日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:政治 > 韓国関係



    (出典 www.oimoya.com)



    苺も同じ様に見学に来た時に盗んでいったのでしょう。韓国からの見学は中止すべき。

    1 ブギー ★ :2020/11/15(日) 16:36:19.35

    ※もう覇王翔吼拳を使わざるを得ないしかない

    韓国で、日本のサツマイモ「べにはるか」が無断で栽培され、広く流通している実態が明らかになった。既に韓国ではサツマイモ栽培面積の4割を同品種が占める。日本の農産物輸出の有望な品目・品種であるだけに、国内産地からは海外に売り込む際、競合することを心配する声も上がっている。

     韓国への流出は、同国の農業者らが日本の産地を視察した際、「べにはるか」の種芋を無断で持ち帰ったのが原因とみられる。2015年ごろから南部地域の全羅南道海南郡で栽培が始まり、18年には同国のサツマイモ栽培面積(2万753ヘクタール)の4割に達している。

     現地で「べにはるか」は5キロ当たり1000~2000円と、日本産の日本国内での価格より安く出回っている。短期間に栽培が拡大したのは、韓国の公共機関である地方技術センターが組織培養を進め「海南1号」として、安価な苗を提供したことが背景にある。

     同国で種子を管理する機関である国立種子院に、こうした状態を「どう取り締まるか」を電話取材すると、同院は「担当者がいないためメールで回答する」と答えた。しかし、14日までに返事は届いていない。

     「べにはるか」は農研機構が開発し、10年に品種登録された。ねっとり系の代表格の一つとして、焼き芋ブームの火付け役ともされている。同機構によると、九州や関東のサツマイモ産地を中心に普及し、ブランド化が進んでいる。

     今年1~9月の日本産サツマイモの輸出額は、前年同期比2割増の13億3700万円と伸長。今後も伸びが期待される輸出品目の一つだ。このため、輸出に注力する産地からは、種苗の海外流出に懸念の声が上がる。

     関東の産地関係者は、「ねっとり系は海外でも需要が高まっている。将来的には韓国産と競合してしまう可能性がある」と問題視。「国には有効な対策を取ってほしい」と求めている。

     農水省によると、9月に行った調査で「韓国や中国に、べにはるかの苗が流出していることは確認している」(食料産業局)という。ただ、現地での栽培の差し止めや損害賠償請求をするのは難しいのが現状だ。

     海外で育成者権を行使するためには、現地での品種登録が必要。ただ、新品種保護に関する国際条約(UPOV)では、韓国を含めた多くの国で登録の出願要件が「譲渡が始まってから4年以内」とされているため、「べにはるか」は期限を過ぎており、品種登録ができない。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/acbe4f472d9112ba650f9b34caeb9b9bdcfb81b8


    【【盗人韓国】サツマイモ 「べにはるか」 無断流通 韓国で拡大 】の続きを読む

    日韓基本条約を韓国が破れば・・・。日本の報復はこの条約に沿って実施する。韓国は日本の統治化に入る?

    NO.8980916 2020/10/30 09:18
    韓国が日本企業の在韓資産を現金化した場合、「日韓基本条約」の破壊力

    2006年、韓国で映画「韓半島」が公開された。

    韓国民の”民族主義”で興行を狙った映画だったが、結果は300万人動員の失敗で終わった。

    同時期に公開され1,300万人の観客を動員した映画「グエムル-漢江の怪物-」のポン・ジュノ監督は、14年後の今年、映画「パラサイト 半地下の家族」であの「アカデミー賞」を受賞した。

    映画「韓半島」には、日本が韓国・北朝鮮に対して100年前に半島に敷設した鉄道「京義線」の所有権を主張するとの”映画の設定”が登場する。

    日本が半島統治を始める前に朝鮮・大韓帝国と結んだ条約・協定が今でも有効であるならば成立する話だ。

    現在、韓国は旧朝鮮半島出身労働者への慰謝料・賠償金として、日本企業の在韓資産を現金化することを進めている。

    “徴用工”だったのか“募集工”だったのか、あまり議論もされていないままだ。

    これが実現した場合、日本の対応は、対米関係においても、国際法的においても、また周辺地域の国際情勢においても、即国交断絶とは成り難い。

    しかし、日本は1965年に国交を開くべく結んだ「日韓基本条約」の手続きに従って対応していくものと思われる。

    そもそも論だが、「日韓基本条約」とは7条からなるもので、要点は以下の二点である。

    第一に、日韓両国が日韓併合(1910年)以前に朝鮮・大韓帝国との間で結んだ条約・協定等の全てを「もはや無効」であることを確認した事だ。


    【日時】2020年10月29日 12:40
    【提供】WoW!Korea


    【【日韓基本条約の破壊力 】韓国が日本企業の在韓資産を現金化した場合】の続きを読む


    no title


    バ韓国とは付き合わない方が良い。

    NO.8985365 2020/10/31 23:26
    【主張】「徴用工」協議 誠意を見せろに耳を疑う

    解決済みの問題を蒸し返した韓国が、今度は「誠意」を見せろと開き直った。

    いわゆる徴用工訴訟で韓国最高裁が新日鉄住金(現・日本製鉄)に賠償を命じた不当な判決から2年がたった。

    だが、韓国を代表して対外関係に当たるべき文在寅政権は何ら有効な解決策を示さない。

    これは最大級の非難に値する。

    菅義偉政権は、韓国側が日本企業の資産を現金化して奪う不当な措置をとることを防がねばならない。

    国際法と国益の尊重を貫き、文政権に翻意を促すべきだ。

    29日の日韓局長協議で「徴用工」問題が取り上げられた。

    韓国最高裁の判決を受け、日本企業の韓国内の資産現金化手続きが進んでいることに対し、滝崎成樹外務省アジア大洋州局長は「極めて深刻な状況を招くので絶対に避けねばならない」と要求した。

