日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。



    (出典 img.sirabee.com)



    良いですね。ついでに国会議員の定数を削減できませんか?

    1 potato ★ :2020/09/25(金) 22:09:00.46

    はんこの次は書面・ファクスやめたい=河野行革相

    [東京 25日 ロイター] - 河野太郎行革担当相は25日の定例会見で、省庁の業務デジタル化の一環として打ち出したはんこ廃止が実現すれば、書類をプリントアウトして郵送したりファクスする必要もなくなるとして、「次は書面とファクスをやめたい」と述べた。

    全省庁で現在はんこが必要な書類は、1)年間100万件以上の申請手続きのあるもので68種類、2)年間1万件以上の申請手続きのあるもので438種類──あり、河野担当相は、これらの書類で押印を不要にしたいと述べた。

    <縦割り110番は内閣府窓口と一本化>

    行革相就任と同時に河野氏が個人的に開始した、省庁の縦割りに関する国民の意見を吸いあげる目安箱「縦割り110番」については、これまで5000件程度と「予想を上回る意見が寄せられ、(河野氏自身が全てに目を通すのが)物理的に続けるのが厳しい状況」となったという。このため、内閣府の既存の窓口「規制改革ホットライン」と改組し、「規制改革・行政改革ホットライン(縦割り110番)」に一本化する。25日付でスタートする。

    https://jp.reuters.com/article/kono-gyokaku-idJPKCN26G0AT
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601023762/


    【【ハンコの次はFax】河野行革担当大臣 はんこの次は書面・ファクスをやめたい 】の続きを読む



    (出典 www3.nhk.or.jp)



    ぜひ実施して欲しい。要らない人は辞退すれば良い。

    1 どこさ ★ :2020/09/25(金) 23:55:45.34

    菅首相、10万円再給付「必要なら対応」そもそも“1回目“の効果はあったのか?
    口コミラボ編集部 2020年09月25日
    https://lab.kutikomi.com/news/2020/09/25/100000yen/

    菅内閣の新型コロナウイルス対策として、
    安倍内閣の政策であった「特別定額給付金」の給付を、
    再度実施することが検討されているようです。

    本記事では、1人につき10万円を給付する特別定額給付金について、
    1回目の給付の際にどんな効果があったのか、改めて振り返ります。

    ■菅首相、10万円の追加給付「必要なら対応」

    菅首相(当時官房長官)は、首相に就任する直前の13日、
    中小企業や国民への追加給付について
    「必要であればしっかり対応したい」と述べました。

    検討している給付金の詳細な説明はなかったものの、
    1人につき10万円を給付する「特別定額給付金」の再給付の可能性も
    示唆したものとみられています。

    ■1回目の給付、経済的な効果は:家電需要、景気回復に寄与か

    安倍内閣で実施された1回目の特別定額給付金給付では、
    どういった効果があったのでしょうか。

    ・家電需要の追い風に:猛暑・在宅長期化で

    高市総務大臣(9月4日時点)は記者会見で、
    「エアコンなどの家電の購入者が増えるなど、
    コロナ禍の中でも景気の下支えにも一定の効果が表れ、
    それぞれの世帯の家計への支援にもつながったと考えている」
    と述べました。

    猛暑の影響も重なり、
    家電量販店における家庭用エアコンの出荷台数は6月から8月にかけ好調となっています。
    日本電機工業会によれば、
    8月では消費税増税前の駆け込み需要に後押し
    された2019年に次ぐ、過去2番目の数を記録しました。

    そのほか、テレワークが普及したことにより、
    PCや周辺機器の売れ行きも順調となっています。

    特別定額給付金の給付による家電需要の下支えは、
    家電量販店の売上高に好影響をもたらしたようです。

    関連記事:ヤマダ電機 コロナ禍の売上"好調"でも「LABI新宿」閉店へ…その意外な理由とは
    https://lab.kutikomi.com/news/2020/09/18/yamadalabiclose/

    ・景気回復にも一定の効果か:「景気ウォッチャー調査」数値上昇

    内閣府が毎月発表している景気ウォッチャー調査によれば、
    8月の現状判断DI(季節調整値)は前月から2.8ポイント上昇し、43.9となりました。

    ※DIは、50を横ばいとして、これを上回ると「景気が良い」、
    下回ると「景気が悪い」と感じる人が多いことを示す数値です。


    (出典 static-media.kutikomi.com)

