日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ: 話題



    (出典 kanteikyoku-risecorporation.com)

    1 納豆パスタ ★ :2020/05/24(日) 02:57:37.38

    一人一律10万円の特別定額給付金の申請受付が全国の自治体で始まった。10万円の使い方について、キャリコネニュース読者からもさまざまな声が挙がっているが、中には中学2年生の息子から「使わせてくれないなら学校行かない」と言われたという保護者もいた。

    給付金はニュースなどでも大きく取り上げられており、一人10万円が配られることを知っている子ども多いだろう。ただ、10万円ともなると中学生には大金だ。下手に全額を渡すと金銭感覚がおかしいことなりかねない。実際、子どもの給付金10万円はどうすべきなのだろう。

    「10万円はお小遣いではない。学校など教育機関でもしっかり伝えるべき」

    教育評論家の石川幸夫氏が保護者に聞き取りをしたところ、小遣い以外に給付金から保護者が子どもに渡す”自由に使っていいお金”は、小学生で5000円(低学年は1000~2000円)、中学生で1~2万円という人が多いという。高校生は、中学生と同額か若干多い程度。石川氏は、

    「残りは塾代など教育費に使う家庭が多いです。それ以上の額を渡すとなると、何に使うのかしっかり聞く必要があります。子どもに10万円を渡す一般家庭はほぼないでしょう」

    と話す。仮に10万円をすべて子どもに渡した場合、「あの子は全額貰った」という情報が流れる。その結果、いじめが発生し、差別や恐喝の対象になる可能性もあるという。

    「10万円はお小遣いではなく、緊急事態宣言下での国からの給付金。学校など教育機関でもしっかり伝えるべきです」(石川氏)

    「保護者だけが趣味に使ってしまうのは、子どもからすれば許しがたい行為」

    子どもから「なぜ自由に給付金が使えないのか」という発言が出ることについては、「普段から親子間コミュニケーションが不足していることが背景にあるのでは」と指摘する。

    コロナ禍によって収入が減少してしまったので、給付金は生活費に使うという人も少なくはない。家庭の経済事情がわからないと、なぜ自分は自由に使えないのか、と不平を抱いてしまうだろう。

    「ただ、子どもには自由に使わせず、保護者だけが趣味に使ってしまうのは、子どもからすれば許しがたい行為です。子どもがいる家庭だと、給付金は個人のものというより『家族で使うお金』です」

    その上で石川氏は「なぜ給付金が配布されるか、どのように使うかを家庭でしっかりと説明する責任が保護者にはあります」と話す。昨今、親子間コミュニケーションが薄れている家庭が増えているが、新型コロナで在宅ワークになり交流が増えた家庭もある。

    「こういう機会だからこそ、親子でコミュニケーションをとり意思疎通のチャンスになるのではないでしょうか。子どもが給付金に対してどう考えているのか、何がしたいのかをしっかり聞いてください。給付金にはそういう使い道もあります」

    2020.5.23 キャリコネニュース
    https://news.careerconnection.jp/?p=93527

    前スレ ★1が立った時間 2020/05/23(土) 20:50:18.44 [ばーど★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590238906/


    (出典 中2息子の「給付金10万円を自由に使わせて」に親はどうすべき?…識者「全額あげるといじめや恐喝の対象になる可能性も」★3 [納豆パスタ★])

    この機会に親子でじっくり話し合う機会を持ってもらいたいですね。未成年者に直接10万円渡すのは反対ですね。
    【【親子間のコミュニケーション】中2息子の「給付金10万円を自由に使わせて」に親はどうすべき?】の続きを読む



    (出典 www.m3.com)


    1 首都圏の虎 ★ :2020/05/23(土) 14:58:52.80

    東京都医師会の会長職にある尾崎治夫医師は、新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、医療現場のひっ迫ぶりを理解しようとしない政権に、いつも苛立っていた。

    「国会のなかで閉じこもっていないで現場を見に来い!」

     何度、筆者はこの言葉を聞いたことか。

    医療崩壊寸前だった東京都
     東京都の感染者は、3月下旬にかけて急増した。一ケタ台だった1日の感染者数が、25日に41人を記録し、翌日から47人、40人、63人、68人と高止まりの様相を呈している。4月に入って、とうとう100人の大台を超えた。

