日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:政治 > 外交



    (出典 img.recordchina.co.jp)


    1 首都圏の虎 ★ :2020/01/14(火) 08:47:43.79

    観光庁は、高校生を中心とする青少年の諸外国との双方向交流を拡大するため、海外への修学旅行や研修といった「海外教育旅行」を推進する。

     2月上旬にも官民連携の協議会を設置し、普及に向けた課題の整理や具体策の検討などを行う。対象国としては主に中国を念頭に置いている。

     協議会には旅行業界や文部科学省の担当者らが参加。観光庁は協議の内容を踏まえ、旅行業界と連携して8月ごろから学校関係者向けのセミナーを全国各地で開く方向で検討している。旅行業界向けの手引も作成する方針だ。

     全国修学旅行研究協会(全修協、東京都千代田区)によると、高校生の海外修学旅行は近年増加傾向にあるものの、中国や韓国への訪問は以前よりも低い水準にある。2007年度には延べ数で日本から中国に140校約1万6500人、韓国に169校約2万3600人が訪問したが、17年度には中国が29校約3300人、韓国が18校約1400人に縮小した。

     一方、中国からの修学旅行生徒数は近年緩やかな増加傾向にあり、観光庁によると、中国政府が修学旅行の実施を推進したことで18年度は前年度比約2.4倍の延べ約1万7800人が日本を訪れた。ただ、日中間で数に開きが生じているため、中国側は双方向の交流拡大を、首脳会談などの場で繰り返し要請してきているという。

     観光庁は若い世代の交流が将来的に諸外国からの訪日旅行の拡大につながると期待している。全修協のまとめでは、17年度に修学旅行で海外を訪問した生徒は、全国895校約15万6400人。訪問先トップは台湾で、シンガポール、オーストラリアと続く。 

    1/14(火) 7:09配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200114-00000016-jij-pol

    ★1 2020/01/14(火) 07:33:41.72
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578954821/



    高校といっても私立だろうけど、一般家庭には負担が大きすぎるだろう。しかし、若いうちに海外を見ることは良い事だと思う。

    【【観光庁】高校修学旅行を海外に 中国念頭に普及推進】の続きを読む



    (出典 hayabusa.io)


    1 豆次郎 ★ :2020/01/08(水) 19:40:00.91

    AERA dot.
    1/8(水) 17:44配信
    安倍首相の中東訪問中止に批判噴出「自分が逃げるなら自衛隊派遣も見直せ」 米イラン衝突で混迷する日本外交〈dot.〉

     政府は8日、イランがイラク国内の米軍駐留基地をミサイル攻撃したことを受け、今月中旬に予定していた安倍晋三首相の中東歴訪を見送る方針を固めた。安倍首相は11日に出発し、サウジアラビア、UAE(アラブ首長国連邦)、オマーンの3カ国を歴訪するとされていた。日程は7日の自民党役員会で安倍首相自ら発表したが、わずか1日で決定が覆ったことになる。

     中東歴訪の中止は、米国とイランの間で緊張が高まっていることが影響したのは間違いない。一方、安倍政権は昨年12月27日、中東海域に自衛隊を派遣することを閣議決定している。1月中に河野太郎防衛相が派遣命令を出し、1月中にP3C哨戒機、2月から海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」を派遣する予定だ。

     自衛隊の最高指揮官である安倍首相が中東行きを中止したとなると、自衛隊の中東派遣計画も白紙になるかと思いきや、そのつもりはないようだ。菅義偉官房長官は8日の記者会見で「現時点では変更はなく、現地の状況を見極めつつ準備に万全を期していく」との見解を示している。