    だが、韓国の金丁漢アジア太平洋局長は「日本政府と被告企業が問題解決に向け、より誠意ある姿勢を見せる必要がある」と述べたという。

    誠意を見せろというのは、さらに金を出せということなのか。

    何度も繰り返すが、日韓両国は昭和40年の国交正常化時の請求権協定で、一切の請求権問題は「完全かつ最終的に解決された」と約束した。

    協定に伴い日本は無償3億ドル、有償2億ドルを韓国側に支払った。

    無償3億ドルは個人の被害補償の解決金を含んでいた。

    個人補償に不満があるなら、解決するのは韓国政府の責任である。

    この協定は両国関係の基盤だ。

    それを破壊する不当判決を放置したままの文政権の態度は、常軌を逸している。

    法よりも「反日」を優先し、「司法の判断」に責任転嫁するのはおかしい。

    局長協議で「意思疎通の継続では一致した」というが、国同士の約束を反故(ほご)にする国と、どうして信頼関係が築け、意思疎通や交渉ができよう。

    「徴用工」問題は、国際法を無視し、歴史を歪曲(わいきょく)した韓国側による完全な言いがかりで日本側は被害者だ。

    おかしな妥協は禁物である。

    反日の成功に味をしめた韓国が不当な対日要求をエスカレートさせるに違いないからだ。

    今年の日中韓首脳会議の議長国である韓国は、菅首相の訪韓を望んでいるというが、訪韓できる環境にないことは明らかだ。



    【日時】2020年10月31日 05:00
    【ソース】産経新聞
    【関連掲示板】


    【【逆だろう】韓国の主張「徴用工」協議 誠意を見せろに耳を疑う】の続きを読む


    no title

    「竹島は日本領」示す図面発見 53、54年米軍作成の2点 - 東京新聞
    「竹島は日本領」示す図面発見 53、54年米軍作成の2点  東京新聞
    (出典:東京新聞)

    竹島は元々日本領。バ韓国は諦めないだろうね。

    NO.8963729 2020/10/23 15:03
    「竹島は日本領」示す図面発見 53、54年米軍作成の2点
    「竹島は日本領」示す図面発見 53、54年米軍作成の2点
    公益財団法人「日本国際問題研究所」(東京)は23日、松江市で記者会見を開き、島根県の竹島(韓国名・独島)を日本領と記した米政府の1953、54年作製の航空図2点を、米国立公文書館で発見したと発表した。

    竹島は日韓双方が領有権を主張し、韓国が実効支配している。

    日本は52年発効のサンフランシスコ平和条約で放棄すべき領土に竹島が含まれなかったとし、領有権を主張。

    韓国は「独島に領有権問題は存在しない」としている。

    研究所は、航空図が「条約の内容を反映していると考えられる」とした。



    【日時】2020年10月23日 11:52
    【ソース】共同通信


    【【竹島は日本領】証拠の図面発見 53、54年米軍作成の2点】の続きを読む

    なぜ日本がやらなければならないのか。

    NO.8959322 2020/10/22 08:37
    「五輪前に対日関係改善を」韓国与党代表

    韓国の前首相で、与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表は21日、ソウル市内で外国メディアと記者会見し、悪化が続く日韓関係について「来年夏の東京五輪までに(いわゆる徴用工問題など)韓日間の懸案が解決し、関係を改善できると確信している」と述べた。

    李氏は昨年10月に訪日し、当時の安倍晋三首相との会談で日韓の対話の重要性を確認。

    李氏はその合意に戻る必要があるとし、「両国政府が守るべき原則を守り、すべてを外交当局の協議に任せ、接点を見いだすようにすれば、よい結果が出ると思う。それが現実的で効果的な方法だ」と語った。

    また、日本に対して「関係改善の条件を付けるべきではない。両国間に障害があれば、会って解決すればいい」と述べた。

    安全保障上の輸出管理で優遇する「ホワイト国」からの相互の除外と、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を韓国側が破棄しようとした問題について、「連動して起きた問題であり、連動して解決するのが望ましい」と述べた。

    李氏は「東京五輪の前に韓日の懸案を妥結し、五輪を機に日朝関係に新たな可能性が開かれることを期待している」とした。

    李氏は2年後の大統領選挙の有力候補。金大中(キム・デジュン)元大統領が在任中の1998年に訪日した際、「50年にも満たない不幸な歴史によって、韓日の1500年の交流を無意味にするのは愚かだ」と述べたことに触れ、「私もそう思っている」と断言した。



    【日時】2020年10月21日
    【ソース】zakzak
    【関連掲示板】


    【【ば韓国がやるべき】「五輪前に対日関係改善を」韓国与党代表】の続きを読む

    このページのトップヘ