日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ: スポーツ



    (出典 d3ilon0y191ut0.cloudfront.net)


    1 ガーディス ★ :2020/01/16(木) 01:55:25.98

     英紙「テレグラフ」、「タイムズ」、「デイリーメール」など英各紙は15日、男女のマラソン世界記録を誕生させるなど陸上長距離界を席巻しているナイキ社の厚底シューズ「ヴェイパーフライ」について、国際陸連によって禁止となる可能性が高いと一斉に報じた。国際陸連は昨秋から調査チームを立ち上げており、「デイリーメール」によると今月末にも調査結果が発表されるという。

     ナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」シリーズは、「軽さ」と「クッション性」の両立のため、ミッドソールに航空宇宙産業で使う特殊素材に由来するフォーム(ズームX)を採用、「推進力」をつけるため、特殊素材の間に反発力のあるスプーン状のカーボンプレートを挟み込むなどの技術が詰め込まれており、使用した選手は近年の主要国際マラソンの上位を独占してきている。
     昨年10月のロンドンマラソンではコスゲイ(ケニア)が2時間14分4秒の女子マラソン世界記録をマーク。ポーラ・ラドクリフの持っていた世界記録を16年ぶりに更新した。また男子の世界記録保持者のキプチョゲ(ケニア)は昨年、2時間切りを目指す非公式レースでナイキ社の最新シューズをはき、人類で初めて2時間を切る1時間59分40秒(非公認記録)をマークしている。日本でも大迫傑が日本記録をマークしたほか、1月2、3日に行われた箱根駅伝では8割を超える選手が着用し、区間新記録が10区間中7区間で誕生。驚きと戸惑いの声が上がっていた。禁止となれば、陸上長距離界に大きな衝撃が走ることになる。
    https://www.daily.co.jp/general/2020/01/15/0013036453.shtml
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579098667/



    あまりにも好記録が続出するので、禁止の噂は以前から流れていた。一説によれば膝に悪いそうですね。1回の大会で潰れる靴だとか。日本のオリンピック代表はもしかしたらこの靴を履いていたのでは?もし、そうだったら、そして禁止になったらどうするの?

    【【衝撃】ナイキ厚底シューズ 国際陸連が禁止か 複数英紙報じる…記録更新続々、箱根も席巻】の続きを読む

    no title

    NO.8099504
    2020/01/13 15:20
    バドミントン桃田選手が鼻骨折、 運転手死亡 マレーシアで交通事故に遭う

    【プノンペン=森浩】マレーシアで13日午前、バドミントン男子の桃田賢斗選手(NTT東日本)が乗った車が交通事故に巻き込まれ、桃田選手が負傷した。

    地元メディアが報じた。

    桃田選手は鼻を骨折し、唇を縫うけがをしているという。

    事故は現地時間13日午前4時半ごろ、首都クアラルンプールと国際空港を結ぶ高速道路で発生。

    事故の詳細は明らかになっていないが、桃田選手の乗った車が前方の車に追突したもようだ。

    事故で車を運転していたインド人男性が死亡した。

    日本バドミントン協会によると、車には桃田選手のほか、サポートスタッフで同行していた平山優コーチ(日本ユニシス)、トレーナーの森本哲史さんらが乗っていた。

    3人とも命に別条はないが、病院で治療を受けているという。

    桃田選手は男子シングルス世界ランキング1位。

    12日までクアラルンプールで開催されたマレーシア・マスターズで優勝。

    日本に帰国するため、クアラルンプール国際空港へ移動中だった。



    【日時】2020年01月13日 12:45
    【ソース】産経新聞


    【【悲報】バドミントン桃田選手マレーシアで交通事故に遭う 鼻骨折、 運転手死亡】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)


    NO.8066231 2019/12/31 21:39
    日本ハム斎藤佑樹が同い年一般女性と結婚
    日本ハム斎藤佑樹が同い年一般女性と結婚
    日本ハムは31日、斎藤佑樹投手(31)が入籍したことを発表した。

    お相手は一般女性(31)で入籍日は非公表。

    斎藤は球団を通じて、以下のコメントを発表をした。

    謹啓

    今年もおしつまって参りました。報道関係の皆様方におかれましては、お変わりなくお過ごしのこととお慶び申し上げます。同時に、高校生の時から現在に至るまで、常に温かく見守って頂き大変感謝しております。

