日本の今が見える旬なキーワード

毎日、検索人気キーワードの記事を紹介していきます。
これらの記事を読んでいますと、現在の日本や世界の事が
良く分かります。



    (出典 eiga.k-img.com)



    芸能界はどうなった?祟られている?

    1 potato ★ :2020/09/27(日) 08:53:05.71

     女優の竹内結子さんが死去したことが27日、分かった。40歳。都内の自宅で遺体で見つかった。自殺の可能性もあることから、警視庁が慎重に調べている。

     竹内さんは2005年に歌舞伎俳優の中村獅童(48)と結婚。同年に長男を出産するも08年に離婚した。その後、昨年2月に俳優の中林大樹(35)と再婚。今年1月下旬に都内の病院で第2子男児を出産した。

     竹内さんは、1980年(昭和55年)4月1日、埼玉県生まれ。中学卒業後に東京・原宿でスカウトされ芸能界へ。96年、フジテレビ系「『新・木曜の怪談Cyborg』での女子高生役でドラマデビューした。99年にはNHK連続テレビ小説「あすか」でヒロインに抜てきされ、01年のTBS系「白い影」の看護師役でも人気を博した。

     02年にフジテレビ系「ランチの女王」では「月9」に初主演。03年に映画「黄泉がえり」に、05年には映画「いま、会いにゆきます」に出演。ともに日本アカデミー賞で優秀主演女優賞を受賞した。10年にはスペシャルドラマ「ストロベリーナイト」初の刑事役に挑戦。CMなどでも人気で、食品や医薬品、化粧品の分野で数多く出演した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200927-00000122-spnannex-ent


    (出典 i.imgur.com)


    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1601163590/


    【【自殺】女優・竹内結子さん、死亡 自殺とみられる】の続きを読む




    (出典 souffle.life)



    去年起こった事件。知らなかった。母親が知的障害らしいが、酷い家庭だ。

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/26(土) 23:14:07.95

    大阪市で昨年4月、3歳の弟を踏みつけて死なせたとして、軽度の知的障害がある24歳の女が逮捕・起訴された。法廷で、弟に対する贖罪(しょくざい)の言葉を述べた女。一方で、同居していた両親には、強い怒りをあらわにした。「自宅より拘置所のほうがいい。両親には一生会いたくない」。かわいがっていた弟に手にかけた理由は何か。裁判では、事件の背景にある複雑な家庭環境が明かされた。

    ■「大好きだった。ごめん」

     「3歳の息子がぐったりしている、早く来て」

     昨年4月、大阪市平野区の住宅から母親の119番があった。救急隊に搬送された息子は、約1時間後に腹部の血管断裂により失血死。3日後、大阪府警に殺人容疑で逮捕されたのは、24歳の実姉だった。

     一家は、40代の両親と6人の子供の計8人で暮らす大家族。逮捕された女は長女にあたり、下に年齢の近い20代の弟と2~5歳の幼いきょうだいがいた。

     精神鑑定を経て大阪地検は傷害致死罪で女を起訴。今年9月からは、大阪地裁で裁判員裁判が始まった。

     法廷に立った女は事件当日、自宅風呂場の脱衣場であおむけになった弟の腹を踏んだことを認めた。その上でこう述べ、言葉を詰まらせた。「まさか死ぬとは思わなかった。大好きだったのにごめん、ごめんなさい」

     ■浮上した「もう一つの問題」

     ただ、家庭環境に話が及ぶと女は表情を一変させた。「母親は子供の世話を何もしないのに、(弟や妹を)『怒れ』とか『しばけ』とか言ってきた」「父親にはバットやヘルメットで殴られた」「働こうとしたけど『お前には無理や』と証明写真を撮るお金もくれなかった。障害年金もほとんど取られた」。せきを切ったように不満を吐き出した。

     弁護側は、女が数年前から両親に幼いきょうだいの世話や家事を押し付けられ、ストレスや怒りを募らせていたと主張。その結果、衝動的に弟の腹を踏むという行動に出てしまったのだと訴えた。

     実は女の逮捕後、この家ではもう一つの問題が発覚していた。

     女の事件で自宅の捜索に入った府警の捜査員が、内側からドアを開けられない部屋に、女と年が近く、知的障害のある20代の弟がいるのを発見。府警は昨年6月、弟を自宅の一室に閉じ込めたとする監禁容疑で両親を逮捕した。両親は当時、「(弟が)悪さをするので閉じ込めていた」と容疑を認める供述。地検はその後、両親を不起訴処分(起訴猶予)としている。

