日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ: スポーツ






    (出典 buzzcreateofficial.com)




    笠りつ子の暴言事件に思う、日本のプロゴルファーを「裸の王様化」ではなく「本物化」する必要性 笠りつ子の暴言事件に思う、日本のプロゴルファーを「裸の王様化」ではなく「本物化」する必要性
    日本の女子プロゴルファー、笠りつ子がゴルフ場のバスタオル提供を巡って副支配人に暴言を吐いた出来事は、せっかくの女子ゴルフ人気に水をさす残念な出来事で…
    (出典:ゴルフ(舩越園子))




    まさに口は災いの元。ある記事に書いてあったけど、プロゴルファーはこの世界しか知らない人が多く、世間一般の常識からズレていることが多いらしい。特に最近は20代前後の若い人たちが優勝をしてもてはやされている。きちんとした教育をしてあげなければ、第2・第3の笠が出ますよ。

    NO.7917079 2019/10/31 20:14
    女子プロゴルファーの笠りつ子「頭が固い。死ね」発言を謝罪 直筆お詫び文で「決して言ってはいけない言葉」
    女子プロゴルファーの笠りつ子「頭が固い。死ね」発言を謝罪 直筆お詫び文で「決して言ってはいけない言葉」
     女子プロゴルファーの笠りつ子が31日、オフィシャルサイトで、「マスターズGCレディース」(24〜27日・兵庫県三木市)の会場で関係者に対して不適切な発言をした当事者であることを認め、謝罪文を掲載した。

     笠はサイトに「マスターズGCレディース会場での不適切は発言に関するお詫びと今後の活動についてのご報告」と題した直筆のメッセージを掲載。「私の不適切な発言により、大会主催者、コース関係者の皆様が不快な思いをされたことは事実です。決して言ってはいけない言葉であったと深く反省しており、当該週に大会主催者ならびにコース関係者の方に誠意を込めて謝罪させていただきました。」などと記した。

     問題が発覚したのは、岡本綾子氏がデイリースポーツ紙上で、ある女子のベテラン選手が、コースの風呂場にタオルが置いてないことに腹を立て、スタッフに対して「何で置いてないのか」と食ってかかり、「タオルを出せ」「出せない」の押し問答のあげく、コースの副支配人に対して「頭が固い。死ね」と暴言を吐いたという事実を指摘したことだった。これを受けて、27日には日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長が謝罪する事態となっていた..



    【日時】2019年10月31日
    【ソース】デイリースポーツ


    【女子プロゴルファーの笠りつ子「頭が固い。死ね」発言を謝罪 直筆お詫び文で「決して言ってはいけない言葉」】の続きを読む






    (出典 pbs.twimg.com)



    テコンドー協会、金原会長の後任は金原会長!? 岡本副会長は警戒「何かたくらんでいる気がする」
    …た実績を持つ。金原会長にも1時間半ほど聞き取りを行ったが、「われわれが知らないことがまだ多い」と再度のヒアリングを示唆した。 金原会長は自身の「再任」…
    (出典:スポーツ総合(夕刊フジ))



    一生懸命、自分の利益の為に自分勝手にやってきたのだろう。選手の為に一生懸命やってたらボイコットなんかされないでしょう。それも分からないボンクラさん。
    理事全員が辞職したらしいが、この金原は再選されると思っているらしいよ。全員辞職を訴えていた副理事が言っていた。

    1 Toy Soldiers ★ :2019/10/29(火) 16:58:33.48

     全日本テコンドー協会と選手が対立している問題で、金原昇会長が検証委員会の聞き取りに対して「こんなに批判される理由が分からない」と主張したことが分かりました。

     全日本テコンドー協会を巡っては28日の臨時理事会で協会のすべての理事が来月末ごろに辞職することが決まりました。
    また、新しい理事を選び直すための検証委員会が発足し、28日に金原会長など協会幹部から話を聞いています。
    その聞き取りに対し、金原会長が「私は一生懸命にやってきた。何でこんなに批判をされるのでしょうか。理由が分かりません」と協会運営は適正だったと主張したことが協会関係者への取材で分かりました。
    金原会長は検証委員会の提案する新しい理事に選ばれなければ、協会を退く考えを示しています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20191029-00000027-ann-soci