     これに対して、ネット上で批判が噴出している。ツイッターでは、

    「いざ危険になると、自分だけは真っ先に逃げるとは…」

    「逃げるのだけは相変わらず早いな」

    「自分が逃げるなら自衛隊派遣もまず見直せ」

    「安全圏にいる権力者たちが若者を死地に送る戦争の本質があらわれている」

     など、安倍政権を批判するコメントが相次いでいる。

     イランと友好関係にある日本は、歴代政権は中東問題に対して中立的な立場を維持してきた。だが、イランのザリフ外相は8日にツイッターを更新し、「私たちは事態のエスカレートや戦争を求めてはいないが、いかなる侵略に対しても自分たちを守るつもりだ」と投稿。イラク革命防衛隊も、米軍駐留基地への攻撃後には「アメリカのテロ軍に基地を提供したすべてのアメリカの同盟国に警告する」と表明している。

     ジャーナリストの高野孟氏は言う。

    「そもそも中東海域への自衛隊派遣は、米国が呼びかけた有志連合への参加を日本が断ることはできないので、『調査・研究』という立場で“やっているフリ”をするものでした。最初から問題があるのに、米国とイランの衝突でリスクが高まったのだから中止するのが当然です。自衛隊員には『ケガをせずに帰ってきてね』というつもりなのでしょうが、不真面目極まりない」

    続きはこちらで↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200108-00000096-sasahi-pol

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1578477175/



    スレにも書かれていたが大将が最前線に出向くことはないだろう。安倍首相が行かないのは当然の事。ただ、自衛隊も派遣は延期した方が良いと思いますが。

    【【混迷する日本外交】安倍首相の中東訪問中止に批判噴出「自分が逃げるなら自衛隊派遣も見直せ」】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)


    1 1号 ★ :2019/12/16(月) 19:26:16.57

    ※夜の政治

    「北方領土問題にいよいよ終止符が打たれる」「日ロ平和条約の締結交渉が本格化する」「高まる元島民の期待」――。北方領土交渉のヤマ場と目された2016年12月の山口・長門市での日ロ首脳会談から、15日で丸3年。プーチン大統領の来日直前、メディアは冒頭のように散々あおりまくったが、安倍首相の願望だけを伝えた報道はきれいさっぱり消え果て、領土問題はこの3年、ズンズン後退している。

     この間、安倍政権は北方4島のうち色丹島と歯舞群島だけを譲り受ける「2島引き渡し」の譲歩案にカジを切ったが、何ひとつ進展なし。それどころか、14日には共同通信が〈「2島引き渡し」も困難〉と報道。〈近い将来にロシアから同意を取り付けるのは困難だとの見方が強まった〉とし、「ロシアに態度軟化の兆しが見えない」「今は双方とも燃え尽きた感じがある。小休止が欲しい」などと政府筋や外務省幹部の“嘆き節”を伝えた。

    〈首相官邸や外務省で諦めムードが漂う〉というから、メチャクチャだ。安倍は北方領土について、「私の世代でこの問題に終止符を打つ」と勇ましいことを言ってきたが、何たるブザマ。3年前の長門会談の会場となった地元の温泉宿にプーチンが3時間も遅刻しても、安倍はヘラヘラ笑って出迎えたが、共同経済活動という名の下の経済協力で、総額3000億円規模の大金をふんだくられただけである。

     2島引き渡し案で、北方4島の総面積の93%を占める国後、択捉両島を切り捨ててまで、プーチンにすり寄っても、袖にされる始末。

     今年9月にはロシア主催の「東方経済フォーラム」の全体会合で安倍が演説。プーチンに向かって、こう呼びかけていた。

    「ウラジーミル。君と僕は同じ未来を見ている。行きましょう、プーチン大統領」

    「ゴールまで、ウラジーミル、2人の力で、駆けて、駆け、駆け抜けようではありませんか」

     まるで不気味な恋文のようで、こんなメッセージを受け取る側もたまったものではない。過去27回にも及ぶ日ロ首脳会談の場でも、安倍は常に体をくねくね、瞳を潤ませ、全力でプーチンに恭順の意を示してきたが、領土交渉は絶望的というのだ。