     発覚当時、弟は食事は与えられていたものの、室内には照明器具がなく、バケツで用を足していたとみられる。女は法廷でこう語った。「バケツは私がかえていた。(弟が)悪さをしたら、両親から『お前がちゃんと見ていないから』と怒られた」

     ■出口失い、行き詰まり…

     公判には、女の精神鑑定を実施した医師が証人として出廷。女については9~10歳くらいの発達年齢とした上で、行動を制御する能力や情緒的・社会的な面が未成熟だと説明し、「過酷で劣悪な家庭環境が影響した」とも述べた。

     また、知能や発達状態の成熟には、周囲にモデルとなる人・ものの存在が不可欠だが、女の場合は両親に命じられるまま幼いきょうだいの世話や家事に追われ、社会性や情緒面を学ぶ機会がなかった、と分析した。

     鬱積する両親への思い。家から出たいが、何をすればいいのか分からない現状。医師は出口を失い、行き詰まった女が八つ当たりのように事件を起こしたのだと指摘した。

     女は勾留された大阪拘置所について「他の人と話せて、誰にも縛られず自分のご飯も3食食べられる。ここの生活は100点」と声を弾ませた。生活を受け入れてくれるグループホームや、障害年金の管理を任せられる成年後見人も見つかった。裁判が終わった後も「両親には一生会いたくない」と言い放った。

     9月18日の判決公判。長瀬敬昭裁判長は、落ち度のない3歳の命が奪われた結果は重大と指弾する一方、父親の暴力や母親からの育児・家事の押し付けなど、被告を取り巻く状況は「劣悪」と述べた。障害の影響に加え、「家庭環境が過度の負担になっていた」とも認定。両親から離れ、福祉の支援が受けられる環境が整ったことも踏まえ、懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を選択した。

     「これまで通り、亡くなった弟に手を合わせることを忘れないでください」。裁判長の呼びかけに対し、女は小さな声で「はい」と答えた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d6739bb540c589957cecb819a4bf300a1a38ed39


    【【劣悪な家庭環境】3歳弟を踏みつけ死なせた知的障害の姉(24歳)猶予判決】の続きを読む

    韓国人のやることは分からん。

    NO.8877185 2020/09/24 13:48
    韓国の若者に広がる「韓国製品不買運動」日本でも公に展開を

    日本との対立がますます深まっている韓国では、まだ4人に3人が「日本製品の不買運動」を続けているという調査がまとまった。

    ただ、「反日」意識が高いのは50代以上の中高年だ。

    若者たちの間では、むしろ韓国企業独特のパワハラに目を向けて、そちらの不買運動をしようと呼びかけ始めた。

    いったいどういうことか。

    韓国でやみくもに不買運動に走って「反日」意識をむき出しにするのは年齢の高い50代で、若い人ほど「反日」意識は低い。

    そんな若い人たちの不買運動に対する意識を取り上げたのが、中央日報「光復節を契機に『NOジャパン』再拡散...『不買が答えなのか』SNS上で甲論乙駁」という記事だ。

    「ノージャパン運動が拡散すると、『不買運動が答えではない』という懸念も出ている。ツイッターやインスタグラムのあちこちに『ノージャパンより韓国企業の悪質な甲質(カプチル)に対して熱心に不買運動するつもりだ。そのほうが価値はあると思う』というコメントが掲載されている」「甲質」(カプチル)とは、「甲」(目上の者)が「乙」(目下の者)に対して横暴なことをするという意味だ。

    異常なまでに上下関係を重視する韓国社会独特のパワハラだ。

    財閥など企業のオーナー一族は「甲」として絶対的な権限を持つ。

    一方、中間管理者はオーナー家の前では「乙」だが、自分より肩書きが低い社員の前では「甲」となって権限を振りかざす。

    大韓航空の一族の長女が機内で気に入らない客室乗務員にナッツを投げつけ、強引に飛行機を引き返させた「ナッツ姫リターン事件」や、次女が会議の席上、質問に答えられない社員に水の入ったコップを投げつけた「水かけ姫事件」などが典型的なケースだ。

    「カプチル=パワハラ」は2010年代に入って社会問題になってきた。

    中央日報は、こういう若者のインスタグラムの言葉で結んでいる。

    「(やみくもに日本製品の不買運動をするより)日本製品を使わざるを得ない理由を考えなければならないと思う」



    【日時】2020年09月18日 07:00
    【ソース】Excite ニュース


    【【バ韓国異常】韓国の若者「韓国製品不買運動」】の続きを読む

    このページのトップヘ