日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ: 話題


    no title

    緊急事態の1カ月延長案が浮上 感染高止まり、解除の基準「ステージ3」遠く - SankeiBiz
    緊急事態の1カ月延長案が浮上 感染高止まり、解除の基準「ステージ3」遠く  SankeiBiz
    (出典:SankeiBiz)

    仕方ないでしょうね。

    NO.9198367 2021/01/22 14:25
    緊急事態宣言 1カ月程度の延長案も

    緊急事態宣言の期限となる2月7日に、解除か延長か。

    政府はどう考えているのか、官邸前からフジテレビ政治部・鹿嶋豪心記者が中継でお伝えする。

    政府関係者は、「宣言の効果は出てきている」と評価する一方、「感染者が減るスピードが遅い」とも指摘していて、政府は、宣言の延長を視野に入れた検討に着手している。

    閣僚の1人は、特に東京都の感染者について、「増加は抑えられているが、減少には至っていない」と指摘し、政府内では、2月7日までに、宣言解除の目安になる「ステージ3」に戻すのは「至難の業だ」という声が多く上がっている。

    政府高官は、「宣言を延長するかどうかは、来週の数字を見て判断する」と話している。

    また、菅首相の周辺は、仮に宣言を延長する場合、「1カ月程度の延長が基本になる」という認識を示している。

    菅首相は、午後の対策本部で、経営が悪化した企業に対する雇用調整助成金の特例措置を、少なくとも宣言が継続される間は延長する方針を説明し、国民の関心が高いワクチン接種についても、今後の対応を説明する見通し。

    政府高官は、「もう2週間たてば、感染者は必ず減る」と強調するが、予断を許さない状況は当面続くことになる。



    【日時】2021年01月22日 11:57
    【ソース】FNNプライムオンライン


    【【コロナ感染拡大】緊急事態宣言 1カ月程度の延長案も】の続きを読む

    no title

    「侮辱罪だ! 謝罪させろ!」逮捕された“マスク拒否おじさん”は東大出身の研究者だった《捜査員相手に大暴れ》 - 文春オンライン
    「侮辱罪だ! 謝罪させろ!」逮捕された“マスク拒否おじさん”は東大出身の研究者だった《捜査員相手に大暴れ》  文春オンライン
    (出典:文春オンライン)

    常識を知らない人ですね。

    NO.9201344 2021/01/23 15:40
    「侮辱罪だ! 謝罪させろ!」逮捕された“マスク拒否おじさん”は東大出身の研究者だった《捜査員相手に大暴れ》

    新型コロナの感染拡大で、マスクの着用が当たり前となった昨今。

    一方でマスク着用を巡るトラブルも多い。

    1月10日、カリフォルニア州ロサンゼルスの薬局ライト・エイドに入店したハリウッド俳優ブルース・ウィリスがマスク着用を拒否。

    薬局側から退店を求められたと報じられた。

    日本でも同月16日、“鼻出しマスク”で大学入学共通テストを受けていた男性(49)が、「鼻までをマスクで覆うように」という監督官の再三にわたる指示に従わず、失格になった。

    ピーチ機の緊急着陸で逮捕そんな中、飛行機でマスクの着用を拒否してトラブルを起こし、緊急着陸させた茨城県在住の大学職員(当時)、奥野淳也容疑者(34)が、1月19日に威力業務妨害などの疑いで大阪府警に逮捕され、1月22日に同罪で起訴された。

    トラブルを起こしたのは2020年9月だったが、罪状に疑う余地はなく、逮捕からわずか3日でのスピード起訴となった。

    「事件は去年9月、釧路から関西空港に向かうピーチ・アビエーションの機内で起きました。客室乗務員がマスクを着けていない奥野容疑者に着用をお願いしましたが、かたくなに拒否。その際、近くにいた乗客から『気持ち悪い』と言われたことに奥野容疑者がヒートアップし、『侮辱罪だ! 謝罪させろ!』などと大声を上げ始めました。客室乗務員から再三注意を受けましたが、聞く耳を持たず、挙句には、客室乗務員の腕をつかみ怪我を負わせたのです」(府警担当記者)

    このままでは、安全な飛行ができないと判断した機長は、途中の新潟空港に緊急着陸。

    その場で奥野容疑者を降ろしたものの、運航は1時間半余..


    【日時】2021年01月23日 12:00
    【ソース】文春オンライン
    【関連掲示板】


    【【常識を知らない】逮捕された“マスク拒否おじさん”は東大出身の研究者だった《捜査員相手に大暴れ》】の続きを読む

    no title


    東京人は全員感染しているのでしょう!