    ▲[景気の現状判断DI(季節調整値)]:内閣府 景気ウォッチャー調査8月版

    グラフを見ると、一度大きく落ち込んだ後、
    その落ち込みを取り戻すように一気に回復しているのがわかります。

    景気 現状判断DI(季節調整値) グラフ

    ▲[景気の現状判断DI(季節調整値)のグラフ]:内閣府 景気ウォッチャー調査8月版

    5月から8月にかけて数値が回復したのは、緊急事態宣言が解除され、
    飲食店・小売店などの営業が再開されたことに加え、
    特別定額給付金の給付による消費増も影響したものとみられます。

    ・使い道は:生活費が半数、2回目は"娯楽"消費の喚起が鍵に

    ブランド総合研究所とアイブリッジが約19,000人を対象に実施した調査によれば、
    特別定額給付金の10万円の使い道は、
    「食費などの生活費」がトップで49.4%を占めました。
    その次に多かったのは「貯金、預金」で、24.7%でした。

    また「マスクや消毒などの感染予防のための費用」が24.2%、
    「家賃や公共料金の支払い」が16.3%と、
    日常生活に必要な出費にあてられる傾向が強かったようです。

    一方で、60代以上の回答者では
    「感染拡大が収まった後の旅行費用(国内外)」が18.5%と平均よりも6.9%高く、
    「感染拡大が収まった後の外食やショッピング」も20.1%と平均よりも5.7%高くなっており、
    嗜好品の購入やレジャーといった娯楽の消費に積極的な層もみられることがわかりました。

    2回目の特別定額給付金が給付される場合、
    Go To キャンペーンなどの需要喚起策と合わせて娯楽などの消費を喚起できるかが、
    さらなる経済回復の鍵となりそうです。
    (以下略)


    【【10万円再給付】菅首相「必要なら対応」】の続きを読む


    no title
    枝野と小沢が歩み寄った…!野党結集「今度は本気」の舞台ウラ(FRIDAY) - Yahoo!ニュース

    枝野と小沢が歩み寄った…!野党結集「今度は本気」の舞台ウラ(FRIDAY)  Yahoo!ニュース
    (出典:Yahoo!ニュース)


    小沢が静かにしておくなら、上手くいく。

    NO.8880143 2020/09/25 12:59
    枝野と小沢が歩み寄った…!野党結集「今度は本気」の舞台ウラ
    枝野と小沢が歩み寄った…!野党結集「今度は本気」の舞台ウラ
    「一言でいえば現実的、政治のリアリズム。150人の力を足し算ではなく掛け算にしないとならない」

    9月15日、立憲民主党と国民民主党の合流によって誕生した新政党「立憲民主党」の結党大会が開かれ、新代表に就任した枝野幸男氏は記者との質疑応答で、こう意気込みを語った。

    選挙のたびに野党がバラバラに候補者を擁立し、自民党が勝利する「1強多弱」の政治構造が繰り返されていたことは周知のとおり。

    今回の結集で衆参合わせて150人の国会議員を要することとなり、09年に政権交代した民主党時代に匹敵する規模を形成することはできた。

    しかし、メディアや有権者の反応は芳しくない。政権の選択肢となり得る大きな固まりが生まれたにもかかわらず、自民党の総裁選や、菅新総理誕生ばかりが報じられることからもそれは明らかだ。

    「党名も同じで、代表も幹事長もかわらないままで、新党と認識されるのか」

    こう嘆息する所属議員の懸念はもっともで、共同通信の世論調査では、合流前の8月には10.7%の支持率があったが、9月には7.0%に減少。

    同じく読売新聞の世論調査(9月20日)では、自民党の支持率47%に対して、立憲民主党はわずか4%。大きく溝を開けられてしまっている。

    「お山の大将」
    「安倍政権の最大のアシスト役」

    永田町で枝野氏を揶揄する二つ名はそのようなニュアンスが中心だ。

    しかし本当に新生立憲民主党は、これまでとおなじ「脆弱な野党」なのか。

    「枝野代表の変化は鬼気迫るものがある。今度こそは違う、という気配を感じている」と語るのは立憲民主党の衆議院議員。

    身内擁護と捉えられるかもしれないが、その意見は一聴に値する。

    「代表は、リアリストの面が強まった。3年前の結党当時は理想に走りがちだったが、いまは会見などでも『私は保守の政治家』『思想家ではなく政治家だ』と語り、左派色を薄めている。18年9月の党大会で、『私がポスト安倍だ』と言い放ったような独善的なものの言い方が影を潜めた。また一部の幹部のみで党運営がなされていたが、合流新党結党を契機に見直されつつある。現実を見据えて、対応を柔軟に変化させている、ということだ」



    【日時】2020年09月25日 08:02
    【ソース】FRIDAY


    【【野党結集】枝野と小沢が歩み寄った】の続きを読む

    このページのトップヘ