日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:政治 > 防衛



    (出典 p.potaufeu.asahi.com)


    1 夜のけいちゃん ★ :2020/05/21(木) 18:10:42.01

    2020.5.21

     中国海軍が日本の海上自衛隊に対して戦闘能力で大幅に優位に立ったことが、日本の尖閣諸島領有や東シナ海の安定、さらに日米同盟に危機をもたらすと警告する報告書が5月中旬、米国の主要研究機関から公表された。中国側はその優位性を基礎に軍事力行使の可能性も含め、日本の安全保障に対する攻勢を強めており、尖閣占拠の具体的シナリオを作成するようになったという。(ワシントン駐在客員特派員 古森義久)

    ▪艦艇のミサイル垂直発射装置は圧倒

     ワシントンの安全保障研究機関「戦略予算評価センター」(CSBA)が「日本の海洋パワーに対する中国の見解」と題する調査報告書を作成した。同機関上級研究員で中国海洋戦略研究の権威、トシ・ヨシハラ氏が作成の中心となった。

    ソース https://special.sankei.com/a/international/article/20200521/0002.html



    この10年間で一気に軍事力の差がついたのだな。仕方あるまい。戦争しないこと。そうなると近平さんを国賓として迎えるのも国防になるね。

    【【10年前は同等だったのに!】中国海軍、海自能力より大幅優位 米機関報告書】の続きを読む



    (出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)
    【上記は中東に派遣される護衛艦】

    1 ちーたろlove&peace ★ :2020/01/06(月) 15:57:57.13

    2020年1月6日 15時25分

    安倍総理大臣は年頭にあたって三重県伊勢市で記者会見し、緊張が高まっている中東情勢についてすべての関係者に緊張緩和に向けた外交努力を求める考えを示しました。

    会見で安倍総理大臣は中東情勢について「緊迫の度を高めており、現状を深く憂慮している。事態のさらなるエスカレーションは避けるべきであり、すべての関係者に緊張緩和のための外交努力を尽くすことを求める」と述べました。

    そのうえで「先月、イランのロウハニ大統領を日本にお迎えしたが、この地域の緊張緩和と情勢の安定化のためにこれからも日本ならではの外交を粘り強く展開する。わが国はこの地域にエネルギー資源の多くを依存しており、外交努力と合わせて情報収集体制を強化するため、この地域に自衛隊を派遣し、日本関係船舶の航行の安全を確保していく」と述べました。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200106/k10012236591000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
    全文はリンク先へ



    昨年決定していた中東への自衛隊の派遣は予定通り実行するそうだ。日本の船舶安全の確保の為とか。同時に米国とイランに自制を求める。この派遣は世界中が注目している。米国とイランの両国と親しい日本。ぜひこの緊張を和らげる活躍をして欲しい。

    【自衛隊中東へ派遣 船舶安全を確保の為】の続きを読む

    このページのトップヘ