     病床の確保さえままならないなか、このペースで増えていけば、感染者を受け入れる病院が崩壊しかねない。欧米では感染者があふれた病院の医師や看護師が切羽詰まった様子で助けを求めている。その映像が、脳裏に焼き付いて離れない。

    PCR検査を増やせば、感染者が増えるのは目に見えている。無症状や軽症の人がほとんどだが、その人たちも病院に隔離しなければならない。泣きながら治療に当たる看護師の話も聞いた。欧米のような医療崩壊の悪夢は、この東京で見たくはない。

     一方では、感染者と知らずに治療に当たる医療従事者が院内感染の危険に晒されるケースが増えていた。骨折で運び込まれた患者が感染していたとか、心不全の患者に気管内挿管をしたら、感染していることが後に判明したケースもある。当然、その場にいた濃厚接触者である医療従事者は、戦列を離れなければならない。

    若者たちに等身大の言葉で語りかける
     PCR検査を拡大しても、抑制しても大きな悲劇が待ち構えている。この二律背反の難題に取り組むには何が必要かを尾崎は考えた。

     一つは緊急事態宣言を発出して、新たな感染者を極力抑えることだ。若者が海外旅行に行ったり盛り場でクラスター(集団感染)を形成したりしていることが指摘されていた。

    尾崎はFacebookで若者に語り掛けた。

    「(自粛は)もう飽きちゃった。どこでも行っちゃうぞ…。もう少し我慢して下さい。生きていることだけでも幸せと思い、欧米みたいになったら大変だと思い、密集、密閉、密接のところには絶対行かない様、約束して下さい。私たちも、患者さんを救うために頑張ります」

    都医師会長というお堅い肩書に反した型破りな呼びかけに、お友達申請が、何千も届いた。以降、殺到するメディア取材依頼を「おれは吼え続ける」と受け続けた。なかなか緊急事態宣言を出そうとしない政権に対して業を煮やした尾崎は、記者会見を開いて、都医師会独自の「医療的緊急事態」を宣言する。

     一方、医療面での喫緊の課題は病床の確保だった。PCRを進めても重症者への治療が滞らないように、軽症者や無症状の感染者を宿泊用のホテルに入ってもらうスキームを描いた。ここを医師会が仕切って、日々の健康状態を診て症状が悪化したらすぐに病院へ送る。このホテルへの移動によって、感染者を受け入れている病院は一息ついた。

    全文はソース元で
    2020/05/21
    https://bunshun.jp/articles/-/37909

    (出典 bunshun.ismcdn.jp)



    本当に政治家が行ったら邪魔なだけ。危機意識を持てという事。

    【【現場を見に来いとは危機意識を持てという事】「政治家は現場を見に来い!」医療崩壊と闘い続ける“東京都医師会長”が怒りの叫び】の続きを読む



    (出典 ichef.bbci.co.uk)


    1 緑の人 ★ :2020/05/23(土) 15:40:07.48

    ハフポスト日本版編集部

    ・オーストラリアのABCテレビは、
    日本の新規感染者数が減少傾向にあることをこう表現する記事を載せた。
    第二波の懸念はあるものの、緊急事態宣言が段階的に解除されつつある日本。
    厳格なロックダウン(都市封鎖)などをせずにここまで至った理由について、複数の海外メディアが検証している。

    ABCテレビは、公衆衛生の専門家の間で「日本は次のイタリアかニューヨークになる」と囁かれていたものの
    「実際にはそうならなかった」と指摘。
    当初はPCR検査数の不足から、感染者の実態が把握できないと批判されたが「死者数が爆発的に増加することはなかった」とした。

    そして京都大学の本庶佑・特別教授の「ミステリーだ」という言葉を紹介したうえで、
    日本人は普段から手洗いなどの習慣があることや、キスやハグなどが一般的ではないことが理由の一つではないかとした。

    ・ブルームバーグは
    「なぜ日本はロックダウンも大量の検査もなくウイルスを撃退したのか?」とする記事を掲載。
    日本の専門家への取材をもとに考察を加えている。
    クルーズ船がきっかけで、コロナをどこか人ごとと捉えていた日本人の危機意識に火がついたとした。

