日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:事件 > 教育



    (出典 brandnew-s.com)


    NO.8079075 2020/01/06 09:55
    《神戸・教師いじめ》ネットで拡散後、雲隠れする女帝Aと取り巻き3人の今
    《神戸・教師いじめ》ネットで拡散後、雲隠れする女帝Aと取り巻き3人の今
    「12月に入り通院の頻度も減り、薬には頼っていますが夜も眠れるようになってきました。早ければ来年度には教壇に戻れるように調整をしているようです」(X教員の代理人弁護士)

    30〜40代の先輩教員4人が20代のX教員に対し、いじめの限りを尽くした兵庫県神戸市の東須磨小学校で起きた教師間いじめ事件。X教員を羽交い締めにし、激辛カレーを無理やり食べさせ、大笑いしている教員たちの動画が報道されると、加害教員たちへの怒りは列島を駆け巡った。

    ■ネットで晒し者、外出できず

    暴力、暴言、教師とは思えない非道な行為は50項目以上。“女帝”と呼ばれるベテラン教員のA(40代)と取り巻き教員のB、C、D(いずれも30代)による悪行だった。

    追い詰められたX教員は2019年の夏休み明けから登校できなくなり、事件が明るみになった。市教委は同年10月に外部調査委員会を設置。12月20日に報告書を公表、'19年内にも加害教員らを処分する予定だったが、

    「X先生が被害内容を訴えたメモなどの資料10点ほどを調査委員会に提出し忘れていました。隠蔽ではないです」

    と前出・市教委の担当者は謝罪。公表時期は年度内とはされるが未定だ。

    X教員は被害..



    【日時】2020年01月05日 21:00
    【ソース】週刊女性PRIME
    【関連掲示板】


    【【神戸・教師いじめ】ネットで拡散後、雲隠れする女帝Aと取り巻き3人の今】の続きを読む



    (出典 soratoburin.com)


    NO.7963659 2019/11/20 01:14
    東須磨小暴言・暴行 加害教員4人から任意聴取 兵庫県警
    東須磨小暴言・暴行 加害教員4人から任意聴取 兵庫県警
    神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間の暴行・暴言問題で、兵庫県警が加害教員4人全員から、任意で事情聴取を始めたことが18日、関係者への取材で分かった。被害を受けた男性教員(25)=療養中=が10月中旬に被害届を提出していた。暴行や強要容疑などを視野に捜査し、立件の可否を検討する。

    関係者によると、任意聴取を受けたのは30〜40代の加害教員の男女4人=いずれも休職中。逃亡や証拠隠滅の恐れがないとして今後、任意捜査を継続する見通し。

    被害教員については既に、体調を考慮しながら、須磨署が複数回にわたり事情を聴いている。コピー用紙の芯で尻をたたかれ腫れた−など約50項目に及ぶ被害内容を記した文書とともに、羽交い締めで激辛カレーを食べさせられている動画や、自家用車の上に乗られている写真なども提出されているという。

    同署には問題発覚後、全国から「なぜ加害者を逮捕しないのか」「捜査を早く進めて」といった電話が多い日で10件以上寄せられていた。

    一方、加害教員の間には意見や認識の違いもある。加害側4人の給与を差し止めた市教育委員会の処分について、30代の男性教員1人が不服として取り消しを..



    【日時】2019年11月18日 21:48
    【ソース】神戸新聞
    【関連掲示板】


    【【警察遅い!】東須磨小暴言・暴行 加害教員4人から任意聴取 兵庫県警】の続きを読む






    (出典 fujitvforsugotoku.jp)



    まとめて公表すると一人の女生徒をみんなでみだらな行為をしたと勘違いするではないか。この記事の書き方は駄目。

    1 ばーど ★ :2019/11/12(火) 07:09:33.39

    県教育局は11日、県立高校の女子生徒と交際し、複数回みだらな行為をした県北部の県立特別支援学校の男性教諭(28)ら、県立高校や公立中学校の男性教諭3人を懲戒免職にしたと発表した。

     同局県立学校人事課によると、特別支援学校の教諭は3月まで勤務していた県立高校の女子生徒と無料通信アプリ「LINE(ライン)」で連絡を取り合い、4月末~7月末、車や県内のホテルでみだらな行為をした。8月13日深夜に女子生徒を車に同乗させていたところ、警察官から職務質問され、21日に教諭自ら校長に相談して発覚した。

     県西部の県立高校の男性教諭(34)は昨年6月30日と7月9、17日に同校の女子生徒を車に乗せ、みだらな行為をし、今年8、9月にも教科準備室で後ろから抱き締めた。生徒が養護教諭に相談して発覚した。女子生徒は昨年5月に悩みを相談するため教諭とLINEの連絡先を交換。教諭は「相手が自分に好意を持っていると勘違いした」と話しているという。

     県北部の中学校の男性教諭(27)は2月3日、秋田県内のホテルで、会員制交流サイト(SNS)で知り合った同県の18歳未満の少女とみだらな行為をした。

     同局はまた、5月に行った柔道部の指導について実際と異なる時間を申請し、教員特殊業務手当(部活動手当)を不正に受給した県立杉戸高校の男性教諭(54)と、昨年4月に自家用車で運転中、バイクと衝突し、運転手に全治約3カ月のけがを負わせた熊谷市の公立小学校の男性教諭(47)を懲戒戒告処分とした。

    2019年11月12日(火) 埼玉新聞
    http://www.saitama-np.co.jp/news/2019/11/12/01_.html


    【【埼玉】交際する生徒とみだらな行為、教諭免職 生徒が好意…勘違いした別の教諭もみだらな行為 さらに別の教諭も】の続きを読む






    (出典 bungu-uranai.com)



    おいおい反省してないんか?なぜ逮捕されないのだろうか?

