(出典 dime.jp)


NO.8110888 2020/01/17 17:05
40代になってやめたこと。人間関係も外食も削ってラクに
40代になってやめたこと。人間関係も外食も削ってラクに
まだまだ若いとはいえ、気持ちや体力、関心ごとなどが若い頃とは変わってくる40代。

ミニマリストの本多めぐさんは40代になって、人づき合いや食事、生活習慣などをそぎ落とし、生活を心地よく整えたそうです。

具体的な4つの「やめたこと」を伺いました。

■今の時間は投資?消費?はたまた浪費?限りある時間と体力を自分のために使おう
40代になって負担になっているつき合いやムダな習慣をやめたところ、毎日心穏やかに健やかに暮らせるようになりました。

私がやめたことを4つご紹介します。

■体に負担がかかる外食、夜の外出をやめました
20代はスイーツバイキングや食べ放題に行って大量に食べ、ファーストフードやジャンクフードも気軽に食べていました。

当時はなにも考えなくても、寝て起きれば元気でいられたのです。

しかし、40代はあっさりしたものが食べたいですし、少ない量で満足します。

今は、外食の店選ぶときに、食べ放題や量の多いお店、ファーストフードを避けています。

また、夜の外出を減らしました。

若い頃は夜中まで友人とお酒を飲み過ごした時間もありましたが、40代は健康第一。

昼間にランチやお茶を飲み..



【日時】2020年01月16日
【ソース】ESSEonline
【関連掲示板】


【40代になってやめたこと。人間関係も外食も削ってラクに】の続きを読む