    また、「日本は他の国と違って専門家主導のアプローチができた」とする田中氏の言葉をもとに
    「政治のリーダーシップが欠けていると批判されたが、それによって医師や専門家が前面に出ることができた」と評価した。

    ・イギリス紙「ガーディアン」
    「政府批判から、国民の習慣への賞賛へ」という副題の記事を掲載している。
    記事では今の日本を「世界的な反響を得た台湾や韓国などと違う、もう一つのコロナ対策のサクセス・ストーリーと言える」と表現した。

    政府の対策への批判が寄せられていたことを紹介し、もともと日本人には花粉症対策などでマスクをつける習慣があったことや、
    衛生観念が発達したことが感染抑制につながった可能性があるとした。

    そのうえで「安倍首相は自ら国民に“3密”回避を呼びかけたが、ほとんどの賞賛は、戦いの前からウイルス対策の習慣で武装した、
    国民の静かな決意に向けられている」と指摘した。


    (出典 iup.2ch-library.com)

    ハフポスト日本版編集部
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1662968ba059a2b96257b5d11eed0108477a6cf

    関連スレ
    欧米メディア「日本はコロナの大流行回避」「理由は不明だが比較的成功した」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589505882/
    米メディア「日本はコロナ死者数が奇跡的に少ない。結果は敬服すべきものだ」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589714857/
    英BBC、日本を「最も健康的な国家」に選出「コロナ序盤の成功は世界的に評価されてる」「マスクは危機を最小限に」と絶賛
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1587450376/
    WHO・進藤奈邦子「世界からはジャパニーズ・ミラクル」「日本の戦略的検査を私たちは高く評価」
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589362378/
    WHO・進藤奈邦子「日本は世界的にみるとほぼ奇跡」「欧米より圧倒的にコロナ死亡が少ないのは、世界的な感染症専門家が指揮」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1589338582/
    WHO、日本のクラスター調査を評価「非常に優れたデータ」
    関連スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1586573104/
    専門家会議「実はPCR検査をたくさんやってる国のほうがコロナ死亡数が多い」 
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589085980/
    田崎史郎「日本が死者数なぜ少ないかは、尾身先生が、医療崩壊を防げた、クラスターを潰せた、日本人の高い健康管理意識の3つだと分析されてる」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1589879492/
    日本はCTの数が世界一であり、世界のCTの3分の1近くが日本にある CTで予備診断が可能
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1586588619/



    政府が無能なので国民が頑張ったと海外メディアも認め始めましたね。どう考えても政府の政策だと世界で最も被害の大きな国になっているはずなのに、その逆。国民の頑張り以外、考えられないでしょう。

    【【国民の決意】「日本は次のイタリアかNYになると実際にはそうならなかった」「もう一つのコロナ対策のサクセス・ストーリー」】の続きを読む



    (出典 j-town.net)


    1 記憶たどり。 ★ :2020/05/23(土) 13:58:28.39

    https://www.j-cast.com/trend/2020/05/22386514.html?p=all

    マスクを着用していなかったコンビニエンスストアの店員に、男性が「マスクしろよ」と怒鳴り、さらに警察に通報――。

    2020年5月22日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系列)で紹介された映像だ。
    番組では、SNS上で、映像の男性のようにマスクを着けていない人を非難する「マスク警察」という言葉が出現していると取り上げた。

    ■マスク警察は「極端、柔軟性に欠ける」

    番組放送後、ツイッターでは「ただの言いがかりにしか思えない」「でもぶっちゃけマスクはして欲しい」という意見や
    「マスク警察とかマスコミが変に煽るから勘違いする人が増えるんだよ」といった指摘が出るなど、話題になった。

    マスクをしていない人への非難がある一方で、着用は不要という人もいる。

    「室内入るときはするけど外だとしなくていいやろと思ってる」
    「マスクつけてない人ちらほら見るようになった。私もつけてない」

    J-CASTトレンドは、街の人の意見を聞いた。

    50代の男性は、「マスク警察」について「潔癖に近い神経質な人と、『私はルールを守っているのに!』と
    自分を正当化して他人を非難したがる人がいる。いずれも極端で、つけていない人に文句を言うのは柔軟性に欠けていると思う。
    マスクをしていない人がいたとして、咳き込んだ瞬間にタオルやハンカチを口元にあてるなら良いのでは」と意見した。