    1 ガーディス ★ :2019/11/08(金) 20:06:00.22

    2019/11/08 18:00
     神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、市の条例改正で「分限休職処分」を受け、給与を差し止められた加害教員4人のうち30代の男性教員1人が、処分を不服として取り消しを求め、市人事委員会に審査請求したことが8日、関係者への取材で分かった。男性教員側は「職員の意に反した休職について、刑事事件で起訴された場合に限る地方公務員法の委任範囲を超えている。身分保障の観点から適当ではない」などと、市の対応を批判している。
     市は、加害教員4人に有給休暇を取らせていることに市民らの批判が殺到したため、4人の給与差し止めを念頭に条例を改正。分限休職処分の対象に職員が重大な非違行為を*、起訴される恐れがある場合などを追加した。市教育委員会が諮問した職員分限懲戒審査会は「一部教員は起訴される蓋然性(確実性の度合い)が非常に低い」などとし、4人への改正条例適用を「不相当」と判断。だが、市教委は10月31日から4人を分限休職処分とし、給与を差し止めた。

     男性教員側は、審査請求書で「改正条例は『重大な』『恐れ』など、極めて抽象的な文言で休職事由を拡大している」「処分は暴行・暴言の期間や頻度が異なる他の加害教員と一律に行っている」と指摘。また、弁明の機会が保障されていないとし、「処分対象となる行為を知らされていない」としている。

     代理人弁護士によると、男性教員は「自分が関与した部分について、しかるべき手続きで処分を受けるのはやむを得ない」と話しているという。(佐藤健介、霍見真一郎)

    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201911/sp/0012860770.shtml


    【【神戸教師間イジメ反省なし】加害教員のうち1人が給与差し止め不服で審査請求 加害者「身分保障の観点から適当ではない」 】の続きを読む






    (出典 douga-news.work)



    全く反省していないではないか。もう教員免許剥奪。剥奪しなくても全国の教育員会では彼らを教員として迎え入れるところはないだろう。予備校?その可能性はあるな。

    1 豆次郎 ★ :2019/11/04(月) 13:17:32.11

    11/4(月) 13:12配信
    AERA dot.

    東須磨小のイジメ加害教諭が「クビかも」「軟禁状態」と不満漏らす 〈週刊朝日〉

     男性教諭に激辛カレーを強制的に食べさせるなどの暴行疑惑が持ち上がった神戸市立東須磨小学校の加害側4教諭に対し、市教委は10月31日付で給与を差し止める分限休職処分とした。外部有識者らでつくる審査会が処分に反対していたが、押し切った異例の決定だった。

     4人の加害教諭は問題が発覚した当初から「有給休暇」を取得して休んでいたが、10月29日に神戸市議会は条例を改正。4人の加害教諭の給与を差し止めた。神戸市議がこう解説する。

    「イジメをやめさせないとアカン。イジメを率先してやっている加害教諭に対して、市民の税金から給料が払われるというのはまずい。市にも抗議がたくさんあった。世論に動かされた格好ではあるが、条例改正は当然だろう」

     そんな中、加害教諭の1人、Aの最近の動向がわかった。話した知人らによれば、被害者の男性教諭に対し、「なんでこっちばっかり悪いんや」「あれがイジメか、冗談やろ。(被害教諭も)楽しんでたぞ」「マスコミが騒ぎすぎや」などと話していたという。

     だが、自宅にマスコミが取材に訪れたりするようになると、Aが姿をくらませた。

    「Aは『いつまで騒動が続くんや。外にも出れない、軟禁やな』とぼやいていました。第三者委員会の処分を気にしていたようで『こんなんでクビになるのかな』と不安も口にしていた。その一方で『教員免許は取り上げられないだろうから、ほとぼりさめたら、またどこかで教えられる。今は先生のなり手が少ないからな』とあまり反省のない様子でしたね」(前出のAの知人)

    東須磨小学校では、激辛カレーイジメの動画が報じられると、学校給食からカレーを外して献立を変更していた。しかし、保護者からの批判を受けて、11月からカレーを復活させるという。保護者の一人はこう話す。

    「10月中頃にプリントが配布されて、カレーやカレー粉を使用したメニューを変更すると書かれていた。例えば、大豆入りチキンカレーは大豆の洋風煮込み、カレーうどんは煮込みうどんと変わっていた。カレーは子供たちも大好きですよ。被害教諭以外にもイジメを受けた先生もいる。カレーに変わる献立に知恵を絞る前に、教育委員会はもっと他にすべきことがあるのではないか」

     加害教諭4人の処分は、現在、第三者委員会で調査されている。前出の神戸市議はこう話す。

    「聞くところ、イジメの中心人物だった女性教諭ら2人が懲戒免職。あとの2人は停職処分だとみられている。ただ、6か月の停職だと、実質的には『辞めてください』という退職勧告ですよ。4人とも、教壇から追放される可能性が高い」

     姿をくらませている4人の加害教諭に対する怒りを前出の保護者はこう語る。

    「これだけの騒動を引き起こした4人の加害教諭は、謝罪にも出てきません。クビで幕引きなんてことはあってはいけない。ちゃんと生徒の前に出てきて謝罪してほしい」

    (本誌取材班)

    ※週刊朝日オンライン限定記事
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191104-00000011-sasahi-soci


    【【教員間いじめ】東須磨小のイジメ加害教諭が「こんなんでクビになるのか」「いつまで騒動が続くんや。軟禁状態や」と不満漏らす】の続きを読む

    このページのトップヘ