    (出典 www.shimizusouichi.com)


    【【テコンドー】テコンドー金原会長「私は一生懸命にやってきた。何でこんなに批判をされるのか。理由が分かりません」 】の続きを読む






    (出典 amd.c.yimg.jp)




    無期限活動自粛と発表された時にはこの内容は公表できませんと言っていた。言えないだろうね。若気の至りと言えば、それまでだが。そんなに裸を見たいのならストリップでも行けば見れるのに。

    1 ガーディス ★ :2019/10/23(水) 07:42:28.60

    2019年10月22日 19時32分
    文春オンライン

     部員が女子露天風呂を盗撮していたことが発覚し、無期限活動自粛を発表した慶應義塾大学アメリカンフットボール部。問題が起きたのは、今年の夏合宿中の宿泊施設だった。8月下旬の事件発覚から10月15日の公表までには、約2カ月の“時差”がある。部内で重大な犯罪行為があったにもかかわらず、当初、監督らは何食わぬ顔で、立教戦、法政戦、明治戦の3試合に部員を出場させたことから、隠蔽の疑いも浮上している。

    盗撮行為が発覚するまで
    「1週間の合宿中、部員らが複数回にわたって女子露天風呂の竹垣の上へ手を伸ばして、入浴中の女性マネジャーらをスマホで撮影したそうです。盗撮した部員はその動画を部内の仲間にエアドロップ(※ワイヤレスデータ共有機能)で拡散するなどしたため、多くの部員の間で噂になっていた。そして、再び犯行に及んだところを入浴中の部内の女性が気づき、事件が発覚しました」(アメフト部関係者)

    主犯格は“部活の問題児”
     事件の主犯格は慶應義塾高等学校からエスカレーター式に大学へ進学したAとBの2人の男性部員。

    「2人は部内で禁止されている喫煙が発覚するなど、以前から慶應アメフト部の問題児でした。しかし、Aはスターターとして試合に出場するほど運動能力が高く、優秀な選手でした。Bはアメフト部ではレギュラーではありませんでしたが、中学3年間は陸上部に所属し、中距離競走で好成績を残すほどの実力があった。2人は仲が良く、プライベートでもよくつるんでいました」(同前)

    警視庁現役幹部の父も手を焼く「バカ息子」
    “盗撮犯”部員について取材を進めると、ある事実が判明した。警察関係者が明*。

    「実は、Bの父親は現役の警察官です。警視庁の幹部で、過去には某警察署の副署長を務めたこともあります。性格的に厳しい人物の多い幹部の中では珍しく温厚で人当たりがよく、部下からの信頼も厚かった。子煩悩で子供達の野球大会などに積極的に参加していました。ただ、Bの扱いには手を焼いていたようです。Bが父親のクレジットカードを勝手に使い込み、20万円近い請求がくることもあったと聞いています。職場からBに怒って電話していたこともありますよ。Bのことを“バカ息子”だと周囲に話していました」

    母親は「何も言えません。学校に聞いてくださいよ」
     盗撮問題が発覚後、被害女性はショックで部活を休んでいた時期もあったという。

    「AとBは被害者女性に謝罪し、示談して内々に済ませたそうです。その後、2人は退部し、他の部員との接触も禁止された。動画を視聴した部員も謹慎処分となっています」(前出・アメフト関係者)

     Bの自宅は都内の閑静な住宅街に建つ一軒家。窓はシャッターで閉じられたまま。夕方に車で帰宅したBの母親を直撃した。

     降車した母親に「週刊文春です」と告げると、憮然とした表情で「私はわかりませんので」と足早に玄関へと向かった。

    ――Bさんが合宿先で女性風呂を盗撮した件について聞かせてください。

    「すみませんが、私は何も言えません。学校に聞いてくださいよ」

    ――被害に遭った女性に対しては?