    さて、大晦日のお忙しい中、突然このような書面でのご報告となりましたことをお許し下さい。私事で大変恐縮ではございますが、この度、入籍しましたことをご報告させて頂きます。

    お相手は、学生時代からの知り合いで一般の方です。ご理解賜り温かく見守って頂けましたら幸いに存じます。

    プロ野球選手生活が10年目を迎える私にとって、いつも応援してくださるファンの方々、北海道日本ハムファイターズの方々には深く感謝しております。

    これを機に選手として、社会人として成長し、皆様に恩返しができるよう、より一層気を引き締め精進して参る所存です。

    2020年も引き続き、ご指導とご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

    謹白

    2019年12月31日 北海道日本..



    【日時】2019年12月31日 15:18
    【ソース】日刊スポーツ


    【【クビにならない不思議な男】日本ハム斎藤佑樹が同い年一般女性と結婚】の続きを読む



    (出典 courrier.jp)


    1 首都圏の虎 ★ :2019/12/14(土) 06:56:24.38

    ピョンチャンオリンピックの金メダリスト、ロシアのザギトワ選手がスケート選手としての活動を一時停止すると発表し、事実上の現役引退と受け止められています。




    アリーナ・ザギトワ選手は13日、国営テレビに出演し、「今月開催されるロシア選手権には出場しない」と述べたうえで、スケート選手としての活動を一時的に停止し、今後ヨーロッパ選手権や世界選手権といった国際大会への出場を見送る考えを示しました。

    ザギトワ選手は活動停止の理由について「私は人生に求めるすべてを手に入れたが、人生とは常に何か満たされないものがあるべきだ。何かを手に入れたいと再び思えるよう、スタート地点に戻りたい」と述べました。

    そのうえで、今後はアイスショーなどに専念する考えを示しました。


    (出典 www3.nhk.or.jp)


    2019年12月14日 6時47分 NHK
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191214/k10012214881000.html



    ファンとしては残念なことだけど仕方ないでしょうね。少女から大人の女性に体型が変わってきて、飛べなくなってきたわけですから。更にロシアには3人の少女が飛び出してきたし、競技生活はここが限界でしょう。

    【【残念!】ロシア・ザギトワ 活動の一時停止を発表 事実上の現役引退か】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    NO.8018013 2019/12/11 18:47
    中国代表のカンフーサッカーに世界がブーイング!「11年前から進歩なし」
    中国代表のカンフーサッカーに世界がブーイング!「11年前から進歩なし」
    12月10日、EAFF E-1サッカー選手権の日本対中国の試合が行われた。

    試合は2-1で日本が勝利を収めたが、試合中に中国の選手が悪質なラフプレーを仕掛け、後味の悪さばかりが目立った。

     問題のプレーは前半31分、ハイボールの競り合いで起きた。

    中国のDFジャン・ジーポンがボールを奪おうと左足を高く上げると、日本の橋岡大樹の頭部を直撃した。

    橋岡は大きなケガを追うことはなく、続けてプレーしたが、あわや大怪我という危険なプレーだった。

    ジャン・ジーポンにはイエローカードが出されている。

     このプレーに対してネットでは「危険すぎるだろ。殺人キックだ」「中国またかよ。国際大会に出てくるなら、それなりのマナーを身に着けてこい」と厳しい意見が上がり、世界のサッカーファンからも「スポーツに対する侮辱」「レッドカードにしか見えない」という旨のブーイングが起こっている。

    中国のメディアも批判的な書き方でラフプレーを報じた。

    「中国のサッカーはかねてからラフプレーが多く、『カンフーサッカー』と揶揄されています。

    特に08年の東アジアサッカー選手権(現在のEAFF E-1サッカー選手権)での中国はひどいものでした」
    ..



    【日時】2019年12月11日 17:05
    【ソース】徳間書店
    【関連掲示板】


    【【酷い!中国はサッカー界追放!】中国代表のカンフーサッカーに世界がブーイング!「11年前から進歩なし」】の続きを読む

    このページのトップヘ