戻しは譲れない」と主張する。

    8月に開かれた国土交通省の第5回有識者会議で、JR東海はトンネル掘削案を提示した。
    湧水を県外に流出させない対策として3案を検討したが、いずれも「実現は極めて困難」と結論づけた。
    湧水の県外への流出は避けられず、「県外流出する総量を極力、減らす対策を取る」と説明する。

    座長の福岡捷二・中央大研究開発機構教授は会議後、
    「湧水の流出に関して議論を行い、JRから示された工法は現実的であろうという意見もあった」としつつ、
    「一定量の湧水が流出することから、大井川中下流への影響について、さらなる検討を進めるようにJRに要請した」
    との談話を発表した。

    一方、県は今月7日に「リニア建設の環境影響における考え方」をテーマにした文書を公表。
    大量の湧水が県外に流出する恐れがあり、大井川の水利用や南アルプスの自然環境に与える影響は大きいとの見方を示した。
    JR東海に対して、湧水の全量を戻せないことを前提にせず、「全量戻しを前提に対策を考えるべきだ」と要求。
    「湧水が県外に流出すれば、大井川水系の水の総量は減る。水資源に影響は出る。ゼロリスクはあり得ない」と主張した。

    また、国交省の有識者会議で、河川流量の変化を予測した「水収支解析」に基づいて説明するJR東海に対し、
    県は「地下水の変化を推定する解析の精度は高くない」との指摘を続けている。
    県中央新幹線対策本部長の難波喬司副知事は「トンネル湧水量が分からないのに『大井川への影響はゼロ』と言うのは、論理が矛盾している。
    根拠も分からない。大井川流域の水の総量を減らさない前提でJRは対策を考えてほしい」と提案した。

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1602741716/
    1が建った時刻:2020/10/15(木) 11:09:37.12 [記憶たどり。★]


    【【厳しい要求】静岡県、湧水の「全量戻し」譲らず。JRに対策を要求】の続きを読む



    (出典 grapee.jp)


    1 ばーど ★ :2020/08/09(日) 17:03:38.43

    大阪府の吉村洋文知事は6日、リニア中央新幹線の大阪延伸が目標の2037年から延期する可能性に「納得していない」と述べた。リニアは静岡県内での工事が遅れており、東京(品川)―名古屋間の27年からの開業延期が不可避となっている。JR東海の金子慎社長が5日に37年の大阪延伸を「難しい」と話した点を踏まえて言及した。

    吉村知事は静岡県に対し「水問題を軽視しているわけではない」とした上で、「国家プロジェクトを完全に止める権限が自治体にあるのであれば、自治権としてやりすぎだ」と苦言を呈した。「地方の意見を聞いた上で合意できない場合は、国家として進める手続きがいまの日本には必要だ」と強調した。

    リニア事業は国が財政投融資としてJR東海に3兆円を貸し付けている。一方で静岡工区は水資源の影響を懸念する県との協議が難航し、工事が滞っている。JR東海は工費の面から名古屋―大阪間の着工は「東京―名古屋間の開業後」との姿勢を示しており、27年の開業が遅れれば37年までの延伸も難しくなるとしていた。

    JR東海に対しては「期間を延ばすことには一切合意していない」と述べた。「(27年に)名古屋まで完成していなくても、名古屋―大阪の手続きは(別として)きちんと進めていただきたい」と要望した。

    2020/8/6 18:56 日経新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62380920W0A800C2LKA000/

    関連スレ
    リニア中央新幹線「2037年の大阪延伸は難しい」 JR東海社長が会見 [ばーど★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1596677624/

    ★1が立った時間 2020/08/09(日) 09:42:45.20
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1596942359/



    大阪としては地域活性にも繋がる大事なプロジェクトなので気が気でないのも事実。

    【【大阪は困る】吉村知事、リニア延期で静岡県に苦言「国家プロジェクトを止める権限が自治体にあるのは自治権としてやりすぎ」】の続きを読む



    (出典 infall24.com)


    1 さかい ★ :2020/07/12(日) 01:08:55.38

    7/10(金) 22:25
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7f9abe15759c035deec6bccbe30bf6a26646f3e4