    「……」

    ――警察官のお父さまは何と言っていますか?

    「……」

     母親は怒りの表情で、記者とは一度も目を合わせなかった。家の中に入ると、玄関のドアを大きな音を立てて叩きつけるように閉めた。

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17270388/


    【【女子風呂集団盗撮】無期限活動自粛に追い込まれた慶應アメフト部、主犯格部員の父親は警視庁幹部だった!】の続きを読む






    (出典 www.greenmachine.jp)



    こういう発表に仕方は却って大きくなると思うのだが。週刊誌がこの内容を暴くのに必死になりますよ。近日中に詳細が分かるでしょう。

    1 ばーど ★ :2019/10/15(火) 17:21:08.81

    慶応大学のアメリカンフットボール部は、部内で複数の部員による著しく不適切な行為があったとして、無期限で活動自粛を発表しました。慶応大学は、詳細については教育的観点とプライバシー保護の観点から、公表しかねるとしています。

    慶応大学のアメリカンフットボール部は、大学日本一を決める「甲子園ボウル」で初代王座に輝いた伝統のあるチームで、現在は関東学生連盟の1部リーグで上位のトップ8に所属し、秋のリーグ戦ではここまで2勝1敗の成績を残しています。

    2019年10月15日 16時40分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191015/k10012132571000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【【慶応大アメフト部】無期限の活動自粛 発表「部内で複数の部員による著しく不適切な行為があった。詳細は公表しかねる」】の続きを読む






    (出典 afpbb.ismcdn.jp)






    日本代表の連中も言っていたことですが、誰も細かいルールを知らない。私もかつてラガーマンだが、細かいルールは知らない。だからにわかファンとそんなに大差はないのですよ。ラグビーを見る時、ボールは後ろに投げる、タックルされたら背中がついたらボールを手放す、人がもみ合っている(モール、ラックと言う)時に中に入る際は自軍のサイドから入る、ボールを前に落としたらノッコンと言って、相手ボールになる、走りながらゴールポストに向かってキックをして得点になるのは、蹴る前に一度地面に落として跳ね上がった所を蹴っている。これをドロップゴールと言って得点になるのだ。このくらい知っていたら十分に楽しめますよ。

    NO.7874637 2019/10/14 21:43
    おのののか、ラグビーファンは「にわか」を受け入れてくれると感激 にわかを叩く競技ってどれ?
    おのののか、ラグビーファンは「にわか」を受け入れてくれると感激 にわかを叩く競技ってどれ?
    ワールドカップが開催され日本でのラグビー熱が高まっている中、おのののかさんが「にわか」を受け入れるラグビーファンを『すごく素敵』と語っていました。

    9日、タレントのおのののかさんが自身のTwitterを更新し持論を展開。競技に詳しくない人物がテレビなどのゲストに呼ばれた時に『興味ないなら来るな、知ったかするな、喋るな映すな…』などと『叩く人がいるの謎』としていました。

    テレビのゲストと一般のファンを同列には語れませんが、大きなイベントをきっかけに興味を持ったファンや、まだ競技に詳しくない新規のファンを「にわか」として受け入れられない古参ファンが多いのも事実。

    そんな「にわか」をラグビーファンは受け入れてくれると感じたようで、

    『その点ラグビーファンの方々はルール知らない人も一緒に盛り上げましょうと受け入れてくれる空気がすごく素敵〜』と綴っていました。



    【日時】2019年10月14日
    【ソース】TABLO


    【おのののか、ラグビーファンは「にわか」を受け入れてくれると感激 にわかを叩く競技ってどれ?】の続きを読む

    このページのトップヘ