日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:政治 > 防衛



    (出典 i.ytimg.com)



    市民団体=共産党 何でも反対する

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/08/23(日) 18:02:38.23

    08月21日(金) 09時33分 更新

     陸上自衛隊が8月末に予定する一般道での戦車の走行について、20日釧路の市民団体が中止するよう求めました。

     陸上自衛隊は8月31日の夜から翌朝にかけ災害などでの長距離移動を想定し、釧路駐屯地から釧路港まで17キロ先を戦車など43両が一般道を走る訓練を予定しています。

     これに対し、釧路の市民団体は「住民に不安と恐怖を与える」と訓練の中止を求めました。

     陸上自衛隊は、「騒音や振動を減らすため速度を落とし走行する」と理解を求めています。

    https://www.hbc.co.jp/news/4fdfb2c49bc9290d78e75ca2a743ef5d.html


    【【反対は共産党】 戦車の公道走行訓練の中止求める~北海道釧路市】の続きを読む



    (出典 p.potaufeu.asahi.com)


    1 夜のけいちゃん ★ :2020/05/21(木) 18:10:42.01

    2020.5.21

     中国海軍が日本の海上自衛隊に対して戦闘能力で大幅に優位に立ったことが、日本の尖閣諸島領有や東シナ海の安定、さらに日米同盟に危機をもたらすと警告する報告書が5月中旬、米国の主要研究機関から公表された。中国側はその優位性を基礎に軍事力行使の可能性も含め、日本の安全保障に対する攻勢を強めており、尖閣占拠の具体的シナリオを作成するようになったという。(ワシントン駐在客員特派員 古森義久)

    ▪艦艇のミサイル垂直発射装置は圧倒

     ワシントンの安全保障研究機関「戦略予算評価センター」(CSBA)が「日本の海洋パワーに対する中国の見解」と題する調査報告書を作成した。同機関上級研究員で中国海洋戦略研究の権威、トシ・ヨシハラ氏が作成の中心となった。

    ソース https://special.sankei.com/a/international/article/20200521/0002.html



    この10年間で一気に軍事力の差がついたのだな。仕方あるまい。戦争しないこと。そうなると近平さんを国賓として迎えるのも国防になるね。

    【【10年前は同等だったのに!】中国海軍、海自能力より大幅優位 米機関報告書】の続きを読む

    このページのトップヘ