日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:話題 > 車関係


    no title

    県外と言っても東北の人でしょう。雪に対して甘いのかな。

    NO.9107122 2020/12/18 09:41
    大雪で立往生 救助のトラック、ほとんどが普通タイヤ 岩手県と秋田県を結ぶ国道

    大雪の影響で、16日、岩手県と秋田県を結ぶ国道で立往生して救助された10数台のトラックのほとんどが普通タイヤで、チェーンも用意していなかったことが分かりました。救助にあたった岩手県は、冬道を走る際は冬用のタイヤを装着するなど対策をとるよう呼びかけています。

    岩手県北上市と秋田県を結ぶ国道107号線では、16日、積雪の影響で立往生する車が相次ぎ、午前7時からおよそ8時間、一部の区間が通行止めとなりました。

    岩手県の北上土木センターは、10数台のトラックをけん引するなどして救助に当たりましたが、そのほとんどが県外ナンバーで、普通タイヤを装着し、チェーンも用意していなかったということです。

    土木センターは、当時、並行する秋田自動車道が通行止めになっていたことから、トラックが国道に入り、装備が不十分で動けなくなったとみています。

    北上土木センターは、冬道を走行する際は必ず冬用のタイヤを装着し、チェーンを用意するよう注意を呼びかけています。



    【日時】2020年12月17日 19:06
    【ソース】NHK


    【【迷惑車は県外】大雪で立往生 救助のトラック、ほとんどが普通タイヤ】の続きを読む



    (出典 www.ancar.jp)



    三菱自動車は色々問題おこしたからな。

    1 ばーど ★ :2020/11/16(月) 13:35:45.73

    ・業務面での協力は継続も、仏ルノー含めた巨大自動車連合は転換点に
    ・ゴーン元会長逮捕やコロナで経営環境激変、日産は生き残りへ全力

    日産自動車が、保有する三菱自動車株について売却を含めた資本関係の見直しの検討に着手したことが分かった。三菱自を巡ってはカルロス・ゴーン元会長(特別背任罪などで起訴)が巨額の出資を決断して傘下に収めた。その後、元会長の逮捕や新型コロナウイルスの感染拡大など会社を巡る状況が大きく変化し、資本提携からわずか4年で大きく方針転換することになる。

    事情に詳しい複数の関係者が公にされていない情報だとして匿名を条件に明らかにした。関係者らによると、日産が三菱自株売却を検討する背景には新型コロナの影響などで業績が悪化している三菱自の回復に想定よりも時間がかかるのではないかとの懸念があるほか、仏ルノーを含めたアライアンス(企業連合)で協業体制を構築しており、資本関係を維持する必要性が薄れてきたと判断された。

    関係者らによると、三菱自を含むアライアンスでの業務面での協力関係は重要で今後も継続していく予定。日産による三菱自株の売却はより幅広いアライアンス関係の見直しの第一歩になる可能性があるという。

    売却検討の報道後、16日午前の取引で一時前週末比4.1%高まで上昇していた三菱自株は報道を受けて下落に転じ、一時同3.6%安の190円まで値を下げた。日産株は上げ幅を拡大し、6月9日以来の日中高値となる5.4%高の469円まで上昇した。

    日産広報担当の百瀬梓氏は電子メールで、アライアンスの基本方針は各社のブランド戦略や成長戦略を前提にその実現のために相互にメリットのある案件で協業をすることであり、三菱とは現在、プラットフォームの共用化やパワートレインの共通化なども進めているとし、三菱自と「資本関係の見直しを行う予定はない」とした。三菱自、ルノーの担当者はコメントを控えるとした。

    日産は2016年、燃費不正問題で経営危機に陥っていた三菱自の第三者割当増資に応じて約2370億円を出資し、同社の発行済み株式の約34%を取得。三菱重工業や三菱商事、三菱東京UFJ銀行などを抜いて筆頭株主となった。これにより、ルノー・日産・三菱自アライアンスは年間生産台数が1000万台規模に拡大し、トヨタ自動車や独フォルクスワーゲンに匹敵する世界最大級の自動車グループに成長した。

    三菱自への出資にあたっては自動車業界の覇権を目指していたゴーン元会長が三菱自の当時の益子修会長(故人)とトップ同士で交渉を重ね、短期間で合意にたどり着いた。三菱自との資本提携見直しでゴーン元会長が築いた体制からの脱却がさらに進むことになる。

    関係者らによると、三菱自株の売却先としては同社の20%を保有する第2位の株主である三菱商事などが候補となる可能性もあるが、具体的なことは何も決まっていないという。

