日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。

    カテゴリ:海外 > 韓国関係



    (出典 cdn1.img.jp.sputniknews.com)



    NO.8121938 2020/01/21 17:33
    「トランプ、韓国がTHAAD費用100億ドル出さなければ米軍撤収と言及」
    「トランプ、韓国がTHAAD費用100億ドル出さなければ米軍撤収と言及」
    トランプ米大統領がミサイル防衛(MD)システム費用100億ドルを韓国が負担すべきと主張し、在韓米軍撤収にまで言及した事実が公開された。

    ワシントンポストは17日、自社の記者2人が書いた本『非常に安定した天才』に収録された2017年米国防総省ブリーフィングのエピソードを紹介した。

    新刊の題名『非常に安定した天才』とは、トランプ大統領が自身に使う表現だ。

    2018年初めにトランプ政権を取り上げた本『炎と怒り トランプ政権の内幕』によると、トランプ大統領は自身の精神健康に対する疑問が提起されると「私は安定した天才」と主張した。

    報道によると、トランプ大統領は2017年7月20日に米国防総省で行われた内部ブリーフィングで、「韓国がMD費用100億ドルを出すべき」と話した。

    「われわれの兵士がそこにいる代価を払わせなければならず、われわれは全てを使って金を稼がなければならない」としながらだ。



    【日時】2020年01月19日 10:53
    【ソース】中央日報
    【関連掲示板】


    【トランプ、韓国がミサイル防衛システム費用100億ドル払わないなら米軍撤収と言及】の続きを読む



    (出典 reiwa-hangeki.com)


    1 ばーど ★ :2020/01/21(火) 16:50:05.49

    ※統一21

    韓国が素材や部品、製造装置の「日本頼み」からの脱却で成果を出し始めている。日本政府が昨年7月に強化した半導体材料の輸出規制を受けたものだ。歴代政権の国産化の取り組みは実を結ばず、日本側も冷ややかにみていたが、官民挙げて猛スピードで対策を実現しつつある。(ソウル=神谷毅)

     「超高純度フッ化水素の生産能力を確保」。韓国メディアに年明け早々、こんなニュースが躍った。超高純度のフッ化水素は日本が輸出規制を強化した3品目の一つ。最先端の半導体製造に不可欠で、日本企業が生産を独占してきた。それを、ソウルブレーンという韓国化学メーカーが国内需要の大部分を供給する態勢を整えたと発表したのだ。

     同社を訪れた成允模・産業通商資源相は、3品目のうちで国産化の第1号だとし、「日本の規制強化を機に(韓国は)ピンチをチャンスに変えた」と語った。

     半導体は韓国の輸出の約2割を占める重要産業だ。それだけに、韓国側の危機感は強かった。純度は99・9999999999%が求められ、9が12並ぶため「12の9」といわれる。安定供給できるのは日本企業だけとされていた。

     韓国政府は、日本政府による輸…残り:1200文字/全文:1675文字

    2020年1月21日 6時00分 朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASN1N6WC9N1BUHBI01V.html

    (出典 www.asahicom.jp)



    本当の話なら日本も困ったことになりますね。しかし、どこにも日本産と品質は同じとは書かれていませんね。この材料で生産した商品がクレームで山積みされるのが目に見えるようですが・・。

    【【本当の話?】韓国・素材・部品の「脱日本」加速 「寝た子起こした」】の続きを読む



    1 ちーたろlove&peace ★ :2020/01/19(日) 16:48:55.66

    2020/1/19

    韓国という国に未来がない理由

    史上初の0点台出生率
    国内市場規模6950億ドル
    人口高齢化率は日本よりも速く進行中
    輸出依存度が歴代級に高いレベル
    家計負債が新興国の中で増加率1位
    政府が不動産階級社会開始
    理念葛藤、社会葛藤。世代葛藤、男女葛藤が激しく最近になって男女葛藤最高潮。
    未来の食糧対策がない。
    さらに誇っている製造業ももうすぐ中国に追い越される予定
    今後は健保財政赤字
    異常な国民年金枯渇率
    OECD自殺率1位



    ナノ素材技術も基礎素材の隣国の日本に押されて、遠い未来の中国にも押されるだろう。
    だからといって、韓国は日本のように、金融業界が発端した国でもない。



    ただ韓国という国が、歴史の中で今が最盛期という時点で未来が厳しい。



    少子高齢化で最も問題なのが消費量の減少であり、消費はその国を支える経済力です。
    消費が減少するということは、経済が凍結するということだから不動産需要も減少するだろう。



    社会の世代間葛藤もよりひどくなるよ
    そうでなくとも世代間葛藤が激しい韓国は、高齢化起因による年金負担額が日々増加していくだろう。



    少子化によって税金を納める人数が減ると、若い世代の負担がよりひどくなる。
    少子高齢化の問題は税金を納める人口が減ると、税収も持続的に減少するということ。



    あなたが今備えていたとしても、それはこの様々な問題に対する答えではないし、本気で心配です。

    ◆韓国人の反応↓

    とある韓国人

    ムン・ジェインのせいで、韓国は崩れるでしょう。

    とある韓国人

    出生率がね・・・。
    これは移民受け入れで解決されるとは思っているけど、本当に心配だ・・・。

    とある韓国人

    未来は日本よりも明るいと思うよ。

    とある韓国人

    他のもののすべてに共感するけど、素材産業は昨年から県政府が育成支援金を大幅に増やしているし、もうすぐ素材の国産化で日本への依存度も大幅にさがる。
    製造業もサムスンとLG 、ヒュンダイがある限り、絶対に中国に追い越されることはありません。