     やっぱり、安倍はプーチンに「金づる」くらいにしか思われていないのではないか。あれから3年の節目に検証が必要である。

    ■動機が不純な外交で足元を見られっ放し

    「3年前に安倍首相が『2島引き渡し』を決断していれば、領土問題は何らかの進展があったと思います」

     そう語るのは元外務省国際情報局長の孫崎享氏だ。こう続ける。

    「安倍首相は当時、歴史的事実を見極めるべきでした。日本が新たに独立を果たした1952年発効のサンフランシスコ講和条約には『千島列島を放棄する』と明記されています。さらに当時の吉田政権は『国後島と択捉島は南千島に含まれる』旨を国会で説明したのです。3年前はプーチン大統領も高支持率を誇り、領土問題を進展させてもロシア国民の反発を抑えられたはず。国後、択捉両島を諦め、平和条約を締結するという姿勢で安倍首相が会談に臨めば、ロシア側からの見返りはあったと思います。ところが、4島返還に固執する自民党内の反発に押し切られ、首相は腹をくくれなかった。グズグズしているうちに、プーチン大統領の支持率が低下し、返還できるムードは消えてしまった。今さら2島引き渡しにカジを切っても遅きに失した感があります」

     安倍政権がいたずらに時間を費やしている間、プーチン政権は「ロシア領」の既成事実化を進めてきた。17年2月にはロシア国防相が北方領土への新師団配置を表明。今年8月にはメドベージェフ首相が択捉島を訪問し、「ここはわれわれの土地」と言いきった。

     それでも安倍政権は譲歩路線一本やり。昨年11月から12月にかけ当時の河野外相は、国会で北方領土は固有の領土かと聞かれても答えず。記者会見でも「次の質問どうぞ」と繰り返し、同じ質問をガン無視した。

    続きはソースで
    公開:19/12/16 17:00
    https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266287

    関連スレ
    【外交】安倍首相、「得意」外交で反転攻勢図る 次期国会まで日程相次ぐ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576146474/
    【外交の安倍】北方領土「2島引き渡し」も困難 安倍政権、日ロ長門会談から3年 ★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576327583/



    本当にいつの間にかですね。全くニュースにもなりませんでしたからね。失敗外交ですか。

    【【総辞職モノの安倍外交】いつの間にか2島返還も絶望】の続きを読む



    (出典 times.abema.tv)


    1 1号 ★ :2019/12/11(水) 01:06:23.20

    ※夜の政治
    ※ソースから一部抜粋

    安倍外交――三つの覇権主義への「ペコペコ外交」でいいのか

     いま一つは、外交の問題です。
     安倍外交はいま、無残な大破綻に陥っています。その特徴を一言でいいますと、あらゆる覇権主義に迎合し、屈服する、覇権主義従属外交であります。

    歯止めなき対米従属外交はもう終わりにしよう

     その最悪のものは、トランプ米大統領への異常な従属外交です。
     トランプ大統領言いなりに米国製武器の爆買いをやる。日米貿易協定を強行し、日本農業を米国に売り渡す。国会にも諮らずに、中東沖への自衛隊派兵を強行しようとしています。そして、米軍への「思いやり予算」を大幅に増やせと言われ、言われっぱなしで反論もしない。こんな歯止めなき対米従属外交はもう終わりにしようではありませんか。(「そうだ」の声、拍手)

    対ロシア外交――あらわになった覇権主義を批判せずにおべっかを使う

     対ロシア外交はどうか。
     日ロ領土交渉で、安倍首相は「2島決着」論を持ち出し、それをも拒否され、大破綻に陥っています。
     いま、ロシアのプーチン政権は覇権主義をあらわにしています。クリミア半島を併合し、千島列島の問題では「第2次世界大戦の成果だ」と、覇権主義を居直っている。
     覇権主義をあらわにしたプーチン大統領に対して、それを批判せずして、「ウラジミール」と、いくらおべっかを言ったところで、問題が解決するわけがありません。対ロ外交でも無残な失敗をさらしていることは、もはや明らかであります。