    18年11月のゴーン元会長の逮捕以降、日産とルノー、三菱自の業績は急激に悪化。日産はゴーン時代に始まった過度な値引きの抑制やガバナンス体制の大幅な見直しなどを通じて立て直しを図ってきたが、今年に入って新型コロナの感染拡大で業績は一段と悪化。日産は今期(2021年3月期)に6150億円の純損失を見込んでいる。

    これを受けて日産は金融機関からの借り入れなどで手元資金の確保を進め、9月末時点の手元資金は2兆4791億円となり、3月末の1兆6430億円から大幅に増加した。また9月にドル建て債とユーロ建て債で1兆円以上の起債を決定し、同月末の時点で約2兆円の融資枠が未使用で残っているとしていた。

    子会社株などの資産売却も模索していたが、関係者の1人は一連の資金調達で当面の資金繰りの問題はなくなり、三菱自株を含めた資産の売却を急ぐ必要はないとの見方も示した。

    2020年11月16日 11:25 JST 更新日時 2020年11月16日 11:43 JST
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-11-16/QIW41MDWRGG001?cmpid%3D=socialflow-twitter-japan&utm_campaign=socialflow-organic&utm_content=japan&utm_medium=social&utm_source=twitter

    ★1が立った時間 2020/11/16(月) 12:07:57.61
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605496077/


    【【生き残りへ全力】日産、三菱自動車の売却検討】の続きを読む

    (出典 img04.shop-pro.jp)



    このマーク貼ってぶっ飛ばしている奴がいるぞ。

    1 みなみ ★ :2020/11/14(土) 18:16:21.55

    11/14(土) 9:40
    https://news.yahoo.co.jp/articles/743495e930fc81ea00d3945730aaacb45c189f73

    「赤ちゃんが乗っています」「子供が乗っています」といったマークをリアガラスなどに付けたクルマが見られます。カー用品の定番のひとつであり、数々のパロディ商品が存在することからも、人気の高さがうかがえますが、インターネット上では「だから何?」といった声も少なくありません。

    【写真】「BABY IN CAR」実は間違い? 本場のマークは……

     そもそも、こうしたマークはどのような目的でつくられたのでしょうか。

     マークの発祥は1980年代のアメリカです。1984(昭和59)年、ベビー用品メーカー、セーフティーファースト社が、世界で初めて「BABY ON BOARD!(赤ちゃんが乗っています!)」というマークを発売。類似商品の「CHILD ON BOARD!」マークとともに、2年間で300万枚を売り上げる大ヒットになりました。

     考案者であるセーフティーファースト社のマイケル・ラーナーさんは、当時の「ニューヨーク・タイムズ」のインタビューでマークを作った目的について、交通事故で赤ちゃんが命を落とすケースが多かったことから、周りのドライバーに注意を促し、子供の安全について意識を高める目的だったと語っています。

    以下ソースで ★1 2020/11/14(土) 15:26:36.79
    前スレ★2 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605340223/-100


    【【この意味は?】 「赤ちゃんが乗ってます」マークの目的】の続きを読む


    no title

    右左折の意思表示を示すウインカーを直前にしか出さない。ウインカーを出さすに曲がる。このような車が多いらしい。

    NO.8981666 2020/10/30 14:32
    なぜ岡山は交通事故の死亡率がワースト1に? 地域特有「ローカルルール」の危険性とは

    ■「ローカルルール」がある地域は死亡事故も多い!?
    全国の交通事故を調査・分析している専門機関「交通事故総合分析センター」が2020年7月、令和元年(2019年)の全国市区町村別での交通死亡事故件数が発表されました。

    2019年の交通事故件数は全体で38万1237件、そのうち死者数は3215人、負傷者数は46万1775人でした(出展元:交通事故総合分析センター イタルダインフォメーション No.135)。

    また、この調査結果では、東京や大阪、名古屋、福岡といった交通量が多い大都市圏で事故が集中して起きている様子はなく、ある特定の地域での死亡事故などが多いことが分かりました。

    発表された統計のなかで注目なのは、「東京都区部・政令指定都市別死者数」です。

    東京都区部や横浜市、大阪市、名古屋市における、人口1万人に対しての死亡者数は「0.10人から0.14人」に対し、政令指定都市の死者数でワースト1位になった岡山市では「0.37人」と3倍以上を記録しています。

    東京都区部の約948万7000人に対して、岡山市は70万9000人と、単純に考えても交通量も全然違うはずなのに、岡山市で人口1万人当たりの死者数多いのはなぜなのでしょうか。