    都内を観察するとほとんど全員が着用

    60代女性は「マスクをしてない人に対してのバッシングはやり過ぎだと思う。今朝の番組(「とくダネ!」)を見たが、
    自分のストレスを人にぶつけているようだった」。一方で、マスクをつけない人は「(マスク着用による効果の)意味を理解せずに
    『いらない』と言っている人には、何を言っても無理な気がする。着用が義務ではない以上、マナーとして受け止めないと」と話した。

    記者は5月22日、東京都内の様子を40分ほど観察したところ、見かけた人のほぼ全てがマスクを着用しているように感じた。
    入店したコンビニエンスストア内と通行中の中高年男性2人を除き、スーパー2か所と薬局にいた人はほとんど全員マスクをしていた。
    スーパーにいた若い男性は、マスクの代わりにお洒落なハンカチを口元にあてて買い物をしていた。

    政府が20年5月4日に公表した、新型コロナウイルスを踏まえた新しい生活様式。一人ひとりの基本的な感染対策として、
    「外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用」するよう示されている。



    マスクは相手に対するおもいやりの一つでしょう。自分は関係ないではなく、マスクがあれば安心するでしょう。あくまで店の中だけで良いでしょう。外を歩く時はしなくても良いのでは。ただ、人通りが多い所ではマスクした方が良いですね。

    【【マスクは相手へのおもいやり】マスク着けないと非難されるのか 「マスク警察」出現!】の続きを読む



    (出典 agbrief.jp)


    1 ガーディス ★ :2020/05/23(土) 10:22:20.16

    新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いてきたとして、愛知県は22日、遊園地やテーマパーク、ネットカフェ、パチンコ店などの休業要請を解除した。
    しかし、すでに営業を再開したり、再開したものの再び休業したりする施設が相次ぎ、関係者らは「県の方針に振り回された」と困惑を隠せない。

    県によると、最初に一部施設への営業自粛要請を解除した今月15日から1週間が経過したが、
    県内の新規感染者数、陽性率、入院患者数とも判断基準となる指標を大きく下回っており、感染防止対策を徹底した上で、再開できると判断したという。

    テーマパーク「レゴランド・ジャパン」(名古屋市港区)は19日に「22日からの再開」を発表したものの、20日に県から改めて休業要請があり、延期を発表したばかり。
    二転三転した対応を知らず、客が誤って来園した場合に備え、スタッフやキャラクターがこの日朝から、入場ゲートで待機。
    トーベン・イェンセン社長(54)は「22日の再開予定を延ばした時は、すごく落ち込んだ。再開を楽しみにしてくれている来園者に申し訳ない気持ちでいっぱい」と話した。23日に再開するという。

    愛知県蒲郡市の複合リゾート施設「ラグーナテンボス」は15日からの一部自粛要請解除を受けて、県内在住者に限定してテーマパーク「ラグナシア」を22日に再開することを決めた。
    しかし、県から20日に「遊園地は休業要請対象」と指摘され、21日に再開延期を発表。さらに22日の休業要請解除を受け、23日から再開することにした。

    一方、17日に営業を再開していた県営公園の愛・地球博記念公園(長久手市、モリコロパーク)内の遊園地「ファミリー愛ランド」は22日に休業し、再び23日の開業を決めるなど施設側の対応にばらつきが出た。
    ある遊園地の関係者は「開業するには従業員を集め、飲食を仕入れる準備と多大なコストがかかる。愛知県の方針に振り回されっぱなしで、事業者の苦労を県が分かっているとは到底思えない」と話した。

    こうした状況について大村秀章知事は22日、記者会見で、「県側の対応に問題はなく、混乱も生じていない」と語り、営業再開は業者側の責任との認識を示した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5b621a26d478529100b56ef6ce4bec234d21876c



    大村知事だから有りそうな事。自分は悪くないと言っているのだから始末が悪い。安倍さんとどっちが無能か?

    【【大村知事 私は悪くありません】愛知県に振り回される遊園地 開業準備中の2日前に休業要請 昨日突然解除】の続きを読む

    このページのトップヘ