    とある韓国人

    何よりも最も重要なことは、操作機関と裁判機関の積弊を調査することによって、腐敗を最小限に抑えることだよ。

    とある韓国人

    なぜこんなに否定的な人が多いのだろうか。
    そもそも内需で暮らす国でもないというのに。

    とある韓国人

    間違っていることを間違っていると認めなければ、その時から悪循環になる。
    一言で言えば、お金は稼ぎたいし成功もしたいが自尊心が全くないというのが政府のスタイル。

    とある韓国人

    民主党が今回の総選挙時に4次産業の育成のための公約を多く出して実現する予定があるし、未来があまり暗いということもありません。
     ﹂とある韓国人
    それを増やしたところですぐに何とかなると思ってる?

    とある韓国人

    ムン・ジェインを批難している人たちは、まずは自分の現実を心配しなさい。

    とある韓国人

    文災害は自分の任期以降に関心がないんでしょ。

    とある韓国人

    くだらない。
    内需がなぜムン・ジェインのせい?
    むしろ輸出が減れば内需の割合は増えるだろ。


    とある韓国人

    中国とは産業構造があまりにも重なっているようですね・・・。https://toku-log.com/2020/01/19/post-6019/

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 【韓国の反応】韓国ネット「マジで韓国という国に未来がない理由がこれ…」→「ムン・ジェインのせいで、韓国は崩れるでしょう....」)

    韓国も分かっている人も居るのだな。文大統領の無策のせいで韓国経済がとんでもない事になっています。

    【韓国ネット「マジで韓国という国に未来がない ムン・ジェインのせいで、韓国は崩れるでしょう....」】の続きを読む



    (出典 img-cdn.jg.jugem.jp)


    NO.8109318 2020/01/17 07:17
    留学中に「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」
    留学中に「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」
    日韓の歴史を見直し、熱烈な日本愛を語る韓国人ユーチューバーの動画が話題となっている。

    WWUK(ウォーク)氏は、オーストラリア留学中に、祖国の異常な「反日教育」から目覚め、現在は日本で暮らしている。

    文在寅(ムン・ジェイン)政権の狂気や、歴史の真実に迫った投稿に対し、同胞から「お前を殺すためにナイフを買った」「夜道に気をつけろ」などと殺害予告も受けている。

    「両国の未来のために、脅しには屈しない」というWWUK氏を直撃した。

    WWUK氏は中学生時代、留学先のオーストラリアで日本人と知り合い、自分が学んだ日韓の歴史に疑問を持った。

    「インターネットなどで調べるうち、『日韓併合』や『竹島問題』などについて、韓国の教育とはまったく違う“歴史的事実”が次々に出てきた。最初は半信半疑だったが、世界の資料にも当たって、『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」

     その後、日本の文化や価値観に魅力を感じ、両親を説得して日本の高校を卒業し、日本の専門学校で学び、ゲーム楽曲などの制作会社で働いた。

     「日本で十数年暮らしたが、『理想の国』そのものだった。日本人は細かなところまで配慮が深く、..



    【日時】2020年01月16日
    【ソース】zakzak
    【関連掲示板】


    【韓国人が留学中に「『韓国の歴史教育はウソだった』と確信した」】の続きを読む



    (出典 img.hani.co.kr)


    NO.8080968 2020/01/07 10:04
    米中の圧力で…韓国・文大統窒息寸前!?
    米中の圧力で…韓国・文大統窒息寸前!?
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領にとって、厳しい2020年になりそうだ。

    米国から在韓米軍駐留費用の5倍増を求められ、その代案として中距離ミサイルの半島配備を求められた。

    その一方で、中国の習近平国家主席からは首脳会談の席上、翻意を迫られたという。

    “風見鶏外交”で急場をしのぎ、ついに袋小路に追い詰められた文大統領。

    ジャーナリストの須田慎一郎氏が、極秘情報とともに半島情勢を分析する。


     「今、青瓦台(大統領府)では、米国、中国両大国から強烈なプレッシャーを受けて、まさに窒息寸前の状況まで追い詰められている。しかし、そうした状況を招いてしまったのも、ほかならぬ韓国、というよりも文在寅大統領自身なのだ…」

     韓国軍の佐官級幹部が冷ややかな口調でこう言う。

     これまで韓国は、こと安全保障政策に関しては、米国、中国の両大国に対しての、そのどちらかの機嫌を損ねないという点を最優先にしてきたといっていいだろう。

     見方を変えれば、米中両大国を、天秤にかけることで、米中対立が激化する中でうまく立ち回ろうとしていたのである。

     しかし、そうした韓国の戦略も、ここに来て完全に破綻して..



    【日時】2020年01月06日
    【ソース】zakzak
    【関連掲示板】


    【韓国の風見鶏外交も限界 文大統窒息寸前!?】の続きを読む

    このページのトップヘ