    対中国外交――習主席の「国賓」招待を最優先させ、言うべきことを言わない

     対中国外交はどうか。
     一言で言いまして、いま安倍政権の姿勢は、習近平主席の来春の「国賓」での招待を最優先にして、相手のご機嫌を損ねるようなことは言わない。言うべきことを言わない。これにつきると思います。
     尖閣諸島周辺で中国公船による領海侵犯などが繰り返されておりますが、抗議一つしません。香港では重大な人権侵害が行われています。わが党は弾圧の即時中止を求める声明を発表し、中国政府に伝えました。しかし、日本政府は、抗議一つしようとしません。こんな情けない外交でいいのか(「そうだ」の声)。これが対中国との関係でも問われているのではないでしょうか。

    日本外交を、覇権主義従属外交から、自主独立外交へと転換させよう

     まとめて言いますと、トランプ大統領、プーチン大統領、習近平主席――三つの覇権主義への「ペコペコ外交」でいいのか(「そうだ」の声)。これが問われていると思います。
     来年1月の党大会に提案している綱領一部改定案は、「どんな国であれ覇権主義的な干渉、戦争、抑圧、支配を許さない」ことを、国際活動の大きな柱にすえました。
     この立場にたって、日本外交を、覇権主義従属外交から自主独立外交へと転換させるためにがんばろうではありませんか。(「よし」の声、拍手)

    全文はソースで
    2019年12月10日(火)
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-12-10/2019121004_01_0.html

    一方安倍首相は習近平国家主席を国賓で招待する模様
    【国賓待遇】安倍首相「中国の習近平国家主席を国賓として招待する!」 改めて表明
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575988040/

    ・関連記事
    香港、ウイグル、尖閣問題で申し入れ
    中国大使館に田川書記局員
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-11-19/2019111902_03_1.html

    ★1が立った時間 2019/12/10(火) 22:31:04.41
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1575988514/



    共産党は真実を言ってますね。確かに安倍首相はアメリカ・ロシア・中国に対して相手の言いなりになっていますね。安倍政権も末期状態ですから、早く首相を交代しなければ、この可笑しな流れを止めることはできません。

    【【売国安倍政権】共産党・志位委員長「尖閣諸島周辺で中国公船による領海侵犯が繰り返されているのに安倍首相は抗議の一つもしない」】の続きを読む






    (出典 www.asahicom.jp)



    南北揃って嘘つき民族なんですね。朝鮮人は。無視がベスト。この衝突までの映像があれば流してよ。

    1 ばーど ★ :2019/10/13(日) 18:09:08.63

    ソウル 12日 ロイター] - 北朝鮮外務省は12日、能登半島沖で7日、日本の水産庁の漁船取締船と衝突して沈没した北朝鮮漁船について、日本は賠償すべきだと強く要求した。朝鮮中央通信社(KCNA)が報じた。

    KCNAによると、北朝鮮外務省の報道官は声明で、故意に衝突した犯罪的な行為だと指摘、将来このような事案が発生しないよう日本は対応すべきだとした。

    報道官は「日本政府に沈没船の損害補償を強く求める。このような事態が再び起これば日本は望ましくない結果に直面することになる」と指摘。

    漁船が急旋回したため衝突したとの日本の主張に対しては、通常の航行状態だったと反論、「日本は意図的な行為を正当化しようとしている」と非難した。

    日本の外務省関係者のコメントは得られていない。

    *情報を追加しました。

    10/12(土) 20:16
    ロイター
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000036-reut-kr

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    関連スレ
    【菅官房長官】北朝鮮の漁船と水産庁「おおくに」衝突映像 公表の方向で検討
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1570756662/


    【【EEZ】漁船衝突で北朝鮮が日本に賠償要求 水産庁「おおくに」が故意に衝突と主張】の続きを読む

    このページのトップヘ