    NO.9198867 2021/01/22 17:58
    自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナに感染

    自民党の石原伸晃元幹事長が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。

    石原元幹事長は21日、自ら率いる派閥の総会に出席し、普段通りあいさつなどを行っていました。



    【日時】2021年01月22日 16:56
    【ソース】テレ朝news


    【【東京コロナ】自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナに感染】の続きを読む


    no title



    老害は引退しましょう。

    NO.9193864 2021/01/20 23:55
    二階幹事長“政府にケチつけるな”発言に「引退して」と批判殺到

    「オリ・パラの成功が、世界中のアスリートの支援につながり、それをみて挑もうとする世界中の子供たちの笑顔と希望になると確信している」こう語るのは自由民主党の二階俊博幹事長(81)。

    これは20日午後に開催された衆議院の代表質問に立った二階幹事長が答えたもの。

    今夏に控える東京五輪・パラリンピックの開催意義を熱弁する二階幹事長だが、見通しは依然暗いままだ。

    1月8日には2度目の緊急事態宣言が発令されたが、新型コロナウイルスの感染者数は未だに全国で連日5,000人前後を記録するなど終息の気配は見えない。

    五輪開催についてもJOC(日本オリンピック委員会)理事の山口香氏は19日、毎日新聞のインタビューで《再延期にはコストもかかる。

    今回はやるか、やらないかの選択だと思う》と語るなど、“身内”からも厳しい指摘が飛び出している状況だ。

    そんななか、二階幹事長のある発言に批判が殺到している。

    それは二階幹事長が単独インタビューに応じた19日放送の『クローズアップ現代+』(NHK総合)でのこと。

    序盤、インタビュアーを担当した武田真一キャスターがNHKの世論調査で菅義偉首相(72)の不支持率が支持率を上回ったことについて触れると、二階幹事長は、「これは、みんなやり場がないんですよ。この今の状況を。どこにぶつけていきますか。野党の某政党に『責任はお前の政党にあるよ』と言ってみたってしょうがないじゃないですか」と、好転しない新型コロナへの“怒り”を国民が政府に転嫁しているという持論を展開。

    さらに水際対策や緊急事態宣言の発令タイミングなどが「後手後手」と批判を..


    【日時】2021年01月20日 18:20
    【ソース】女性自身


    【【老害引退を】二階幹事長“政府にケチつけるな”発言に「引退して」と批判殺到】の続きを読む



    (出典 news.tv-asahi.co.jp)



    同意!

    1 ニライカナイφ ★ :2021/01/20(水) 20:18:40.21

    ■ ワクチンをめぐる“誤解”

     世界各国で新型コロナウイルスのワクチン接種が始まっている。日本でも来月下旬、医療従事者や高齢者から順に接種が始まる見通しだ。だが「絶対に打ちたくない」という声も、医学界から聞こえてくる……。

     ***

     そもそもワクチンは、感染予防にならないのだという。

    「誤解されている方が多いですが、季節性のインフルエンザなど注射で打つタイプのワクチンは、ウイルスの感染自体を防ぐことはできません。新型コロナウイルスのワクチンも同じで、打ったとしても感染を防ぐ効果はないのです」

     そう解説するのは東京大学薬学部の池谷裕二教授。ワクチンはあくまでも「重症化を防ぐ」ために打つものなのだという。誤解を生みやすいのは、「数字」が独り歩きするせいかもしれない。例えば、ファイザー社のワクチンは「65歳以上に94%の有効性」などと報じられるが、

    「有効性94%などと聞くと、ワクチンを打った人の94%が感染しないとの印象を持つ人もいるでしょうが、違います。ワクチンを打っていない集団で100人感染し、打った集団で10人が感染した場合、有効率は90%ということになる。あくまで打った人と打たなかった人の感染の割合を見ての比較です」(国際医療福祉大学の松本哲哉教授)

     さらに、日本政府が供給を受ける契約を結んでいる数種のワクチンは、弱毒化させた病原体などを使う従来型のワクチンではない。たとえばファイザー社とモデルナ社のワクチンでは「メッセンジャーRNA」なるものを注射する。新潟大学名誉教授で医師の岡田正彦氏の解説によると、「体内にコロナウイルスの表面のトゲトゲと同じものを作らせ、それに免疫が反応するという仕組み」だそうだが、岡田氏は「絶対に打ちたくない」と強調する。

    ■ ファイザー製のワクチン

    「メッセンジャーRNAは、本来われわれの体内で短時間で消滅するようになっている。今回のワクチンではその特性を何らかの方法で変え、分解されないようにした。分解されないとすると、注射されたメッセンジャーRNAは体内に半永久的に残るかもしれず、それがどう影響するのか誰にも分かりません」

     もちろんワクチンには、高齢者や基礎疾患を持つ人など、リスクの高い人の重症化を防ぐ利点もある。1月21日発売の週刊新潮ではワクチンのポイントほか、医療崩壊が叫ばれる現場の「真実」などと併せて報じる。

    「週刊新潮」2021年1月28日号 掲載
    https://news.livedoor.com/article/detail/19563886/

    ■ 前スレ(1の立った日時:2021/01/20(水) 18:40:22.77)
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1611135622/


    【【新型コロナ】医師「そもそもワクチンには感染予防効果はない。あくまでも重症化を防ぐためのもの。絶対に打ちたくない」】の続きを読む

    このページのトップヘ