    そこで思いつくのは、地域ごとにあるといわれるローカルルールの存在です。

    道路交通法とはまったく違う、地元ならではの走り方や暗黙の了解が横行しており、これが重大事故を引き起こしている原因のひとつだと考えられます。

    人口1万人に対する死者数を政令指定都市別に見ていくと、前述のようにワースト1位の岡山市は0.37、熊本市は0.30人、静岡市は0.24人と、ワースト3は意外な結果でした。

    また、JAFの調査による「住んでいる交通マナーが悪いと思う」ランキングでは、地元の人が自分の件の交通マナーが悪いと感じているワースト1位は香川県(80%)、次いで2位が徳島県(73.5%)、3位が茨城県(67.2%)と、これまた意外な結果となっています。

    この結果を踏まえると、交通死亡事故の比率が高い地域や運転マナーが悪いと認識している地域の多くには、その地域ならではのローカルルールが存在しているのです。



    【日時】2020年10月30日 09:10
    【ソース】くるまのニュース


    【【ローカルルール】なぜ岡山は交通事故の死亡率がワースト1に?】の続きを読む


    no title

    佐賀県は車が無いと生活できません。必然的に2台目以降は軽自動車が主流となります。

    1 ばーど ★ :2020/10/27(火) 06:13:26.55

    佐賀県に住んでいると、軽自動車の多さに驚かされる。スーパーの駐車場、道路、田んぼ、あらゆる所で見かける。昨年度の100世帯当たりの軽自動車普及台数は103・0台で、長野と鳥取に次いで全国3位だった。なぜ「一家に1台」を超える軽自動車王国となったのか。その理由を探ってみた。

     「スライドドアだと、狭い道でも乗り降りしやすいですよ」

     9月下旬の土曜日。軽自動車専門の中古車店「タックス唐津」(唐津市)で、子どもを連れた女性が店員の説明を聞いていた。

     創業からおよそ40年になるというこのお店。初めは軽以外も扱っていたが、売れる車の7割近くが軽ということで、販売を軽に絞った。福岡市出身で、唐津で8年ほど販売している店長の常広法貴さん(31)は、「佐賀では家族に1台で足りず、1人1台の感覚で2台目以降を軽にする人が多いと感じる」。

     隣接する車検場に来ていた唐津市の主婦、坂本亜紀子さん(38)は家族7人で5台の車を持ち、2台は軽という。同市の無職、岸田茂登さん(74)は「年金暮らしなので、維持費が安い軽でじゅうぶん」と話す。

    庶民の味方、共働きの味方

     なぜ佐賀は軽自動車王国なのか。全国軽自動車協会連合会佐賀事務所の牛島光英事務局長(59)に聞いてみた。

     軽は「庶民の味方」だ。車体価格が比較的安いというのもあるが、維持費もリーズナブル。現在、乗用で自家用の軽四輪車の軽自動車税(年1万800円)は、車体価格で軽と競合するコンパクトカーの半額以下。燃費もよく、高速道路の通行料金も安いなど、経済的なメリットが大きい。庶民に強く支持されることが普及率の高さの一因と言えそうだ。

     牛島さんは「生活の足として軽は必需品」とも話す。連合会の統計によると、電車やバスなど公共交通機関を使う人が少ない地域では軽の普及率が高いという。この統計(2010年の国勢調査をもとに作成)では、通勤通学者で、電車やバスなどの公共交通機関を使う人の割合は、佐賀で6・0%、宮崎は3・2%。軽の普及率上位10県は、いずれも10%未満だ。軽の普及率が九州・山口で最も低い38位の福岡は、22・3%と比較的高い。

     ただ軽の普及率が25位の大分、31位の山口は、公共交通機関を使う人の割合が6~7%で、佐賀と大きく変わらない。それも「共働き世帯」の多さで説明できるという。夫婦のいる世帯のうち共働きである割合は全国平均で48・8%(18年に総務省が公表した就業構造基本調査)、佐賀は53・8%で全国10位タイだが、大分・山口は全国平均未満。「通勤に車が必要」という人の割合が佐賀は多いということだ。佐賀では「軽は県民の移動の足で、無いと生活できないほどになっている」(牛島さん)。

    ケチと悪口を言う人もいるけれど

     「佐賀らしさ」も軽自動車王国…残り:675文字/全文:1824文字

    2020年10月26日 15時30分 朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASNBV45ZFN9QTTHB004.html

    (出典 www.asahicom.jp)


    【【軽自動車王国】 軽自動車「一家に1台」超える佐賀県 ケチ?いいえ、合理的】の続きを読む

    このページのトップヘ