    JR東海が求めるリニアの準備工事を容認するよう、国交省の事務方トップが10日静岡県庁で打開案を説明しましたが、川勝知事はこの提案を受け入れませんでした。

    JRは非常口周辺の木の伐採や整地など準備工事を開始できるよう求めていますが、静岡県はトンネルの掘削工事と一体だとして認めていません。

    開業の延期が避けられない情勢の中、事態の打開を目指して10日、国交省の藤田耕三事務次官が川勝知事を訪問し、水資源や自然への影響が軽微と認められる範囲で速やかに工事を認めるよう提案しました。

    しかし知事は…

    川勝知事「坑口は本体工事と一体とみなすという共通理解があります」

    藤田事務次官「これでは足りないとか、具体的にこういう心配があるとか、追加的にどういう条件が必要なのかといろいろな話ができる。ただダメだと言われても先に進めない」

    川勝知事「工事をすると言っても出来る状態ではない。本末転倒というか現場を全然踏まえてない議論だと思う」

    藤田事務次官「今できることを進めておく…」

    川勝知事「今できることは作業員の安全を確保することでしょ」

    藤田事務次官「そのことと(工事に必要な)条例の手続きとはどう関係するのか」

    結局議論は平行線となり、国交省が大井川の流域の市町と直接対話を求めて終わりました。

    川勝知事「工事をする方の現状がどうなっているか知れば、あるいは写真でも見れば、7月中に静岡県として認めるということは机上の空論に等しい」

    一方で大井川流域市町のひとつ、島田市の染谷市長の温度感は、少し違いました。

    島田市・染谷市長 「(国交省の提案に)反対する権限というか理由を探すのが難しい。国交省から話があればぜひ直接伺ってみたい」

    国交省の直接説明を受け入れるかどうか、静岡県は流域10市町の意向を確認する方針です。

    前スレ(★1 2020/07/11 土 21:47:41.59)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1594471661/



    辞めたら。もしくは静岡県を避けるルート。もしくは静岡県に駅を作ったらr良いじゃないの。


    求人広告
    オンラインサロンの企画・運営サポートメンバー募集
    世界初の権利収入型オンラインサ
    ロンです
    詳細は次のURLをクリックしてご覧ください。
    https://www.easytogo.work/

    【【リニア中止?】国交省提案を静岡県”拒否】の続きを読む



    (出典 estlinks.co.jp)

    1 ばーど ★ :2020/06/26(金) 23:25:31.72

    リニアのトンネル工事、静岡県知事「認められない」

    静岡県の川勝平太知事は26日、未着工のリニア中央新幹線静岡工区についてJR東海の金子慎社長と会談後、金子社長が求めた今月中のトンネル工事準備について「本体工事と一緒なので、認められない」と了解しない考えを明言した。報道陣の取材に答えた。

    金子社長は、予定している2027年のリニア中央新幹線開業に向け、初めて川勝知事と会談。月内の本格的なトンネル工事準備を了解するよう求めたが、川勝知事は明確な返答をしなかった。金子社長は会談で、「6月中に(準備)工事に着手できなければ27年開業が困難になる」と述べた。

    川勝知事は、南アルプスを貫通するトンネル工事の影響で大井川の水量が減るとして、着工を認めていない。

    2020/06/26 17:56 読新聞
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20200626-OYT1T50244/

    ■関連スレ
    【リニア】2027年の開業、遅れる可能性高まる…静岡県知事、JR東海社長に「条例は甘くみないほうがいいと思う」★2 [ばーど★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1593173144/

    ★1が立った時間 2020/06/26(金) 17:30:41.72
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1593176020/



    大井川の水が枯れるからだそうだが、十分な検証はできたのだろうか?

    【【大井川の水が枯れる?】リニアのトンネル工事、静岡県知事「認められない」】の続きを読む



    (出典 www.wbsj.org)


    1 首都圏の虎 ★ :2020/06/27(土) 04:16:20.04

     JR東海が、2027年に予定しているリニア中央新幹線の開業延期を来週にも表明する見通しとなったことが26日、分かった。

    2020/6/26 22:59 (JST)6/26 23:11 (JST)updated
    https://this.kiji.is/649248098294432865

    ★1 2020/06/27(土) 00:11:27.35
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1593192636/



    そもそもリニアは必要なのかという議論になるな。大井川の下を掘ると大井川の水が枯れるとか。

    【【静岡県と合意できず】JR東海、リニアの27年開業延期を表明へ】の続きを読む

    このページのトップヘ